家事専業。犬と猫が好きです。(・∀・)ノ ツイッターアカウントは、画面の下の方です。
  • 06«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »08
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


太陽光発電は,自家発電自家消費が望ましいのではないか。
2013年04月26日 (金) | 編集 |
こんばんは。今日は、山梨県の電力発電の話題です。

電力地産地消、民間も支援 異業種で会社設立し太陽光発電 - 山梨日日新聞 みるじゃん
より、転載。ここから。=========================

2013年04月23日(火)

山梨県内の測量や環境分析会社など民間異業種が株式会社「県クリーンエネルギー推進機構」(中央市山之神)を設立し、公共施設などの屋根を借りた太陽光発電事業に乗り出した。推進機構が屋根を賃借した上で、発電と売電を担う。

 太陽光発電に県外資本の大手企業の参入が相次ぐ中、太陽光パネルの設置や保守業務を全て地元業者に発注し、経済効果を地域に還元する事業スキーム(枠組み)を構築する。将来的にファンドを設けて市民や企業から出資を募り、“県民総出”でクリーンエネルギーを普及。民の立場から、県が目指すエネルギーの「地産地消」を後押しする。〈青柳秀弥〉

=============================転載ここまで。


太陽光発電はいいなと思ったのですが、
私が山梨日日新聞の紙面を読んでいて気になったのは、ここからです。


4月23日付山日新聞一面より、一部転載。ここから。--------------------------

推進機構によると、発電した電力は推進機構が電力会社に全量を売る。固定買い取り制度による本年度の事業用(出力10キロワット以上)買い取り価格(1キロワット時あたり消費税込み37.8円)で計算すると、10~12年で初期費用が回収できる。買い取り期間20年を過ぎれば設備を貸し手に無償譲渡するか、不要の場合は推進機構が撤去する。

 屋根貸しによる太陽光発電事業は既に県内でも広がり始めている。ただほとんどは県外資本の大手企業が手掛けていて、「エネルギー産業に関して県外にお金が流れ、県内で収益や雇用の恩恵が受けられていない」(推進機構)という。

--------------------転載ここまで。(太字の部分は私による)

太陽光発電事業を大手で手掛けていて、県内ではあまり恩恵がない、
というのもな~と思いますが、
それより何より、
なぜ、太陽光で発電した電力を、全量を電力会社に売ってしまうのか?
ということが、疑問です。

さらに紙面によると、
「貸す側(公共施設)は、推進機構と賃貸契約を結んで賃貸料を受け取るだけで一切費用はかからない。推進機構が太陽パネル設置や点検・保守の費用のほか、固定資産税も負担する」
ということですが、
初期投資費用回収に10~12年もかかっているのですよね。
また、ちょっとネットで調べてみただけですが、ソーラーパネルの耐用年数は9~20年と幅広いですが、だとすると、10年の場合もあるということです。初期投資回収する前に寿命が来るかも・・

異業種で集まっている会社なので、出来た電力を一旦売るのか、ということなのかな。

それよりも、発電した電力を、その施設で直に使う方が、
売電する手間もなくて済むのではないでしょうか。
晴れている日中に発電してそのまま使う、ということなら、なおさら。

テレビ報道などで以前に見たことがありますが、家庭で「余った分を電力会社に売る」
ということはありました。
そのようには、できないものでしょうか。
(または、
技術的には分からないのですが、家庭で太陽光発電を蓄電することはできないのかな)

電力会社に一旦売って、電力会社はそこからまた売電、ということになり、
無駄なのではないか、と、感じるのです。
上の山日新聞に書いてある「電力会社」とは、どう考えても、東電です。
わざわざ太陽光発電の電力を東電に売る、ということは、東電に売る利点が何かあるから売る、という風にも、考えてしまいます。



コメント
この記事へのコメント
太陽光発電の売電価格
「売電価格」はキーワードかと思っています。
私は太陽光発電を導入できる環境には無いのですが、東京電力が買取った分の幾分かを毎月支払う電気料金の中で負担させられていることは知っています。
http://www.itmedia.co.jp/smartjapan/articles/1304/23/news020.html
「太陽光と組み合わせて38円で売電できる蓄電池、容量は14.4kWh」 2013年04月23日
itmedia のこのカテゴリーはいろいろ参考になる記事が多いようです。

山梨県でも太陽光発電を普及させようという動きが活発ですが、電力エネルギーのインフラはどうあるべきかという問題が未解決でしょう、発送電分離の件です。
いつも部分最適化で済ませてしまう人々を私は信頼する気にはなりません。
2013/04/27(土) 02:15:24 | URL | ictkofu #ZqkGuUow[ 編集]
Re: 太陽光発電の売電価格
☆ictkofuさん、コメントありがとうございます!

> 私は太陽光発電を導入できる環境には無いのですが、東京電力が買取った分の幾分かを毎月支払う電気料金の中で負担させられていることは知っています。

そうなのですか!
探しました。
http://www.tepco.co.jp/e-rates/individual/shin-ene/taiyoukou/fukakin-j.html
ここですね。
『太陽光発電設備で作られた電気のうち、余剰電力(自家消費分を差し引いた余りの電気)を法令で定める条件により電力会社が買い取り※2、その買取費用を「太陽光発電促進付加金」として電気をお使いになる全てのお客さまにご負担いただいております。』
電気をお使いになる全てのお客様、となっていますね・・。
私は、今知りましたよ・・。ictkofuさん、ありがとうございます。

> http://www.itmedia.co.jp/smartjapan/articles/1304/23/news020.html
> 「太陽光と組み合わせて38円で売電できる蓄電池、容量は14.4kWh」 2013年04月23日
> itmedia のこのカテゴリーはいろいろ参考になる記事が多いようです。

そうですね。さっそく、ブックマークに入れました。
それにしても、家庭用蓄電池、かなりの値段ですね。
これはちょっと、手が出ない・・。
ちょっとした車が新車で2台は買えますね・・。

> 山梨県でも太陽光発電を普及させようという動きが活発ですが、電力エネルギーのインフラはどうあるべきかという問題が未解決でしょう、発送電分離の件です。
> いつも部分最適化で済ませてしまう人々を私は信頼する気にはなりません。

この間は、こんなニュースがツイッターで流れてきました。

<blockquote class="twitter-tweet" lang="ja"><p>早野組関連会社、メガソーラー完成発電開始、新事業に甲府市中畑町 - 山梨日日新聞 <a href="http://t.co/OAdgikEgjQ" title="http://j.mp/14UKue4">j.mp/14UKue4</a> <a href="https://twitter.com/search/%23山梨のこと">#山梨のこと</a></p>— ꒰๑´•.̫ • `๑꒱ 甲府市のことさん (@kf_city) <a href="https://twitter.com/kf_city/status/327700463883542528">2013年4月26日</a></blockquote>
<script async src="//platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script>

この後にも、どこだったか、参入する会社があったような気がします。

そうですよね・・発送電分離。その問題は先送りのまま、
「太陽光」のビジネス部分だけが先行しすぎなような気がします。

ictkofuさん、情報をありがとうございます!
2013/04/29(月) 15:20:39 | URL | ゆうこ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック