家事専業。犬と猫が好きです。(・∀・)ノ ツイッターアカウントは、画面の下の方です。
  • 10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »12
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


10月1日のツイートから、抜粋。報道写真家の福島菊次郎さんについて。(「誅裕仁」)
2013年10月01日 (火) | 編集 |
今日の私のツイッターより、抜粋します。
「ツイッターですみません」と書きながら、
友人にもらった本の感想を伝えたいと思い、
ブログに転載しました。


この本です。
「写らなかった戦後2 菊次郎の海」
http://www.amazon.co.jp/%E5%86%99%E3%82%89%E3%81%AA%E3%81%8B%E3%81%A3%E3%81%9F%E6%88%A6%E5%BE%8C%E3%80%882%E3%80%89%E8%8F%8A%E6%AC%A1%E9%83%8E%E3%81%AE%E6%B5%B7-%E5%86%99%E3%82%89%E3%81%AA%E3%81%8B%E3%81%A3%E3%81%9F%E6%88%A6%E5%BE%8C-2-%E7%A6%8F%E5%B3%B6-%E8%8F%8A%E6%AC%A1%E9%83%8E/dp/4877982620

==================================

今つぶやこう。 この前友人に会った時に、私は友人から本をいただきました。何というかもう、本当に嬉しかったです。自分はこんなに自分への本選びを失敗しているのに、どうして分かるの?と、感激です。本当にありがとうございます。ありがとうね。それで、その本に関係すること(続く 

posted at 15:17:27


まとまらないので、(メールにしようかと思いましたが、メールやブログだと、まとめないとというプレッシャーがあるので)ツイッターですみません。まだ本を全部は読んではいませんが というか、ここを読んでいないと意味が無い。あっ・・やはりそのうちにメールするかも…しれない(続く

posted at 15:19:59


友人に、「福島菊次郎さんの『ニッポンの嘘』(福島さんを追ったドキュメンタリ映画)を観に行ってどうだった?」と聞かれたのですが、それが・・あの時は言えなかったのですが、実は私は、「映画館に着いたー」という安心感から、途中、何十分くらいか、眠ってしまいました。・・・。(続く

posted at 15:23:22


ちょうど1年前の、9月30日。もうその日が最後ぐらいだったかな。新宿の西口の映画館。(今、ツイログを見たら10月5日までの公開でした)twitter.com/upishi1970c/st… 台風が来ていた。間引き運転、とつぶやいている。台風が来ていて、早めに帰ったんだ。(続く

posted at 15:32:40


さっきの。昨年9月30日のツイート。『福島菊次郎さん、原爆症で苦しむ男性の写真を何年にもわたって撮り続けた。その男性は60歳にならずに亡くなり…(50台後半だっただろうか)90才の福島さん、男性のお墓の前で号泣していた。「ごめんね」と…。』 この部分は特に強く印象に残った。(続

posted at 15:34:49


映画では、菊次郎さんの片山島での生活の部分が、記憶曖昧です。(山梨から渋谷の映画館にやっと行ってそこで寝てしまうなんて…と思うものの眠気に逆らえず)冒頭の、広島の被爆者との壮絶な関係(彼の死後、その子供に「帰れ!」と拒絶されたことも含め)は、見ていて具合が悪くなるほどだった。(続

posted at 15:41:26


だから、友人からいただいた本に菊次郎さんの片山島での生活が書かれていて、やっとその部分が埋められたと思いました。あと、紗英子さんとのことは(映画館で多分ちょうど寝ていた時間)、「そんな関係ってあるのか」と、今、考え中。何か他に別れない方法はなかったのか、とか。(続く

posted at 15:47:05


もちろん他人がそんなこと言っても、二人にしか分からないことってあるだろうし。家の棟上げに「誅裕仁」、というのが強烈で、福島さんは相当激しい気性だと思ったけれど、よく考えたら日本人がほとんどそう思っていいくらいの出来事だった…んだよ本当は。うーん。続きは、また読みます。ありがとう。

posted at 15:57:56



============================ツイッターからの転載ここまで。
強調したい部分、太字にしました。


映画のことが出てきましたが、
『ニッポンの嘘 報道写真家 福島菊次郎』
昨年9月30日に私が見に行って来たのは、この映画です。

私のツイログです。→http://twilog.org/upishi1970c

本を読んで、良かったです。
上にも書きましたが、「誅裕仁」は、強烈でした。
でもそのことに、福島さんのように直接触れる人は、なかなか、いない気がします。

映画の監督の長谷川三郎さんへのインタビューでは、
http://www.cinemajournal.net/special/2012/nipponnouso/index.html
福島さんは、「ABCC(原爆傷害調査委員会)や原爆スラムなど」も撮っている、
ということです。

私は、うわべだけで、「あの戦争」などと表現していた部分もあり、
「気取っていたな」と自省する気分です。

今日は、つぶやいた。48つぶやきです。
この記事を更新すると、49つぶやき。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック