家事専業。犬と猫が好きです。(・∀・)ノ ツイッターアカウントは、画面の下の方です。
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


紙の本か、電子書籍か。紙の辞書か、電子辞書か。
2013年07月15日 (月) | 編集 |
こんにちは。
先週、我が家の辺りでは火曜日から金曜日まで、おおよそ38~39度でした。
なので、土曜日に31度くらいになった時は涼しく、
昨日は家の裏の温度計で34度でしたが、やはり涼しく感じられました。
今現在(PM12:50)、ウェザーニュースの実況天気で甲府の気温は34度です。

-----------------------

そして、今日のブログ記事の本題です。

最近、新聞の記事を読んでいたら(朝日新聞の「声」欄だったか、その辺りの記憶が曖昧ですが)、「例えば国語辞典なら電子辞書ではなく、紙の辞書の方が、良いのではないか」(子どもの教育現場に電子辞書を導入するにあたり、だったような気もします)
というような主旨の文章がありました。
その理由は、「電子辞書というのは、画面をスクロールして初めて、文章を最後まで見ることができる。それに比べ、紙の辞書は一瞬で全体を見渡せる。」(私の頭の中の記憶の断片なので、正確さには欠けますが、そのような内容)、ということでした。

「それ、分かるなぁ」と思いました。
私はツイッターをしていますが、ツイッターは携帯(スマホではないので4×5cmの画面)で見るのは、やや時間がかかります。
ちょっとだけ大まかに意味を知りたい言葉などがあった時、携帯やパソコンでは(特にパソコンでは)立ち上げなくてはなりません。(PCが動いている時はそっちの方が早いかも、ですが)
それに比べて、国語辞典があると、20秒はかからずに、その言葉に行き着きます。
紙だから早いです。
今ちょっと、「齟齬」(そご)という言葉を国語辞書で引きましたが、
18秒で見られました。スクロールもしないので、早いです。


次に、(辞書ではなく)普通の書籍の場合。例えば、小説やノンフィクション、エッセーなど。
どんな分野の文章もそうですが、これはもう、個人の好き嫌いも出てくると思いますが、私は電子書籍を手にしたことはないですが、紙媒体の方が読みやすいのではないか、と思っています。
多分、(画面が目に優しく、見易いそうですが)電子書籍は買わない・・ですね。

PCでネットサイトを見る場合もそうですが、スクロールしなければ最後まで分からない、というのが、使いづらいところかなぁ。
紙の本は、ザーッと時間をかけずに斜め読み、ということもすぐできます。
それが、いいと思います。

ただ、移動することが多い人にとっては、スマホや電子書籍で文書を読んだりするのはとても便利で、そういう場面では、紙よりも優れている場合があるのではないでしょうか。



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック