家事専業。犬と猫が好きです。(・∀・)ノ ツイッターアカウントは、画面の下の方です。
  • 08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »10
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「無人機を日本領空に飛ばして中国はロクでもない」などと私は思いたくない
2013年09月17日 (火) | 編集 |
中国軍のものらしい無人偵察機が、沖縄県の上空を通った(9月9日)、
というニュースは、少し前から目にしていました。

日本領空に入ったのだから、非難はされるだろう・・と感じつつも、
私がひどいなと思ったのは、ネットの掲示板の、下のようなまとめ記事。
コメント欄がひどい。

「はちま寄稿」(2ちゃんねるのまとめ記事)投稿日時:2013年9月17日より。
防衛省「無人機が領空侵犯したら撃ち落とすわ、中国おまえのことだぞ」

2ちゃんねるのまとめには、日頃の自分の鬱憤でも晴らすかのような書き方の人も多い。
淡々としているな、という伝え方が、NHKの報道でした。
淡々としている分、何か怖い。
私は、テレビで見ていました。

今この記事を読んでくれている方には、「淡々と伝えるのが報道の仕事だろう?」
「淡々と伝えるのが『怖い』というのは変だ」、と、突っ込まれるかもしれないですが、
私は、NHKの報道には、2ちゃんねるの書き込みよりも違和感を覚えました。

Reading:領空侵犯の無人機 撃墜も視野に対応 NHKニュース


それで、なぜ今日のブログ記事のタイトルが【「無人機を日本領空に飛ばして中国はロクでもない」などと私は思いたくない】、なのかというと、
昨日ツイッターで、
濁流飛び込み、男児救出=中国人留学生、とっさに―大阪(時事通信)
という、素晴らしいニュースをツイッターで知ったので。

今ちょうど、テレビでスーパーJチャンネルを見ていたら、男児を救出した中国人留学生の厳俊さんがインタビューに応じていました。
(救出した時には)「ジョギング中だった」とのこと。
「自分もたくさん水を飲んでしまい、死ぬかと思った」、と言っていました。

男児が流された川の近所の人へのインタビューによると、相当水かさがあったそうです。
中国人留学生の厳俊さんは、流れが速く、一旦は断念したそうです。
「体を鍛えていても、流れが速くて・・」と言っていました。

私は、巌俊さんの、この行動はなかなかできることではない・・・というか、
できない、とさえ思いました。
一歩間違えば、自分の命は危ない・・・でも、流されている子どもを助けたい、
という、その思い。
頭が下がるとか、そういう言葉では言い表せないです。

ただ、巌さんの行動は少し無謀にも思うし、
自分の命あってこその人命救助なのですが、
時事通信の記事にありましたが、
「助けなければいけない、と自然に思った」、と、巌さん。

「2人とも病院に運ばれたが、厳さんは擦り傷程度で、男児にも大きなけがはないという。」(時事通信)ということで、とにかく、
川に流された男の子、その子を助けた巌さんともに、命が助かってよかったです。

中国軍が無人機を日本領空まで飛ばしたからといっても、ごく一般の中国人は、国が違うから日本人とは習慣や考えが違っても、だいたいの人が、困っている人を見れば親切にしてくれる・・・
私は、そう思います。

-------------------

書きたい記事がいろいろあるのですが、今日はこのニュースを。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック