家事専業。犬と猫が好きです。(・∀・)ノ ツイッターアカウントは、画面の下の方です。
  • 02«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »03
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【行ってみた】終戦記念日の靖国神社がスゴイ所だった---NAVERまとめより。
2013年08月19日 (月) | 編集 |
【「NAVERまとめ」2013年8月15日、68回目の終戦記念日に靖国神社へ行ってきました。毎年ニュースで見るだけだったのですが、実際に行ってみると、ものすごい人数の参拝客から街宣車から機動隊から突撃ラッパまで、とにかくカオスだったので写真をまとめます。熱中症には気をつけましょう。】
【行ってみた】終戦記念日の靖国神社がスゴイ所だった
更新日: 2013年08月16日
(「マシュマロたいむさん」より。)

このまとめをつくった、マシュマロたいむさん、
そこで、8・15の靖国神社はどんな感じなのか行って来た
ということです。

以下、リンクです。
1.http://matome.naver.jp/odai/2137655360412714801
2.http://matome.naver.jp/odai/2137655360412714801?page=2
3.http://matome.naver.jp/odai/2137655360412714801?&page=3

このまとめをつくった方は、かなり良いアングルで写真を撮っていて、今年の8月15日の靖国神社の様子を分かりやすく伝えています。
(「右」「左」関係なく、タイトル通りとにかく「スゴイ」感じです)
靖国神社って、行ったことがない。どういうところなんだろう?という方には、
おすすめです。

見た感想ですが、私は2006年に行きました。パッと見は、2006年の時はこんなに警備が多かっただろうか・・、と、曖昧な記憶ながらも思い出しましたが。

この間の8月15日の靖国神社を取材したというジャーナリストの記事を紹介。
リンクしておきます。
靖国神社を取材して~普通の参拝客が「国防軍必要」
 ↑この記事の中のから一部抜粋。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
私が怖いのは、靖国反対や戦争反対を訴えるデモ行動を
口汚くののしる「右翼」の存在以上に、暑い最中に参道で、
延々と行列を作り、淡々と参拝し、強制されているわけ
でもないのに、同じように「英霊への感謝」や「靖国賛美」
を口にする圧倒的多数のごく普通の市民の存在です。
彼らの存在が、安倍自民党政権を支えているのは確かでしょう。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

「英霊」の中には、当時の日本を戦争へと向かわせた人もいるわけで、
靖国神社がどういう神社か、よく知ったら、日本がずっと平和でいるためには、お参りになど私は行くことは出来ません。でも、私は以前は知らなかったので、お参りしたことはあります。
知らない、ということはそういうことですね。

2006年に私が靖国神社に行った時に印象的だったのは、戦争の遺族の集まる場所(休憩所なのか、何か儀式をしたところなのかは不明だった)。
お葬式に着るような黒い洋服を来た、60代くらいの年配女性が目に入った。
まるで、よそのお葬式会場に紛れ込んだような私。
「入るところを間違えた・・」と思ってすぐに引き返した。
極めて個人的な空間だと思った。
私は、靖国神社が存続することには懸念を示しますが(いわゆる、靖国神社存続反対の立場です)、靖国神社が続いている限り、閣僚は例え遺族であっても議員なのだから参拝するべきではないが、その他の一般の遺族は、一般的に人が死んだ場合お葬式をしてその後お墓に納骨しますが、そのお墓と同じで、そのくらいはいいのではないかと思う。(本当は、神様(軍神?)として祀られている時点で、変だとは思いますが)
だから、国を挙げて、とか、首相や、「みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会」が8月15日に靖国に行くだの行かないだの、そんなのはもう、やめた方がいい。行くべきではないです。


太平洋戦争では、ガダルカナル島や、インパール作戦で(他にも)、
大量の日本軍の兵士が餓死しました。戦わずして、わけも分からず物資が来ないうちに密林でマラリアに罹り、死んでいった人もたくさんいたと、私は朝日新聞の「戦争(上・下)」という、読者の投稿をまとめた本で読んだことがあります。こんな風に書きましたが、実際は想像を絶するほどの凄惨さだと思います。
このブログのリンク先の、「アナーキー読書感想文」のうごさんの記事より。
魂までも飢えさせたくはない2013-08-15
記事中、抜粋、転載させてもらいました。ここから。
--------------------------
実際、先の大東亜戦争で、どれだけの餓死者が出たのかわかりません。
とはいえ、仮に、私が、国の為と思って、軍人として、
戦地に向かって、戦わずして、餓死するとなったら?
そうではなく、嫌々、戦地にかりだされて、飢えで死ぬとなったら?

どちらにしても、その死を目の前にして、人生を悟りきれるのか?
はたして、この悔しさ、後世の人達に知られずにして、成仏できるのか?
私にはできないでしょう。無念過ぎて、無差別に呪いそうです。
--------------------------転載ここまで。
靖国神社について思う 2 山田風太郎の発言
 「戦争で死んだ連中は、靖国神社じゃない、
           ここ(デパ地下)にいる。」

うごさんは、山田風太郎のこの言葉に、衝撃を受けたそうです。続きます。

靖国神社について思う 3 十数年ぶりの参拝してみて
「靖国神社について思う 3」の中で私が、「そうか、靖国神社は今のままでいるのではなく、そういう方法もあるのか」と、思った、うごさんの、「これはもどかしくも、読者に伝えたいぞ」と、おそらく四苦八苦しながら書いたと思われる部分を、抜粋、転載。
--------------------------
御存じのとおり、靖国神社に祀られている霊は、古代神話の神ではなく、
戦死者であります。つまり、彼らは、食べるものも食べられず、
楽しい思いもなく、死んでいった人たち。そう考えると、

★この敷地には、お腹を空かせた霊たちが、いつでも来て、もいで、
 食べられるように、果樹を植え、田んぼを耕し、畑をつくり、
 農作物に溢れた神社にするべきだ!

さらに、付けくわえて、

★たとえ、洒落たオフィス街には似つかわしくなくとも、
 お椀にゴハンが たんまりと盛られような、濃い味付けの惣菜が
 たくさん並ぶような、家庭的な、田舎くさい雰囲気で、
 この神社は、みんなを迎えるべきだ!
------------------------------転載ここまで。

私は、「靖国神社を畑に」という、うごさんの案、とても良いと思います。
大賛成です。
※ すみません、訂正です。
記事を引用させてもらった、「アナーキー読書感想文」のうごさんから、
指摘をいただきました。
→(うごさんのコメント http://upishi.blog5.fc2.com/?no=1938 )
ただただ、私の感覚としては、
「靖国を畑に」ではなく、「靖国に畑を」です。



しかしその後、うごさんは、こんなことも書いています。
でも、今回、十数年ぶりの参拝をして、たまたまだったのかもしれませんが、
この神社を利用する人達の、のどかで、明るい雰囲気に、
私は、少々、面食らってしまったのです。


うごさんが行ったのは9月なので、ちょっと違ったかもしれません。
この神社を利用する人達の、のどかで、明るい雰囲気に私は、少々、面食らってしまった・・・
今年の8月15日もそんな感じだったと思いますが、
私が気になったのは、「英霊」という言葉です。これは、政治家(またはエライ人)が最初に使い始めたものと思いますが(大正時代らしい)、最近では、一般庶民も「英霊」というのだろうか。

長文になってしまいました。

私のようにブログでこんな風に書いたりしないまでも、一般市民が、日常会話で靖国神社のことを話題にするかどうか、それが、気になります。話題にしないと思います。

原発事故も、私は、爆発するまでは情報を集めていませんでした。
爆発して初めて、原子力発電の危険を理解しました。
気づかないうちに、事が進んで、何か起きた場合にはもう巻き込まれている・・・
どなたかこんな様なことを言っていましたが、まさにそうだと思います。



コメント
この記事へのコメント
ずっと昔から
靖国神社って、日清日露戦争など太平洋戦争よりずっと昔から大日本帝国軍人の戦死者の名簿を祀っている神社ですよね。
敗戦の時にマッカーサー元帥は、この靖国神社も信仰の自由の下にその存続を他の宗教法人と同一に扱うべきだと考えられたようです。
アジア諸国が靖国神社への参拝を帝国主義の復活と恐れるのは、アメリカよりもずっとずっと長い間、日本軍に酷い目に遭わされていたからなんですよね。
戦争により命を失った方の霊に、国家元首としてなにかせねばならぬものなのか、政治と国防を切り離して考えても良いのではないか。つまり国家元首の参拝は不必要と思うのですけどね。
一般の方が戦死者に対して哀悼の意を表する事になんら問題はないでしょう。遺骨もなく、何処の墓に入っている訳でもないのですから、遺族は手を合わせる所すら、靖国神社以外に無いのです。
2013/08/21(水) 12:49:42 | URL | Katsuei #bQBrz5D6[ 編集]
少々訂正を
おそらく、この辺りの考えの方向は違うと思いますが、
引用してくれて、ありがとうございます!
ただただ、私の感覚としては、
「靖国を畑に」ではなく、「靖国に畑を」です。

思うに、私の「体感」上ですが、
一般人で、靖国神社自体を賛美する人は、
意外に少ないような。一方、神社の存在を
やたら賛美するのは、知識人たちのように思えてなりません。
そして、運営に、彼らの一部が、幹部として関わって
いるのが靖国神社です(この点は一般的な神社と違う)。

確かに、学問的な神道の考えの1つとして、
「神として祀られる」、「分祀できない」、とかありますが、
おそらく、死んでまで、魂がそこまで、1つの神社に
縛られるものか?もう、自由でしょう。
生きている人も、魂も、行きたいと思えば行く、
行きたくなければ行かない。祀られない。

ともかく、神社で争いごとなぞ、言語道断。
私としては、どんな背景があれ、
一般に開放されている神社ならば、
まず最初に気軽な憩いの場であってほしい。
2013/08/23(金) 00:13:57 | URL | うご #-[ 編集]
Re: ずっと昔から
☆katsueiさん、コメントありがとうございます!

> アジア諸国が靖国神社への参拝を帝国主義の復活と恐れるのは、アメリカよりもずっとずっと長い間、日本軍に酷い目に遭わされていたからなんですよね。
> 戦争により命を失った方の霊に、国家元首としてなにかせねばならぬものなのか、政治と国防を切り離して考えても良いのではないか。つまり国家元首の参拝は不必要と思うのですけどね。

私もそう思います。

首相が参拝するだのしないだの、という話になると、必ず「中国や韓国の圧力には屈しない」と言い出す人がいて、「どうしてそうなるんだ・・」と思います。
日本を戦争方向に持って行った当時の日本の幹部が祀られているのに、
そこにお参りしたら「あの戦争・侵略は正しかった」と首相自ら表明しているようなものです。


> 一般の方が戦死者に対して哀悼の意を表する事になんら問題はないでしょう。遺骨もなく、何処の墓に入っている訳でもないのですから、遺族は手を合わせる所すら、靖国神社以外に無いのです。

>> 遺族は手を合わせる所すら、靖国神社以外に無いのです。

記事に書いたように私が2006年に行った時に、控え室のような場所(「参集所」というらしいです)に、喪服で法事をするような雰囲気の女性がいて、
国が管理する千鳥ケ淵戦没者墓苑とはまた違う、ここにしか遺族の霊はいない・・
という思いで靖国に来ているのかな・・と、感じました。

遺骨は無い人が多いですよね。
でも、それを言うなら軍人だけではなく、一般人で戦死した人は・・

>> 一般の方が戦死者に対して哀悼の意を表する事になんら問題はないでしょう。

katsueiさん、私にはそうは思えないんですよね・・。
要するに、みんな、「拝んで」いるんですよね、神様として。
で、「靖国で会おう」と言って死んでいった・・。
私はそういうことを知らずに長年いました。
知ってから、「これは、この神社は存在がまずいのではないか」
・・そんな風に思うようになりました。
軍人が「国のために戦って」祀られている(戦争に導いた人も)・・・で、
国民が拝んでいる・・それって、いいの?と。
(正確には、民間人も多少いるようです)
観光地にもなっているし桜の名所だし、ぶらぶら歩くのにはいいと思いますが、
戦争の反省が無く清算が済んでいない状態の神社(すごい言い方ですが)、
としか、私には思えない・・ですね…。

katsueiさん、ありがとうございます!
2013/08/23(金) 18:20:01 | URL | ゆうこ #-[ 編集]
Re: 少々訂正を
☆うごさん、コメントありがとうございます!

> おそらく、この辺りの考えの方向は違うと思いますが、

はい。もちろんです。10人いれば10通り、100人いれば100通りです!

> ただただ、私の感覚としては、
> 「靖国を畑に」ではなく、「靖国に畑を」です。

すみません、記事を訂正しました。


> 思うに、私の「体感」上ですが、
> 一般人で、靖国神社自体を賛美する人は、
> 意外に少ないような。一方、神社の存在を
> やたら賛美するのは、知識人たちのように思えてなりません。

多分そうだと思います。
「一般人」など、テレビに映るお参りする姿の人たちだけで、
ほとんどの人は、感心すら無いように思われます。


> おそらく、死んでまで、魂がそこまで、1つの神社に
> 縛られるものか?もう、自由でしょう。

はい・・。それは、そうですね・・。


> 生きている人も、魂も、行きたいと思えば行く、
> 行きたくなければ行かない。祀られない。

「祀られてほしくない」という遺族はいるようです。(特に、中国人や韓国人で、日本の兵隊として徴兵された人の遺族)。
侵略された国の宗教施設に、「神」として勝手に祀られる…
私は遺族ではないので想像するしかありませんが、「取り消してほしい」と言えば取り消すならまだしも、神社側はそういうことはしないようです。
そこに、閣僚や「みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会」の議員たちがぞろぞろと行くのは、ずいぶん無神経だなぁと思います。


> ともかく、神社で争いごとなぞ、言語道断。

そうですね・・。
ただ、その、争いごとの原因は、
歴代首相が靖国に参拝したことである、と私は思います。
他にも、森元首相の「神の国」発言や河野談話見直し論が持ち上がるなど、
(そこへきて小泉さんの6年連連続参拝、閣僚等の終戦の日の靖国参拝、最近の安倍さんの私費玉ぐし料)
争いごとの原因を、日本政府自らが作り出しています。


> 私としては、どんな背景があれ、
> 一般に開放されている神社ならば、
> まず最初に気軽な憩いの場であってほしい。

「気軽な憩いの場であってほしい」というのは、分かります。
もう一人の方のコメント返信にも書きましたが、
靖国神社は観光地でもあるし、ぶらぶらと散策する人も多いと思います。
なのでそれは賛成なのですが、
安倍首相は私費で春季の例大祭に供え物を贈りました。そして閣僚は例大祭に参拝し、終戦記念日にも参拝しました(先に述べた大勢の国会議員も)。
あの神社がいつまでもある限りは、そのような状態は続くでしょう。
そして、「諍い」も絶えないだろう、と私は思います。


記事を引用させてもらいました。
うごさん、コメントもありがとうございます。
2013/08/25(日) 16:46:38 | URL | ゆうこ #-[ 編集]
バナナン大将
「靖国に畑を」で、宮沢賢治の戯曲『バナナン大将』を思い出してしまいました。靖国神社で野外劇『バナナン大将』を上演するのはありでしょうか。
これまでは「こんなに問題を起こす神社はなくしてしまえ」としか思えませんでした。
問題をややこしくしているのは、この国は「易姓革命がない」という江戸時代に成立したイデオロギーのせいかもしれません。
外交問題以外でも、安富歩が「靖国精神に苦しめられた」と告白しています(「幻影からの脱出」)。「名誉の戦死」を喜びにしてしまう「靖国精神」に取り憑かれていると、人は自分の弱さを見せかけの勇ましさでカバーするようになるでしょう。
やっぱり、どうも靖国は好きになれません。
2013/09/04(水) 00:07:48 | URL | りくにす #94n6a33E[ 編集]
Re: バナナン大将
☆りくにす様、コメントありがとうございます!
申し訳ないです、返事が遅れてしまいました。

> 「靖国に畑を」で、宮沢賢治の戯曲『バナナン大将』を思い出してしまいました。靖国神社で野外劇『バナナン大将』を上演するのはありでしょうか。

宮沢賢治さんの「バナナン大将」、りくにすさんがコメントを下さるまで、
私は知りませんでした・・。
おおよそのあらすじを見てみました。
仲間が飢えているのに、バナナン大将だけが、食べ物を食べている・・という・・
青空文庫で読むことができるようですね。
《饑餓陣営》という、戯曲、ありました。この機会に、読んでみます。

>>靖国神社で野外劇『バナナン大将』を上演するのはありでしょうか。

あり、だと私は思います。
新聞の読者投稿欄や本で戦争体験、従軍体験を読みましたが、
軍隊で上官だけが食べ物を占有してしまって、ひもじい思いをしたとか・・
また、想像を絶するような、ジャングルでの凄まじい体験・・
「バナナン大将」を靖国神社で上演するのなら、とても意義あることだと思います。

> 問題をややこしくしているのは、この国は「易姓革命がない」という江戸時代に成立したイデオロギーのせいかもしれません。

りくにすさん、「易姓革命」という言葉、恥ずかしながら私は、
コメントをいただいて初めて知りました。

何でしょうかね・・
明治時代の「富国強兵」、もあるのでしょうか。
「国家」確立が影響しているのだろうか・・個人的には、そんな風にも思います。
(易姓革命、勉強になります。自分で調べてみます)

靖国神社は・・母や家族親戚みんなと一緒に、満開の桜を見に行ったことがあります。
場所としては、神田も近いし、私は好きなのですが、
理念は到底理解できません。
そうですね。。私も、「靖国神社」は好きになれないです。

ところで、りくにすさん、コメントをいただくのは二回目ですよね。
(りくにすさん・・多分もらってるんじゃないかな・・と思ったら、
やはりそうでした^^)
前回は、震災の前でした。
コメント、とても励みになります。ありがとうございます!
2013/09/10(火) 18:49:19 | URL | ゆうこ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック