家事専業。犬と猫が好きです。(・∀・)ノ ツイッターアカウントは、画面の下の方です。
  • 02«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »03
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


福島のNPO法人「オンザロード福島」の除染ボランティアについて
2012年11月30日 (金) | 編集 |


http://twitter.com/takashi_aso)さん(このブログのリンク先の緑虫さん)、
事後報告ですが、紹介させていただきました。
ツイート見ていてよかったです。)

それで、
これは11月22日のツイートですが、リンクされてあるHPを読んで、私は愕然としました。
福島県内の除染について、です。
このHPの最後に、「オンザロード福島事務局」とあります。
こちら→ON THE ROAD 福島
この活動の中での、除染ボランティアということだと思います。

読者の皆さん、ぜひ、このサイトを見ていただきたいです。
----放射線と除染について (除染情報プラザ)----

まず、ツイートでasoさんが指摘している通り、福島の放射能に高く汚染されている地域に人が住んでいることそのものが住民の健康を害している、と思うので、私は懸念します。特に、子どもの健康。

そして、「除染情報プラザ」のHPの中でも、「これはひどいんじゃないか」、
と思った部分を抜粋します。

(上から5項目目の、)
■ 今回のボランティア参加者への放射線の影響について

----オンザロードでは、作業開始前に専門業者と線量測定をし、その上で作業場所の選定を行います。こちらで各所の線量を把握をし、作業可能という判断を行った上で、ボランティアの方々への作業場所として割り振ります。----
・・・・
----毎日、線量を提示した作業場所をボランティアの方々へ御提案しますので、参加者は事前測定結果を聞いた後、自らの意思・判断の元、作業場所を決め、作業に入ることが可能です。(作業内容に関してはこちらで決めさせて頂きます)
オンザロードが作業を強制して与えることはありません。
さらに、防護服は全員分手配しています。----


ここまでは、ボランティア希望者への説明としてはまだ分かるのですが、
(しかし、対象の福島市大波地区は高汚染地域。
福島市大波地区のコメから基準超セシウム : J-CASTニュース(2011/11/17 ))
私が、「ええっ?」と思ったのは、下の部分。

防護服の着用は個人の自由ですが、防護服を着用して作業を行うということは、住民に不安や威圧感を与えてしまうということを十分に理解した上、判断して下さい。大波地区の住民は作業場所内にも防護服なしで住んでいるということを忘れないで下さい。

ボランティアだから、参加する・しないというのは自由で、「ボランティアに参加すること」そのものはとてもよいことだと私は思います。

けれども、私は「除染ボランティア」には賛成できません。

なぜなら、内部被曝をして健康被害を被った場合、何の補償もないからです。
除染をしても、効果があるどころか線量が上がってしまったという他地域もあります。
それについては、また続きを書きます。

上の文章の、青色の太字部分。この言い方はまるで「脅し」とも受け取れます。

オブラートで包んだような言い方で、ホームページで放射性物質について説明し、
ボランティアに参加したいと思う人を「危険なんてことありませんよ」と誘導し、
それでいながら、
除染することの本当の危険を知っている人に対しては、
「そういう人は来なくていいから」、と、使い分けているという感じがします。

矛盾しています。

住んでいる人はどうするのか。



コメント
この記事へのコメント
できる事から
リンク先のNPO法人さんのHP、拝見しました。
被災地復興に向けて、様々な活動をしているようですね。

ただ、除染についてはわからない事があります。
放射線の防護に関しては、厳格な作業管理が必要なので、相応の技術が蓄積された専門業者さんではない(と思われる)このNPOさんや一般の人のボランティアで対応できるのか、或いはどう対応するのかが不明です。

純粋に被災地復興を願って……という気持ちからだとしても、少々勇み足のような印象です。「ボランティアとして自分の意思でやるのだから」という事はありますが、高度の専門知識・技術を要する事柄なので、一般の人間=素人のボランティアの範疇を超えているような気がします。

リスクは自己責任とはいえ、やはり無用なトラブルや事故が起こるのは、ボランティアをする側にもよろしくないし、被災地の方々にも悲しい思いをさせる事になると思います。
規模や効果は小さくとも、まずは自分たちのできる事を一生懸命やるという、基本からしっかり取り組んでいく事が肝要かと思います。
2012/12/01(土) 14:25:46 | URL | KEPCO #-[ 編集]
Re: できる事から
☆KEPCOさん☆

本当にそうですね。。「できる事から」。

> ただ、除染についてはわからない事があります。

福島県の除染といっても、広大な面積ですよね。
それにスギ花粉がかなり飛ぶことを考えると、放射性物質を「混ぜ返している」、
その作業の間に吸い込んだり衣服に着いて被曝してしまう・・・
どう考えてもやめるべきなのですが、
原発事故後、住民を福島から退避させるという選択を政府がしなかったので、
どうにもならないし、かといって、福島に住み続ける人のことを責められないし、
まさに、「できる事から」しか、ないですよね・・。

> 高度の専門知識・技術を要する事柄なので、一般の人間=素人のボランティアの範疇を超えているような気がします。

私もそう感じるのですが、こういう言い方しかできないのですが、
福島から出たくない(もしも自分の住む土地が汚染されたら、私もそう感じるかも)、
様々な事情で移住できない場合、こうするしかないのだろうか・・・と思うものの、
人体に与える悪影響を考えると、福島の人の健康はとても心配です。

> リスクは自己責任とはいえ、やはり無用なトラブルや事故が起こるのは、ボランティアをする側にもよろしくないし、被災地の方々にも悲しい思いをさせる事になると思います。

ボランティアをしに行って被曝するということ自体、私は絶句しますね・・。
放射線・放射性物質・放射能について知識を持っていないと、
「ボランティアをする」ということにのみ意識がいってしまい、
被曝対策がおろそかにならないか、こんなところで心配していてもしょうがないのですが、
心配です。

> 規模や効果は小さくとも、まずは自分たちのできる事を一生懸命やるという、基本からしっかり取り組んでいく事が肝要かと思います。

東京葛飾区の水元公園という場所があるのですが、私のツイッターのフォロワーさんが近くに住んでいて、「ホットスポットになっていたので除染作業をしていた」とのつぶやきが。
でも、除染した後の土や放射性廃棄物はその時点では不明ということでしたが、
そういう場所が、福島以外でもあちこちにあります。
ごく限られた場所で、有効な方法ならまだいいのでしょうが、
広大な面積はどうかな・・と思ってしまいます。

除染については、また取り上げようと思います。
KEPCOさん、ありがとうございます!
2012/12/18(火) 22:49:58 | URL | ゆうこ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック