家事専業。犬と猫が好きです。(・∀・)ノ ツイッターアカウントは、画面の下の方です。
  • 03«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »05
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


8月6日
2013年08月06日 (火) | 編集 |
3年前の自分のブログ記事で、私は当時の菅直人首相を批判していた。
1945年8月6日、アメリカ軍は広島に原子爆弾を投下しました。2010年08月06日 (金)
それから約1年半後、福島第一原発で爆発事故が起こりました。
反原発派の中でも、妙な派閥みたいのが出来ていて、菅元首相に批判的な人もいる。
(例えば、原発国民投票について、とか)
でも私は、あの事故以降、菅さんは変わったのではないかと思う。

しかし、あの時原発事故が起きなかったら。
今の自民党のように、民主党は、アメリカに擦り寄る政策を支持する議員で固められるようになっていたのか、と
、仮定ではあるが考えてしまいました。

原発事故は起きました。
菅さんが東電に乗り込まなければ、どうなっていたか・・。

2012年8月7日の私のブログ記事です。
広島への原爆投下から67年、広島平和記念式典について紙面で伝えない朝日新聞

2011年は、広島、長崎のことを両方書いていません。
私事で疲れていたのと、原発事故で頭がいっぱいになり、無理だったのだと思う。
世の中が良くない方向に行っているのは、最近強く感じます。
特に、今年です。
広島平和記念式典の中継は、毎年、見ます。



コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013/08/06(火) 09:55:07 | | #[ 編集]
原爆と原発
昨日6日は「チェルノブイリ・フクシマ展」に出かけてきました。
展示会の内容は
http://blog.livedoor.jp/leltugo123-yuki1234/archives/51737623.html
こちらのブロガーさんが多数の写真で記録されています。
6日は14時から広島原爆で被曝された方と原発震災で甲府に避難された方のお話があるので出かけたのです。
小学校5年生の時に広島原爆で、その後は長年、大手機械工業系企業の技術者として航空関係の仕事にたずさわってこられ、引退後に山梨に住まわれた方のようでした。
その方のお話の中で原発問題について、「技術者には想定外はあってはならない」 とご自身の経験からおっしゃったことが強く響きました。
私は全く同感でした。

原爆と原発は理論的に同じものを技術的に制御して熱エネルギーを利用するのが原子力発電でしょう。
「想定外」の事態により制御が外れて大量の原爆に転化したのが福島事件でしょう。

原発推進を擁護する人々が広島平和式典に出たり、子どもを派遣したり(甲府市)、まともな頭じゃないと思っています。
2013/08/07(水) 22:52:53 | URL | ictkofu #ZqkGuUow[ 編集]
コメントありがとうございます!
☆☆さん、私のブログを訪問してくださり、嬉しいです。

> いつの時代も…傷つけられるのは社会的弱者である女、子ども、老人、障害者などです。

そうですよね・・。
「徴兵制を」、などと言い出す、暴走老人政治家、評論家・・
そういう高齢者は少数ではあると思いますが、
「日本人」が恐ろしいのは、あの戦争では、
「積極的に戦争などしない方がいいのでは?」
と思っていた人までが、
ある一線、世の中の空気の動きを境に、反対に転じたのではないか…
と私は思います。
そして、突っ走ってしまった。
そうなると、どうにもならなくなって結果的に悲劇です。
非国民、ですからね・・。
「みんなが同じでいないと」という強迫観念じみたものが根底にあるのでしょうか。
ナチスドイツも日本と似ていたでしょうが、日本はちょっと違う。
果たして、過去に学んでいるだろうか?ということです。(それは自分も反省)

当時の「進め一億火の玉だ」というスローガンは、
「絆」や「風評被害」という言葉で住民や弱者を縛り、
放射能が怖い・危険だ・と言うと、
「お前はアホか」扱いされる今と、極めてよく似ています。
参院議員になった山本太郎氏に対する世の中(マスコミ)の反応も、そうです。

コメントをいただき、大変励みになります。
ありがとうございます。
2013/08/09(金) 19:05:26 | URL | ゆうこ #-[ 編集]
Re: 原爆と原発
☆ictkofuさん、いつもコメントありがとうございます!

> 昨日6日は「チェルノブイリ・フクシマ展」に出かけてきました。
> 展示会の内容は
> http://blog.livedoor.jp/leltugo123-yuki1234/archives/51737623.html

私もこれを見に行きたかったのですが、
行けませんでした。
ブログ拝見しました。
(この方のブログ、知ってよかったです!)

> その方のお話の中で原発問題について、「技術者には想定外はあってはならない」 とご自身の経験からおっしゃったことが強く響きました。

> 原爆と原発は理論的に同じものを技術的に制御して熱エネルギーを利用するのが原子力発電でしょう。
> 「想定外」の事態により制御が外れて大量の原爆に転化したのが福島事件でしょう。

そうですねぇ・・。まったく、おっしゃる通りです。
私は原発のことは、爆発するまでは、宇宙工学のような高度な技術を使い、「ロシアならまだしも日本なら原発事故はあり得ない」、と思っていました。危険にしても、そこまではいかないだろう、と。
飛行機が「絶対に」墜落しないということがあり得ないのと同様、
原発も、絶対に事故を起こさないなんていうことはあり得ませんよね・・。
だったらもう、新しいのは造るな、廃炉という方向に行くしかない・・。
そうでなかったら、「生物や人類が滅びてもしょうがない」ということです。
”その後の世界は、ゴキブリのような、放射能に強そうな生物が生き残るのでは?”と、ツイッターで言っている人も見かけました。

> 原発推進を擁護する人々が広島平和式典に出たり、

長崎市長は9日の平和宣言で、核不拡散条約(NPT)再検討会議準備委員会の共同声明に日本が賛同しなかったことを、「世界の期待を裏切った」と政府を批判しました。
あの平和宣言は、至極もっともだと思いました。

ありがとうございます!
2013/08/11(日) 18:36:45 | URL | ゆうこ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック