家事専業。犬と猫が好きです。(・∀・)ノ ツイッターアカウントは、画面の下の方です。
  • 10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »12
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


鳩山元首相の、「日本が尖閣諸島を盗んだと考えるのも無理はない」発言は、そんなに問題だろうか。
2013年07月25日 (木) | 編集 |
こんにちは。暑いです。
PCが心配なので(2002年製)、短い時間で記事を書こうと思います。

私が、沖縄の尖閣諸島について論ずるなどかなり無謀だ・・と思ったものの、
少し気になっていたので、書きます。

民主党は、今月24日の常任幹事会で、海江田代表が鳩山由紀夫元首相に対し、
「文書で抗議することを決めた」(時事ドットコム2013/07/24)、ということです。

鳩山さんの、今年6月のこの発言に対して、です。
日本は中国を孤立させられない…右傾化を懸念=鳩山氏が主張 2013/06/29(土) 18:23:58 [サーチナ]
上記リンクより、一部転載。ここから。--------------

第2回世界平和フォーラムが27日、清華大学で開かれた。80数カ国の専門家・学者・駐中国大使など500人弱が開幕式に出席した。鳩山由紀夫元首相は同フォーラムでスピーチをした際、
・・・・(中略)
鳩山氏が先ほどメディアの取材に応じた際に、「中国側から見れば、日本が尖閣諸島(中国名:釣魚島)を盗んだと考えるのも無理はない」と発言し、日本政府を驚かせた。

-----------------転載ここまで。

「メディアの取材に応じた」というのは、7月24日の時事ドットコムの記事によると、香港のテレビ局のインタビュー、だそうです。

「中国側から見れば、日本が尖閣諸島(中国名:釣魚島)を盗んだと考えるのも無理はない」
の部分ですね。

私がこのことを知ったのは、ケーブルテレビのTBSかどこかのニュース番組だったと記憶しています。「問題発言」の後、鳩山さんが日本に帰ってきて、日本のマスコミから取材を受けていました。

最初に「気になった」と書きましたが、何が気になったかというと、マスコミが鳩山さんに詰め寄っている感じだったんですよね。
あの発言は問題じゃないか、と数人の記者たちはとてもそう言いたげでした。
対して鳩山さんは記者たちに、ポツダム宣言と尖閣諸島について話し、「(あなた達は)勉強不足だ」というようなことを記者に言いました。(それについては私が今ここで書くのは省きます)
その時私はテレビを見ながらざっと聞いていて、
「そうだったのか・・」と思いながら聞いていたのですが、
ただ、鳩山さんは中国に媚びているのではないか、という印象も
拭えませんでした。(あくまで、私の勝手な印象です)

他のブログを訪問してみると、取り上げている人もいました。
その時は、2ちゃんねるは見なかったのですが今日見たら、鳩山さん、「売国奴」だの「クルクルパー」だの、ボロボロに非難されています。
で、民主党から何か処分を受けるかも、というニュースに、菅直人元首相が除名処分になるかも、などと報道で伝えているし。(菅さんのことは、よく分かりません)

さて、ここで。

日本と中国との間で、
「尖閣諸島のことは、棚上げにしておきましょう」
といったような同意というか、
「そうしとく?」
みたいなことはあったのか。それが問題です。

阿修羅掲示板 6月29日:日本は中国を孤立させられない…右傾化を懸念=鳩山氏が主張より、
掲示板の12番投稿者(12. 2013年6月30日 15:30:57 : fusk7O2HqU )
の部分を、一部転載。ここから。======================

>中国課長として同席した田島高志(77)によると、会談は条約の意義などをめぐるやりとりの後、鄧が尖閣に触れ、「数年、数十年、100年でも脇に置いておけばいい」と語り始めた。

 すると、外務審議官、高島益郎、駐中国大使、佐藤正二と席次の逆順にメモが回り始めた。椅子は弧を描くように配置されていたため、中身は田島から見えなかったが、メモを見た園田は鄧の発言が途切れた際、「閣下が尖閣の問題に触れられたので、私も一言言わなければ帰れない」と切り出した。
「尖閣問題についての日本の立場は閣下のご承知の通りであり、先般のような事件(4月の漁船団領海侵入)を二度と起こさないでいただきたい」
鄧の答えは「中国政府としてはこの問題で日中間に問題を起こすことはない」「次の世代、あるいはその次の世代に委ねればよい」。
園田は特に反応せず、再び取り上げることもなかった。田島は「こちらは実効支配しているし、その時点で得られる最大限のものは得た、良かった、という雰囲気だった」。渡部も「『棚上げ』で合意したとは受け止めなかった」と振り返る。

鄧が「棚上げ合意」に明示的に言及したのは10月25日。東京での福田との会談終了間際に尖閣問題に触れた後、日本記者クラブで行った記者会見だ。日本語の記録によると、鄧は、72(昭和47)年の日中国交正常化当時と、平和友好条約交渉時に「この問題に触れないことを約束した」と合意の存在を強調。「10年棚上げしても構いません」と述べた。

===========================転載ここまで。

と、1978(昭和53)年の日中平和友好条約交渉時の会談で、「尖閣諸島問題棚上げ」の話を、日本の要人と中国の鄧小平さんとの間でしていたようです。

12番投稿者は、ソースを載せています。msn産経ニュースです。
産経がこういう記事を書いているとは、意外でした。リンクしておきます。
【ニッポンの分岐点】日中関係(1)尖閣「棚上げ合意」 中国「放っておく」が変質
(全部で4ページあります。「阿修羅」掲示板の12番投稿者が書いていたのは、2ページ目)

この記事の4ページ目より。
 「中国が92(平成4)年に領海法を制定、尖閣の領有を明記した際、日本政府は外交ルートを通じて抗議したものの、大使召還や実効支配を強化するなどの対抗措置は取らなかった。」
とあり、騒がれるようになったのは最近ですね。
(2010年の尖閣諸島での衝突を海上保安官が映像流出させた事件)

「尖閣諸島」参照:ウィキペディア

:::::::::::::::::::::::::::::::::::

私は、鳩山元首相の「尖閣諸島は『日本が盗んだ』と思われても仕方がない」発言は問題かどうかというと、そんなに問題でもないと思います。
しかし、先ほども書きましたが、こう言い表すしかないのですが、
どうしても中国に「媚びている」ようには感じます。
あくまで、「感じ」・印象です。
鳩山さんは現役首相の時に、沖縄の米軍普天間基地移転を、途中で断念してしまった経緯があり、その印象が強く残っているから、ですね・・。

ただ、だからといって、石原前東京都知事(今は維新の会の議員)のように、雑誌のインタビュー(「プレジデント」・2012年10月1日(月))で、
「シナに『戦争する覚悟はあるのか?』と問われているのだから、日本は胸を張って『覚悟がある』と堂々としていたらいいんだ。」
などと、好戦的になってはいけないと思います。
簡単に、「じゃ戦争するか?」などと口にしては、よくないです。
尖閣諸島問題に関しては、石原さんのような言動に比べたら、鳩山さんの言動の方がずっと平和的な結果になるのではないか。そのように思います。



コメント
この記事へのコメント
産経はソース提示を重んじる姿勢がある
産経新聞記事にご案内ありがとうございます。
私は尖閣問題の詳細は知りませんのでコメントはしません。
この産経記事をパッと見た限り、やはりこの新聞社(記者さん達)のスタンスは変っていないと思います、私好みなのです。
この点は以前から感じています。

http://ictkofu.blogzine.jp/kofu/2011/04/post_c914.html
2011.04.08 菅内閣の国政担当にノー、西岡参議院議長
この記事を書いた時に私は産経新聞をべたぼめしました。(今は新聞記事リンクは切れています)

しかし同じソースから産経が導く意見と私が考える事とはズレる場合は多いです。
小沢一郎さんの裁判記事も産経は法廷審理の内容を丁寧に報じていて参考になりました。小沢評価の点では私とは違っていましたが、産経に感謝していました。
ウヨサヨ的な感情的な意見で争うのではなく、同じ情報を解釈する論理を互いに考え合うというスタンスが成り立つと思っています。
2013/08/01(木) 03:05:46 | URL | ictkofu #ZqkGuUow[ 編集]
Re: 産経はソース提示を重んじる姿勢がある
☆ictkofuさん、コメントの返信遅くなりました。

(ところで、今日は暑かったです~。
7月の上旬に戻った感じ…)


> この産経記事をパッと見た限り、やはりこの新聞社(記者さん達)のスタンスは変っていないと思います、私好みなのです。
> この点は以前から感じています。

よく調べてある、とは感じました。
私は、産経新聞は約5年前に病院の売店で初めて買ってみたのですが、紙面は、字が大きくて読みやすい・・とは思いました。


> ウヨサヨ的な感情的な意見で争うのではなく、同じ情報を解釈する論理を互いに考え合うというスタンスが成り立つと思っています。

それは、言えますね・・。
よく、ツイッターなんかでは、「マスゴミ」と言い切る人がいますけれども、
それはどうかな…と私は思います。
読売も、「ゴミ売り」という言い方をされたりしますが、
記者によっては意外とそうでもない、わりと良い記事じゃん、というのもあります。
(例えば、原発関連)
新聞赤旗なんかも、私は聖教新聞と同じ類かと思い込んでいましたが、
それがそうでもない、読みやすく分かりやすかったり。
で、「アカ」だの「左翼」だの言われていた朝日新聞がかなり政権寄り・・
というような傾向の記事もあったり。
要は、読み手の問題ということもありますね。

ictkofuさん、ありがとうございます!
2013/08/09(金) 18:37:58 | URL | ゆうこ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック