家事専業。犬と猫が好きです。(・∀・)ノ ツイッターアカウントは、画面の下の方です。
  • 04«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »06
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


子供も大人も、理科を楽しもう!(´・ー・`)
2013年09月27日 (金) | 編集 |
こんばんは。
やっと、楽しい記事です。

(今年5月の、山梨県中富町まで見に行ってきた、
和紙作家の展示会のことを、先に書こうか・・
と思いましたが、それはまたの機会に。)


8月6日、このブログのリンク先の「緑虫@科学教室智究人クラブ」の、
緑虫さん(麻生さん、とお呼びしています)の、大人の理科教室に参加してきました。

こちらが、麻生さんの記事です。
8/6 大人科学『地球外知的生命の基礎』の報告(2013-08-14)

楽しかったです。なにしろ、「地球外知的生命について」というテーマで、この年齢になった自分が講義を受ける機会など、滅多にありません。山梨~横浜は遠いですが、そういうのは置いといて、行ってきました。
麻生さんの理科教室は私は、今まで何回か参加した事があります。遺伝子組み換え作物の問題点、原発の仕組み、放射線被曝について、など。こういう機会でもないと、自分で本を買ってもおそらく読みません。参加してきて良かったです。
今回は、今までとはまたちょっと違う趣旨で、とても楽しみでした。

麻生さん作成の資料。
麻生さんの理科教室 8月6日 ドレイクの方程式
クリックすると、画像が大きくなります。

パイオニア10号、11号に積んだ金属プレート(1972,1973)
pioniaP_convert_20130919174902.png
クリックすると、画像が大きくなります。
ここで興味深かったのは、人体の女性の方、股の部分に線がないということです。
その話にも言及しました。
これは地球外知的生命体が受け取って見るのを想定しているのに、
地球でそういう議論をしてるのか・・
と思うと、なにやら可笑しくて笑ってしまうというか。(笑)
この図の下の方で、「ぴよっ」と矢印が出ていますが、矢印の先の小さなものは、宇宙船だそうです。かわいいです。他の参加者の方も、かわいい~と言っていました。

テーマが重要でした。「ドレイクの方程式を学ぶ」です。
(ウィキペディア)→ドレイクの方程式

麻生さんが、「これは重要です」と言ったのが、
{ L:星間通信を行う文明の持続年数 }(麻生さん作成の資料より)
です。
私は、麻生さんの話を聞きながら、アインシュタインの名言を思い浮かべていました。
[ディスカバー21 「アインシュタイン150の言葉」]p100より。

第三次世界大戦はどう戦われるのでしょうか。
わたしにはわかりません。
しかし、第四次大戦ならわかります。
石と棒を使って戦われることでしょう。



「星間通信を行う文明の持続年数」について。麻生さんの資料には、
受講者が自分で考えて書き込む欄を作ってくださっていたのですが、
「ドレイクの方程式」のフランク・ドレイク(天文学者)は10000年、麻生さんの予想は1000年、私の予想は400年。私はちょっと悲観的かな・・という感じなのですが、やはり、400年、でしょうか。
地球温暖化の原因などは、厳密には不明らしいですが、進行しているようです。核廃棄物が散らばっている懸念もありますが、遺伝子組み換え作物や生態系のバランスなど、そういうことを考えると心配は多い。特に、先進国が資源を使いすぎています。こんなこと、長くは続かないと思います。
しかしそこから逃れられないのではないか。人間は、自分で自分を破滅させるのではないか、もう長い間は文明は維持できないのではないか、と、つい思ってしまいます。
でも、分からないですね。淘汰されて人口が減って、そこからまた、徐々に回復・・
ということも、あるかもしれない。
私が年を取って死んでも、たまに生き返って世の中を見ることができたら、いいな、
なんてね、考えたりします。


ここでちょっとひと息。おまけの話を。

大人の理科教室の会場は、横須賀市追浜の、
「アトリエにょきにょき」という所です。
アトリエの高橋みよこ先生、とても楽しくて明るくて優しくて素敵な人で、高橋先生にお会いできてお話出来たのも、嬉しかったです。もう一人の参加者の方(女性)とも話が合って、ついつい、長居をしてしまった私。(全然関係ないのですが、みよこ先生は、フランク・ドレイクは「タイプだ」と言っていました)
帰りに歩きながら、麻生さんとお話できるかな、と思っていたら、麻生さん、今から中学生に勉強を教える、と。マジですか・・・カッコいい・・麻生さんカッコいい、ってか、かっけぇ~!(これは本当に)と思いました。そうか、それならしょうがないなぁ残念・・と一瞬思ったものの、
待った・・いつも私は、帰りは麻生さんや他の参加者の方にくっついて横浜駅までは何とか流れているような・・それ以前に、この場所を出たら右に行けばいいのか左か?と思うも話に夢中になり、また忘れ。そんなんで一時間くらい経ってしまったら、女性参加者の方(お名前を聞き忘れた。とても、いい方だった)が、車で来ているというので、私を駅まで送っていってくださることになった。よかった~。駅までは着けました。そこで、はっと我に返り、「でもここから山梨まで帰るんだよな~」とうつろな気分になり、電車に揺られて、どこからどう乗り継いだのか記憶がありませんが(持ち歩いている手帳の、電車路線図を20回くらいは見たような気がします)高尾まで着いた時に、ほっとしました。
体調が微妙だなぁと感じていたので、参加するかどうか迷っていて、前日になって麻生さんに申し込んだにも関わらず、快く了承してくださいました。
麻生さんありがとう。楽しかったです。
で、2,3日してもまだ「ああ楽しかったな~」などと思いにふけっていたのですが、「あれっ・・あの人(私を追浜の駅まで送ってくださった参加者の方)・・車、路駐だった?」そうです。理科教室の間ずっと、路上駐車だったのでした。横須賀というと、都会!かと思ってしまいますが、追浜のあの近辺は、のどかでした。

すみません、長いです。ここまで読んでくださった方、ありがとうございます。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック