家事専業。犬と猫が好きです。(・∀・)ノ ツイッターアカウントは、画面の下の方です。
  • 02«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »03
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


地方選挙や国政選挙の筆記用具は、どうしても鉛筆じゃないとダメなのか?
2013年07月18日 (木) | 編集 |
こんにちは。暑いです。
キュウリとトマトとナスを食べ過ぎて、腸内細菌の具合が・・・。
体調に気をつけたい季節ですね。

ところで、7月21日は、参院議員選挙です。

以下、掲示板・阿修羅より、選挙で投票用紙に候補者や政党の名前を書く際の筆記用具について、「なぜ筆記具が鉛筆なのでしょうか?」という疑問が載っていました。
これについて。

阿修羅から一部転載。ここから。==========================

投稿者 往ける者 日時 2012 年 9 月 04 日 13:36:42: ley.tBgX4DgtU

小沢氏の「国民の生活が第一」に国会で存分に働いてもらうために我々にできる
ことを考えよう。とりあえずワタクシは総務省へ「投票用筆記具の改善」を
申し入れました。

(総務省のHP→)http://www.soumu.go.jp/

「私は成人してからこれまで地方選挙や衆参議員選挙など
多くの選挙で投票して参りましたが、素朴な疑問があります。
なぜ筆記具が鉛筆なのでしょうか?
公文書を書く場合に鉛筆書きなどありえません。
偽造改竄の恐れがあるからです。
その意味では投票用紙などは日本国中の公文書の中でも
最も偽造改竄があってはならない「公文書中の公文書」
とでもいうべきものであります。
これまでなんとなく見過ごしてきたことではありますが、真にこの国の行く末を案じる国民の目線からいえばとんでもない行政側の怠慢と感じられます。今後も筆記用具を鉛筆にのままにしておくことはすなわち、行政側になにか「裏の意図」が存在するのではないかと勘繰られてもしかたのないことと考えられます。
貴省におかれましては、上記の件を十分に勘案していただき次回選挙より速やかなる改善の実施を要請したく存じます。またくれぐれも、手間や経費などを理由に改善を遅延させることのないよう重ねてお願い申し上げます。
末筆ながら貴省の「心ある」省員の皆様に益々のご活躍をお祈り申し上げます。」

============================転載ここまで。

と、阿修羅に投稿した人は、総務省に、選挙の際の筆記用具の改善を求めた、
ということです。(日付は昨年9月)

----------------

ブログ筆者の私が、選挙の時投票用紙に、その場に用意されている鉛筆でいいのか?と疑問を持ったのは、昨年12月の衆院議員選挙の時です。
ツイッターで、「持参したボールペンで書いてもOK」ということを目にして、えっ、そうなんだ・・と思いました。そんなことは考えてもみなかった、というのが正直なところです。

そして、この前、私がツイッターでフォローしている、
このブログのリンク先の緑虫さん(麻生さん)(@takashi_asoさん)が、神奈川県の選管に、投票用紙に書く筆記用具について電話で問い合わせながらツイートしてくれたので、それをまとめてみました。

私のツイログから転載。ここから。**********************

(7月15日retweeted at 15:21:03)

麻生 隆【反原発反TPP】

①神奈川選管に鉛筆以外で投票用紙に記入して良いか問い合わせたことろ調べて返答して下さった。以下、その内容。

②投票用紙に鉛筆で記入しなければいけないというルールはない。

③しかし、ボールペンや油性マジックでの投票用紙への記入を投票管理者(投票所の最高責任者)が許可しなかった場合は備え付けの鉛筆で記入していただく。

④投票管理者が許可しない場合ボールペンやマジックでの投票用紙への記入ができない法的根拠をうかがうと、公職選挙法37条を示された。

⑤投票に使用する筆記具を投票管理者が決定できるという法的根拠は公職選挙法37条のおそらく5項「投票管理者は、投票に関する事務を担任する。」であると思われる。

⑥神奈川選管の電話対応して下さった方のおっしゃるところはつまり「投票用紙への記入は鉛筆でなければならないというルールはない。しかし投票管理者が何と言うかは分らないので言明はできない」ということのよう。

⑦投票所に備え付けの筆記具が鉛筆である理由もたずねてみたところ「投票用紙は樹脂でできており鉛筆がもっとも書きやすいから」だとのこと。

⑧神奈川選管で電話対応して下さった方に「投票用紙にはボールペンや油性マジックで記入してよいか」を何度もしつこく確認したが「鉛筆でなければいけないというルールはない」とそのたびに判で押したように返答して下さった。

⑨投票用紙への記入、私は持参の油性マジックで行おう。(連投ここまで)

麻生 隆【反原発反TPP】 ‏@takashi_aso 7月14日
投票用紙に鉛筆で記入すると、ム◯◯の機械が勝手に自民党の候補者に書き換える、という噂を私は実はほとんど信用していない。でもね、民主主義を支える最も重要な公文書の記入を鉛筆で、っておかしくね? 他にそんな書類ないでしょ? んなわけで私は油性マジックで投票しようと思うよ。

*****************************転載ここまで。

ここから、私の意見ですが、箇条書きで。

■②投票用紙に鉛筆で記入しなければいけないというルールはない。
について、初めて、ハッキリと知った。
■④の、「公職選挙法37条」・・・
私は、こういう法律そのものを意識したことがなかった。
■選管によると、「鉛筆がもっとも書きやすい」ということだが、
お年寄りや握力の弱い人でも「書きやすい」かどうか、正確には不明なのでは?
とも思った。
「書きやすい」というよりも、「管理しやすい」ことは確かだと思う。
鉛筆だったらインクの補充も必要ないし、放っておいても劣化はしなさそう。
しかし、今は筆記具も進化しているので、上を向きながら書けるボールペン、
というのもある。
私が台所で使っているものだが(uni POWER TANK 0.7)、
インクが途切れたり、かすれたりしたことは、一度もない。(私は)
そんなに高価なものではないので(210円くらい)、
導入したらどうかと思う。
(しかし、公的に使用するものだからメーカーとの兼ね合いが難しいか)
(でもそうなら、公的機関の文房具はどこのメーカーとか決まっているのかな)

そして、麻生さんの最後のつぶやき
『:投票用紙に鉛筆で記入すると、ム◯◯の機械が勝手に自民党の候補者に書き換える、という噂を私は実はほとんど信用していない。』
私もです。
あの時間でそこまでできるか、というのもあるし、
期日前投票だとあり得るかもとは思いますが、封もされて厳重だし、そんなことが行われていたら、かなり昔から職員から「こんな不正がある」と内部告発されていそうなのに、それもないから、投票数の操作という噂は信じていません。
(「こんなところから投票済み用紙が出てきて、開票の後で無効になった」
というのは、ニュースで聞いたことがありますが)

私は油性マジック、またはボールペン持参で投票用紙に書くかというと・・・
それは、する勇気がないです・・。
というのは、知っている顔の人が、投票所にいるので・・。
でも、まったく私のことを知らない東京に住んでいるとかだったら、
そうするかもしれません。


コメント
この記事へのコメント
ポールペンで衆院選
昨年暮の衆院選で私は持参したボールペンで記入しました。
不正選挙の疑惑にはいろいろな話がありますね。
最近知ったのは、100とか500とか束ねたら、候補者名とバーコードが書かれたラベルを付けて、そのバーコードを読み取るのだが、
バーコードは見ても候補者名と一致しているかどうか確認できないという話。

期日前投票箱やその中味がすり替えられるとか鉛筆なので書き換え可能とかの話。

印刷された投票用紙の総枚数と終了後に残ったもの、書き損じを含めた総枚数の一致確認がどのように行なわれるかは知りたいです。

つまるところ、読み取り機などシステムの構成とか投票~開票の管理方法とか、そういう説明記事は選挙管理委員会のページで誰でも確認できるようにしておくことでしょう。
そんな簡単なことが出来ていないので、裏を探られるのですね。
2013/07/18(木) 22:22:05 | URL | ictkofu #ZqkGuUow[ 編集]
Re: ポールペンで衆院選
☆ictkofuさん、こんばんは。v-353
いつもコメントありがとうございます。

> 昨年暮の衆院選で私は持参したボールペンで記入しました。

そうだったのですか。
ツイッターで知って、私も、と思いましたが、勇気がなかったです。
でも、ボールペンで、という人が増えていけば、
一般的になるかなぁ・・。
「いつも使っていて、これじゃないと手の筋肉が・・」
というような言い訳でもいいかな・・なんて考えました。

> 期日前投票箱やその中味がすり替えられるとか鉛筆なので書き換え可能とかの話。

日本で不正選挙などありえない、と、最初から信じ切るのも、
よくないかもしれないですねぇ。

> 印刷された投票用紙の総枚数と終了後に残ったもの、書き損じを含めた総枚数の一致確認がどのように行なわれるかは知りたいです。

そういのは、知らされていないというか・・公表されていないのですね。。
私も、知りたいです。

> つまるところ、読み取り機などシステムの構成とか投票~開票の管理方法とか、そういう説明記事は選挙管理委員会のページで誰でも確認できるようにしておくことでしょう。
> そんな簡単なことが出来ていないので、裏を探られるのですね。

https://twitter.com/asobinokuni/status/358971198924808192

「ムサシ」というのは、上にリンクした、この機械らしいですが、
確かに、「ショボい」・・。
私はもっと、スーパーコンピューターのようなものを想像していました。
(それはちょっと想像し過ぎだったかな)

麻生さんのつぶやきを引用させてもらって考えたのは、
私は選挙制度を知らな過ぎる、ということでした。
今さら、「学校で教えてくれなかった」などと言ってもしょうがない。
ざっとでもいい、何か本で勉強しなくては、と思いました。

ictkofuさん、ありがとうございます!
2013/07/22(月) 23:57:06 | URL | ゆうこ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック