家事専業。犬と猫が好きです。(・∀・)ノ ツイッターアカウントは、画面の下の方です。
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


アンゴラの地雷と、山梨日立建機社長・雨宮清さん
2008年06月03日 (火) | 編集 |
5月31日(土)の朝日新聞be1面の「フロントランナー」に、山梨日立建機の社長である雨宮清さんが紹介されていた。
[山梨の町工場のオヤジが、世界の地雷と闘っている。経験ゼロから奮起一番、
たたき上げの技で悪魔の兵器と渡り合う。
反感にも、爆風にも、戦禍にもめげず、地雷除去を手がけて15年。
今度の舞台はアフリカだ。]


私がテレビで地雷を除去しているのを見たのは、ダイアナ妃が透明なガードする物を被って、
地雷除去の現場に足を踏み入れているのを報道された時が、初めてだったと思う。

手作業?・・・でも、よく考えれば、そうするしかないのか・・。
この除去作業でも爆発したりして、人が死んでいるんだろうな・・。
それに、このペースだと、焼け石に水という感じがしてしまう・・
造って地雷を置く数は、ものすごい量なのかな。
----------
アンゴラは、「世界で最も地雷に汚染された国で、国土の3分の1にあたる面積が地雷原。日本全土より広い」のだそうだ。

雨宮さんは「内戦終結を待って訪ねた。電線を守るために地雷が道路に埋められ、往来が寸断されている。」
・・・・・。「投票すらいけないという状況」なのだそうだ。
==========
そもそも、なぜ地雷除去機を作ったか
「94年、仕事のついでに足を延ばしたカンボジアで、幼女をおぶった老婆に出会いました。
右ひざから先がなく松葉杖をつき、焼けただれたほおをスカーフで隠していた。
地雷で家族はみな亡くなったそうです。
『カンボジアを助けて』と訴えられ、耳から消えなくて。」
----------
「●カナダ製の機械がすでにあったが、カンボジアは低木が多く、すぐ使えないとわかった。
 現地で本当に役立つ機械を、と開発に踏み切った。
手作業が一番だと言う人もいるが
 80ヵ国以上に1億個を越える地雷が埋められている。手作業は危険だし、いつまでも終わらない。
機械の押し付けにならないよう、現地の人と同じテントに寝て、メシを食い、
何が必要か聞いてきました。

●アフガニスタンは砂漠に見えてもガチガチの岩盤。場所ごとに機会は開発し直す。
 欧米製の機械は半分は動かなくなっているけど、うちは1号機からすべて現役だ。
==========
「●アンゴラでは30年近く続いた内戦が終わって間もないから、ほとんどの地雷が生きている。
 ワイヤで引っ掛ける悪質な仕掛け地雷が多い。
 大型の機械は比較的入りやすいが、岩がちで処理が難しい。まだ課題は山積みだ。でも、
 若者たちは明るくて勤勉、母国を良くしようと一生懸命。手応えはある。」
----------
日立のCMで、昔ここは地雷原だったんです・・・でも、地雷除去機によって、人が入れるようになりました・・・というようなCMを見たことがある。
以前は荒涼とした所(人が大勢亡くなったであろう)で、子どもたちが遊んでいる。

でも、アフガニスタンでは除去した場所に再び地雷が埋められていたり、集落が崩壊していたり、決して順風満帆に地雷が減る、というわけではないらしい・・そうだよね・・うーん・・

それでもニカラグアからは、「地雷原が果樹園に生まれ変わったと便りが届いた」。
「住民の意見を機体に取り入れて、地雷を爆発させながら土地を耕す」
「強力な磁石を機械につけて、飛散した地雷の破片を吸い集め、耕作に有害な物は残さない」
==========
失敗してもうまくいかなくても、「15歳から機械一筋に生きる誇りが断念を許さない。」
尊敬する武田信玄は「『人は城、人は石垣、人は堀』と言って家臣を重んじ、
生涯城を持たなかった。
私は物づくりに生きる人間だけど、人づくりこそすべてだと思います。」


そうだね人づくり・・。すべてはそこから始まるか。
雨宮さんは年60回ほど、日本の学校などでボランティアで講演をしているそうだ。
「講演先で話を聞くと、子どもたちの心が荒れているのを感じます」ともあった。
----------
余談。なかなか雨宮さんのような歳の取り方ってできるもんじゃないような。
社長、かっこいいわ。

☆コメントちょと待っててくださいね~(・ェ・)☆

コメント
この記事へのコメント
TBSの夢の扉で雨宮さんをみました。
感動でした。
私も身近でやさしくなれた気がしました。
2008/06/04(水) 02:14:16 | URL | コスメナース #-[ 編集]
その心意気、有言実行に脱帽ですね。
確かに、なかなか減らないのが、現実かもしれないけど、そ
の気持ちこそが変えていくのだと思います。

人づくりという精神も、忘れてはならないものですよね。
今の時代だからこそ、なお。

2008/06/04(水) 05:17:44 | URL | ryoko #-[ 編集]
コスメナースさんこんにちは、訪問・コメントありがとうございます♪嬉しいです♪
そうですか、TBSの番組で放送されていたのですね。ちょっと後で調べてみようかな・・。
機械での地雷除去には、未だにいろいろ批判があるようですが、でも現地の人の意見を聞いて、
というのが素晴らしいと思いました。

ryokoさん、ありがとうございます♪
「有言実行」、ですよね。なかなかできることではないと思います。
どうせ地雷を取り除いても、すぐにまた置かれてしまう・・
もしかしたら現地の人はそう思う人がいるかもしれない。あきらめにも似た気持ち。
そこに敢えて入っていくという人がいるのが、嬉しいです。(しかも山梨県人)

今、派遣社員を増やして人件費を減らして、少しでも他を抜こうとする大企業も多いと思いますが、
それだと人も育たないし、かえってマイナスかなぁ・・などと考えます。
2008/06/04(水) 15:02:07 | URL | OK #-[ 編集]
私の田舎でも、派遣社員が多いようで、義父も
嘆いています。
人が育たないし、頑張っている派遣社員を社員にすべきだって。
人があってこそ、会社が成り立つはずなんですけどねぇ。
2008/06/05(木) 00:50:17 | URL | ryoko #-[ 編集]
ryokoさんこんにちは、ありがとうございます♪
そうですか・・。やはり全国的なのかな。

派遣社員でなくても、ダンナの会社は下請けのそのまた下請け、という感じなのですが、
とても給料が安いです。(もちろんダンナのせいではないので、仕方の無いことです)
私が若い頃に勤めていた職場より(そこも安い給料でしたが)安いので、
若い人は入ってもやる気のある人はどんどん辞めていってしまいます。
日本がどうなってしまうのか、心配です・・。
2008/06/05(木) 17:17:11 | URL | OK #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック