家事専業。犬と猫が好きです。(・∀・)ノ ツイッターアカウントは、画面の下の方です。
  • 04«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »06
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


日本維新の会山梨県総支部・小沢鋭仁会長は、今。 もう過去の人になってしまいました。
2013年06月13日 (木) | 編集 |
P1010541_convert_20130613191115.jpg

クリックすると大きくなります。

すみません、文章を書いていないです。まだ途中です。

追記、14日(金)です。

小沢鋭仁さんは、山梨の選挙区の人です。
私は、小沢さんが日本新党の時から投票してきました。
「だまされた」とは言いたくない。
しかし私は、小沢鋭仁氏の政策について、よく知ってから投票していただろうか?
最近、「日本はひどくなっていく」と感じています。
今さら反省?と、今から有権者になる人に言われても仕方がないのですが、
投票には「とにかく」行くべき、という、一部「鉄板的」な私の考えも間違っていたのではないか・・・そんなことを思っています。

小沢鋭仁氏について、
これは一番、もうダメだと思ったのは、民主党を抜けて日本維新の会に入った時もがっかりしましたが、それ以上に、維新の会の共同代表・橋下徹氏の、従軍慰安婦についての発言に対し、
異議を申し立てたり、批判しなかったことです。
それどころか、橋下発言を擁護しています。

6月13日付朝日新聞・山梨版より、一部転載、ここから。--------

------橋下徹共同代表の従軍慰安婦をめぐる発言で逆風を受けています。

 現状では、誤解を受けての反応が国内的にも国際的にも大きい。今は逆風だが、絶対に潮目は変わる。あの当時、世界中が同じことをやっていたのに日本だけが不当に侮辱を受けているのはおかしい、政治家はなぜ言わないんだというのが橋下発言で、日本を守る正当なナショナリズムだ。全体像が伝わっていない。

----------------------転載ここまで。


参照:リンク先の、秋原葉月さんのブログをご覧下さい。
戦時中の従軍慰安婦制度に関して、資料をたくさん集めていらっしゃいます。
日本軍性奴隷(従軍慰安婦)について参考資料をメモ(2012.01.21 ( Sat )



コメント
この記事へのコメント
既得権益の集団と認識していたのか
最近はネットでも単純ニュース以外は新聞を読まないので、朝日新聞の記事は参考になりました。
小沢鋭仁氏の認識によると参院選後は、自民+維新+公明 vs 民主+みんな+共産+社民 の二極分化だそうですが、あえて生活の党(国民の生活が第一)を無視しているようです。
統治構造の改革は既得権益の集団である民主党が絶対受入れられないと言われたようですが、これはその既得権益集団にどっぷり漬かってきた方の言葉なんですね。

長くなるのでコメントはここまでにしておきます。
2013/06/19(水) 00:09:45 | URL | ictkofu #ZqkGuUow[ 編集]
Re: 既得権益の集団と認識していたのか
☆ictkofuさん、コメントのお返事が遅くなりました。すみません。

> 小沢鋭仁氏の認識によると参院選後は、自民+維新+公明 vs 民主+みんな+共産+社民 の二極分化だそうですが、あえて生活の党(国民の生活が第一)を無視しているようです。

> 統治構造の改革は既得権益の集団である民主党が絶対受入れられないと言われたようですが、これはその既得権益集団にどっぷり漬かってきた方の言葉なんですね。

まったく、おっしゃる通りだと私も思います。

そして、さかのぼって。

小沢一郎氏が民主党から抜けた時に、小沢鋭仁氏も一緒についていくのかと思っていました。
もちろん小沢一郎氏に全く問題がないというわけではないですが、
維新とはあまりにも違うと思っていたので。。
まさか、小沢鋭仁氏が維新に行くとは。
そう思っていた私が勉強不足だったのか・・・。

いずれにしろ、もう、参院選まで1ヶ月を切りました。

いつも、ありがとうございます!
2013/06/28(金) 18:32:21 | URL | ゆうこ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック