家事専業。犬と猫が好きです。(・∀・)ノ ツイッターアカウントは、画面の下の方です。
  • 04«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »06
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


自動車取得税から見えるTPP
2012年11月20日 (火) | 編集 |
TPPとは、(英語: Trans-Pacific Partnership)「環太平洋戦略的経済連携協定」のことです。(wikipediaより。)

私はツイッターをしていますが、この前、「(日本が)TPPに参加すると、日本は世界の核置き場になってしまう」というような文章が流れてきました。

この危機的状況という面では、頭の中では大体イメージとして湧いてくるものの、
「風が吹けば桶屋が儲かる」式で、いまひとつ分かりません。

それで、ちょっと話が逸れつつあちこちにいきながらの文章になりますが、
書いていこうと思います。

------------

2012年11月14日の山梨日日新聞・3面(総合面)に、
自動車取得税 13年度の軽減検討民主 税制面で景気下支え
という記事がありました。
「自動車取得税」は自動車を購入した時に払う税金ですが、記事によると「(民主党税制調査会は)13年度に自動車取得税で軽減を実施したうえ、14年度に完全廃止するよう政府に求める方向で検討を始めた」とあります。

これのどこが問題かというと、12年度当初予算ベースの税収は2068億円(山日の記事より)ということで、これが地方の財源にもなってるらしいのです。全国知事会は、「『地方の重要な財源であり、堅持が必要』と強く反発している」(山日記事より)そうです。

下にリンクしましたが、これは重要です。
一般社団法人 日本自動車工業会 自動車関係諸税
を見てもらえると分かりますが、車にはものすごい税金がかかっています。
<資料>とありますが、これだけを見ても難しく、理解には難しいです。
表1:2012(平成24)年度自動車関連税収と税率というのがありますが、
さっきの数字・・・2068億円が出ています。
これが、地方に直接入るお金ということですが・・・・ちょっと待った。
その下の、「燃料課税」の『揮発油税』・2兆6110億円」??
ガソリンを入れる時にかかり、上の表は新車購入時、または車検時にかかる税ということだと思います。
それにしても、額が多いですね。日本のガソリンは高すぎるということがこれで納得できます。

---------------------

すみません、ちょっとTPPからは遠ざかってしまいましたが、
要するに、自動車取得税やその他の税金がかかると、買う方とすると、「こんなに高いんじゃあ買い替えなんてやめよう」などとなるわけで、自動車業界にとってはとても都合が悪く、地方からすると税収が減るので困ります。
しかし私のようなユーザーからすると、自動車取得税を撤廃するのは大歓迎です。それに、ガソリンにかかる税も何とかしてほしいです。重量税も、高すぎます。二年に一度の車検に備えて、計画的に「車検貯金」をしておかないと、とても払えない額です。

ただちょっと、私の意見としては、直接地方の税収になる自動車取得税から手をつけるよりも、もっとガソリンを安くしたり、その他ワケの分からない高い税を何とかしてほしい。
まさか、お政府様、ガソリンは一度に何十万ではないから、国民は気がつかんでしょう、と?
国民のみなさん、もっとこういうことを知らないといけない、と私は思いました。

--------------

そして、TPPです。(やっと)

前の内容とのつながりが分かりにくいかもしれないですが、ご容赦を。

要するに、自動車業界は、最近中国や韓国が台頭してきて(インドも)、自分たちの会社の生き残りに危機感を持っていると思います。
で、昭和30~40年代の高度経済成長と一括りにはできないでしょうが、トヨタだとか日産や経団連の米倉会長などは「日本経済の危機だ!」とかなんとか、もっともらしいことを言っていますが、
今は多分、自動車製造会社の月給はおおよそ20万円くらいでしょうか。(もう少し高いかもしれないが)
TPPに参加したら、今の月給の水準を保てるのか、今よりもさらに工場を海外に移して人件費を削り国際的に競争力を高めるという名の下、「いいように使われる」状態になってしまわないか。
そして、働くところは海外の人件費安いところに持っていかれ(製造業)、消費税は上がりTPPによって国民皆保険は崩れ人心も荒れ、・・・そうなると狙われるのは、日本の土地そのものです。
原発事故によりもう相当汚染されている土地、産業も不毛な土地・・
核置き場として海外から狙われます。

まさに、この文章の最初の
「(日本が)TPPに参加すると、日本は世界の核置き場になってしまう」
という状態・・・。

今生きている威勢のいい政治家たちは、その頃にはもうとっくに死んでいるでしょう。

無関心、じゃなく、一つ一つでも勉強しなくては、と思う私です。

すみません、ものすごく悲観的になりました。

けれど、希望もあると思います。

重厚長大な産業に頼るという時代は終わり、みんなで支えあうという、
医療や介護が重要になってきます。
希望はある、と私は思います。


(長文で同じような言い回しが多くすみません。
読んでくださった方、ありがとうございます。)


コメント
この記事へのコメント
Tax on Tax
昔書いた記事ですが、その頃もガソリン価格が上がっていた時です、
2008.03.29 蔵出し税と店頭価格の関係
http://ictkofu.blogzine.jp/kofu/2008/03/post_ae31.html
蔵出し税の段階で消費税がTax on Tax(ガソリン税に消費税が上乗せされる)問題があるようなのです。
すなわち、税金に消費税がかかっているということ。

ハチャメチャなシステムが生き延びている裏にはいつも「利権」が想定される、それが日本の実態かと私は考えざるをえません。
(注)私の記事にリンクしたJAFの記事はリンク切れですが、
石油連盟 http://www.paj.gr.jp/
「石油諸税と消費税の二重課税(TAX on TAX)について」 というPDFファイルがアップロードされているのが検索でヒットしました
http://www.paj.gr.jp/from_chairman/data/080918_1_shozei.pdf
2008(H20).9.18 134 KB です。
2012/11/22(木) 04:25:35 | URL | ictkofu #Il.JVJcE[ 編集]
大切な場
TPPについては、はっきり言ってよくわかりません。

経済面の数字だけ考えると、グローバル化の進んだ昨今、特に輸出が生命線である日本は、TPP加入の立ち遅れはそのまま経済の立ち遅れになるとする意見があるようです。
しかし、経済と別の面=品質管理の面では、怪しげなものなども入ってくる恐れもあるので、加入が憚られる印象もあります。

そもそも、TPPがどんなものかとか、そのメリット・デメリット、デメリットへの対策等々明確な情報がないように思えます。
少し前に、このブログを続けようか迷っておられる記事があったようですが、こうした大事な課題を市民レベルで議論(論争ではなく)する場として、こちらのようなブログは私には貴重です。無理はお願いできないけれど、可能な範囲でこれからも続けていっていただけるといいなあと思っています。
2012/11/25(日) 22:09:05 | URL | KEPCO #-[ 編集]
Re: Tax on Tax
☆ictkofuさん、コメントをいつもありがとうございます!

> 2008.03.29 蔵出し税と店頭価格の関係
> http://ictkofu.blogzine.jp/kofu/2008/03/post_ae31.html
> すなわち、税金に消費税がかかっているということ。

そうなんですよね。税金に消費税がかかっているということは、
二重に取られているということですよね。
それを解決しないと、負担は増すばかりになってしまいます。

> ハチャメチャなシステムが生き延びている裏にはいつも「利権」が想定される、それが日本の実態かと私は考えざるをえません。

まったく、その通り、ハチャメチャそのものだと思います。
山梨県では、2008年に道路特定財源から豪華なカラオケ機材を買っていたとか・・。
こちら→2008年3月4日付東京新聞
http://www.tokyo-np.co.jp/hold/2010/douro/news/080304.html

また、私が、「高すぎるのでは?」と思うものは、お酒です。
ビール一缶の値段の内、税金が45%を占めています。
メーカーは頑張って、第3のビールを出したりしましたが、
私は、国のやっていることは「庶民いじめ」「取りやすいところから」
と強く感じます。


> 石油連盟 http://www.paj.gr.jp/
> 「石油諸税と消費税の二重課税(TAX on TAX)について」 というPDFファイルがアップロードされているのが検索でヒットしました
> http://www.paj.gr.jp/from_chairman/data/080918_1_shozei.pdf
> 2008(H20).9.18 134 KB です。

余裕のある時に、見てみます。
ictkofuさん、いつも情報もありがとうございます!
2012/11/26(月) 16:41:38 | URL | ゆうこ #-[ 編集]
Re: 大切な場
☆KEPCOさん、いつもコメントありがとうございます!

> TPPについては、はっきり言ってよくわかりません。

> そもそも、TPPがどんなものかとか、そのメリット・デメリット、デメリットへの対策等々明確な情報がないように思えます。

私も、ブログで一度取り上げたのですが、
http://upishi.blog5.fc2.com/blog-entry-1744.html
もしよかったら、この記事を参考にしていただければ、
と思います。
(すみません、でもやや分かりにくいかも、ですが。。)

あと、今日ですが、ツイッターで見つけた分かりやすい記事を紹介しますね。

【日本を守るのに、右も左もない
悪質なTPP①~すべてが価格競争にさらされ、制度が「参入障壁」として崩され、国家主権が奪われる~】
http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=270724

メリットがあるのは、大企業の重役とか?と、思ってしまいます・・。
「経済のために」とよく言われるのは、「お金を稼ぐ層が、お金を持たない層を助ける」というのが理想的に思われているからなのかもしれないですが、
実際はそうではない事が、特に、[3.11]以降、経済は難しい・・
と思っていた私にも、分かるようになりました。
経済とは、自分自身の生活そのものだったということに、気づきました。

上のリンク記事の、「●国家主権の侵害」という項目に記されていますが、
「ISD(Investor – State Dispute)条項」というのが問題だと思います。

> 少し前に、このブログを続けようか迷っておられる記事があったようですが、こうした大事な課題を市民レベルで議論(論争ではなく)する場として、こちらのようなブログは私には貴重です。無理はお願いできないけれど、可能な範囲でこれからも続けていっていただけるといいなあと思っています。

KEPOCOさん、なんと嬉しいお言葉!

なんとなく、ですね・・。
ブログの内容が「あまりに内向きだろうか・・・」などと考え、・・・
すみません、まとまらず。。

でも、ブログをやめる気はないです!
というか、KEPCOさんからこんな嬉しい言葉を頂き、このブログも存在していていいのだ、
と、昨日いただいたコメントを読み返し、そう思いました。

TPPのことも、分かり易くしたほうがいいかな。
なんていう意欲も湧いてきたり。

KEPCOさん、ブログは続けます。
ありがとうございます!
2012/11/26(月) 18:51:15 | URL | ゆうこ #-[ 編集]
大切な場2
こちらのようなブログの大切さは、実は原発の問題について考えた時に感じました。

私は、脱原発を進めるに当たって色々な課題が懸念されるので、原発反対の方々のブログなどに意見を出したり問合せしたりしました(例えば火力主体にした時の経済的な影響など)。

しかし、多くの場合、「それは推進派の上げ足とりだ」として逆ギレされたり、とにかく原発廃止ありきでスルーされたりで、健全(?)な形で議論ができないできました。

こちらのブログでは、相容れない意見に対してもきちんと耳を傾けてくれる印象で、本当の議論ができると感じました。
ですから、最終的に原発を支持するか否かに拘わらず、色んな問題をしっかり理解でき自分なりの意見を持てると思ったのです。

様々な社会、経済の問題について、ちゃんとした形で議論(論争ではなく)ができる場が増えてほしいと願っています。
2012/11/26(月) 21:58:55 | URL | KEPCO #-[ 編集]
Re: 大切な場2
☆KEPCOさん、コメントの返信が遅れてしまい、申し訳ないです。
ありがとうございます!

> しかし、多くの場合、「それは推進派の上げ足とりだ」として逆ギレされたり、とにかく原発廃止ありきでスルーされたりで、健全(?)な形で議論ができないできました。

KEPCOさんがおっしゃるようなことは、ツイッターでも感じています。
反原発派の中でも、ちょっとでも相手と違うと「もう嫌。」みたいな。

そして、「原発を推進する」という積極的な態度でないにしても、
気になる有名人がいるとします。
例えば、登山家の野口健さんですが、野口さんはハッキリおっしゃっているわけではないですが、場合によっては「原発容認」とも取れる発言もしています。
しかし、140字ではそれを読み取ることなど難しいのに、この前、ですね・・
反原発派の人が野口さんのツイートに対し、
「あなたは政府や東電からお金もらってるんでしょう」
といった突っ込みをしていたのです。
私は、そういう話しかけ方ってないんじゃないかな・・・と思いました。

野口さんは「とても有意義な返信どうも。」と、少し怒っているようでした。
当然ですよね、そんな風に言われれば。
それを、野口さんのたくさんのフォロワーが見ているわけです。
だから、反原発派も推進派もどっちもそうですが、
人の意見によく耳を傾けた方がいい、と思います。


KEPCOさん、返信長くなってしまいました。
うれしいです。ありがとうございます。
休み休み、更新していきたいです。U´・ー・`U
2012/12/06(木) 18:50:30 | URL | ゆうこ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック