家事専業。犬と猫が好きです。(・∀・)ノ ツイッターアカウントは、画面の下の方です。
  • 02«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »03
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


アメリカ政府と軍産複合体には、ついて行ってはいけない。
2013年09月13日 (金) | 編集 |
2001年9月11日、世界貿易センタービルに2機の旅客機が突っ込んだ。
(他にも旅客機2機が墜落させられた。「同時多発テロ」)
1機目がビルに突入した後、テレビ中継が始まった。
現地では朝、日本では夜遅くなっていた。
私は、WTCビルの2塔が崩れてしばらくして、テレビを消した。

1ヵ月後の10月、ブッシュ政権はアフガニスタンのタリバン政権に対して、ビンラディン捕獲のために、アフガニスタンを空爆(攻撃・空襲)した。
その作戦には名前が付けられ、
「不朽の自由作戦」
その10年後、2011年5月2日パキスタンで、首謀者とされる、
ウサマ・ビン・ラディンが殺害された。

4,5日前に、アメリカのドキュメンタリ番組で、その特集を放送していた。
(これは、今年2月にも放送で、再・再放送)
ヒストリーチャンネル 「今、明かされるビンラディン殺害の全貌」

この番組を見て私は、なんとも後味の悪いこと、と思いました。

ブログ:「マスコミに載らない海外記事」様より。
パキスタンとイエメンでの新たなアメリカ無人機攻撃
(2013年1月 7日 (月))

「テロリスト狩り」・・・アメリカの軍事活動(何をもって政治的解決なのか、アメリカには通用しない)を、私はそのように思いました。
しかし、では、誰が「テロリスト」で誰が「自由と正義の戦士」なのか。

ビンラディン殺害作戦にも、名前が付けられています。
「海神の槍作戦」というらしい。
なんと同名の映画作品まで製作されているのは、驚きです。


シリアについて。
ロイターの日本版HP(2013年 08月 29日付)を下にリンク。
オバマ米大統領、シリア軍事攻撃は「まだ決定せず」
記事を一部抜粋、転載。ここから。==================

大統領はイラク戦争のように長期化せず、「目的に適合した、限定的な」攻撃により、化学兵器の使用は容認できないという十分に強いメッセージをシリア政府に送ることができると指摘。「もしわれわれが明確かつ断固としているが非常に限定的な形で物を言えば威嚇射撃になり、長期的には米国の安全保障に好影響を与えることができる」と語った。
さらに、シリアの化学兵器が渡ってはいけないところに渡れば、米国の国益がリスクにさらされると指摘した。

==================転載ここまで。

> 長期的には米国の安全保障に好影響を与える

とか、

> 米国の国益がリスクにさらされる


など、
まずは自分の国の国益か!!!! と突っ込みを入れたくなります。
要するに、アメリカとはそういう国なのです。

世界からは、小泉元首相がブッシュに「テロとの戦いには、日本は積極的にアメリカを支援する」と宣言した時点で、「アメリカと同じ」と見られています。

アルジェリア石油施設襲撃(2013年1月16日発生)では、日本人が狙われた?
という報道もありました。
Jキャスト・テレビウォッチ(ワイドショー通信簿) 「アルジェリア襲撃」なぜ日本人は狙われたのか…いまやイスラムの敵? 2013/1/24 11:02 より。

(転載ここから)【「日本人を出せ」と探し回って殺害
無事だった日揮従業員のアルジェリア人は「(テロリストは)『日本人を出せ』と言っていた。テロリストは日本人を殺害するとわれわれを解放したが、台所には5人の遺体が見えた」という。】(転載ここまで)

「アメリカ」といっても、私は、一般のアメリカ人まで敵視したくないです。
最近、「軍産複合体」という言葉の意味が、やっと分かってきた気がします。
TPPでもそうです。
もう巻き込まれ始めています。
こんな小さなブログで何ができる、とは思います。
でも、黙っていてはいけないと私は思うので、非力ながらも、書いています。


コメント
この記事へのコメント
アメリカの正義を問う
 おはようございます。

 シリア問題で揺れているオバマ政権、これには「9・11」以降のアメリカの動向が影響しているのでは? です。
 まずアフガニスタンに軍事介入しタリバン政権を倒したものの、首謀者であるウサマ・ビンラディンは見つからず(その10年後パキスタン・アボタバードにて殺害)、タリバンを根こそぎ壊滅出来なかったことでその後のアフガニスタンに暗い影を落としたのは言うまでもないし、イラク戦争は当時のフセイン政権が大量破壊兵器を保有していると主張し、開戦に踏み切ったものの、大量破壊兵器は見つからずまた今後のイラクをどうするかも考えなかったから結果として戦争終結後は泥沼化する要因になったが、結局この2つのケースは「アメリカの正義」と言うものを疑いたくなる結果をもたらしたのではないだろうか。

 また日本「テロとの戦いには、日本は積極的にアメリカを支援する」と2001年に小泉総理が発言したことで、世界から「日本はそうやってアメリカに追従する」って思われたけど、どうも日本はアメリカがハイと言えば有無を言わずにただついて行くのが問題だと思うんだよね。誰がが右行けばみんなが右に行く、そんな考えまともだろうか? 自分たちの意見を言わずにただ相手についていく、周りから「腰巾着」と思われるだけです。
 イギリスですら議会が「NO」を突き付けたことで軍事介入に参加できないという答えを出したけど、これは「アメリカがハイと言えばただついていくのは間違っている」と言うことです。首相は賛成だが議会が反対、議会の意見も重視する、これも民主主義の常識に思います。まァイギリスはイラク戦争のトラウマもあるせいか「これ以上アメリカが主導する軍事作戦に参加していいものか」って言う意見が多かったからねェ・・・。

 長期的にやればアメリカの安全保障と経済に悪影響だ、と言う意見、自国の国益かと言うのはごもっともで、イラク戦争と言う苦い経験もあり、これ以上他国のもめ事に首を突っ込むのはいかがなものかと言えますね。軍事介入したところで軍事予算だけ嵩み、市民生活が苦しくなるのがオチで軍需産業しか儲からない構図しかありません。

 今年1月にアルジェリアで起きた事件、日本人が狙われた背景には「アメリカ追従の代償」にも今思えばそう思います。イスラム過激派にしてみればアメリカやイスラエルはイザ知らず、それに追従する国もまた敵視以外の何物でもありませんから、日本政府は自前の情報網を持つことや、ただアメリカに追従することが国益なのかと言うのを考えて欲しいです。

 アメリカと言う国は「いい人」「悪い人」的な世界観で出来てますから、自分たちは正義で悪いのは自分たちに盾突く奴ら、と言う価値観が備わっていると言えます、これも建国及び西部開拓時代の名残に映ります。
 ただその正義を振りかざすことが果たしていいものか? そして他国まで懐柔して自分たちの思うままにしようとする姿勢は、正義どころか行き過ぎたお節介にも見えます。グローバル化だと言って自分たちのルールや価値観を一方的に押し付け、アメリカは常に正しいと正義を振りかざすやり方は帰って他国から反感を買うだけにしか映りませんし、中国みたいに「尊敬されない大国」と言う印象を与えかねないです。
2013/09/20(金) 09:35:32 | URL | アジシオ次郎 #-[ 編集]
Re: アメリカの正義を問う
☆アジシオ次郎さん、いつもコメントありがとうございます!

> 結局この2つのケースは「アメリカの正義」と言うものを疑いたくなる結果をもたらしたのではないだろうか。

まったく、その通りだと思います。同意です。

> どうも日本はアメリカがハイと言えば有無を言わずにただついて行くのが問題だと思うんだよね。誰がが右行けばみんなが右に行く、そんな考えまともだろうか? 自分たちの意見を言わずにただ相手についていく、周りから「腰巾着」と思われるだけです。

これももう、まともだとは思えません。
戦後、アメリカが、まんまと日本国民の洗脳に成功した、
としか・・・。
日本に住む日本人、というのは、洗脳されやすいのかな。
自分も含めて。
まずは、いろいろ知ることが大事ですね。

> 軍事介入したところで軍事予算だけ嵩み、市民生活が苦しくなるのがオチで軍需産業しか儲からない構図しかありません。

アメリカの軍事費、生活のあらゆるところでそこに繋がってない?
と思うほど、注ぎ込まれているような気がします。
「また、愛国者法」というのがありますよね。名前からして、狂っている。

>  今年1月にアルジェリアで起きた事件、日本人が狙われた背景には「アメリカ追従の代償」にも今思えばそう思います。

安倍総理が、「世界平和に積極的に貢献する」だのワケわからないことを言っていますが、「世界最強なのは憲法9条(かなりボロボロになりつつも、まだあることはあります)なのでは?」
と、ネットでの発言を見ましたが、私もその意見に同意です。

>  アメリカと言う国は「いい人」「悪い人」的な世界観で出来てますから、

>  ただその正義を振りかざすことが果たしていいものか? 

全米ライフル協会が、「銃を持った悪人を倒せるのは、銃を持った善人だけだ」
と言って物議をかもしましたが、アメリカという国はそういう国だと思います。
アメリカに住むアメリカ人も、こんな政府に付き合わされて大変だと思います。
日本がミニアメリカ版になったら、・・・嫌ですね・・。
しかも、日本の「世間」と来たら、国民が国民を監視し、縛り合う国です。
私はもう、気分はそこから脱落して、ついて行かないことにしました。
それでいい、と早く開き直りたいです。

アジシオ次郎さん、コメント感謝です。
励みになります。
2013/09/26(木) 15:15:32 | URL | ゆうこ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック