家事専業。犬と猫が好きです。(・∀・)ノ ツイッターアカウントは、画面の下の方です。
  • 08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »10
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


原発廃材がフライパンになるとはどういうことか。
2012年10月18日 (木) | 編集 |
きのうの夜だったと思います。ツイッターで知った情報で、
びっくりです。




参照:「安全な食ものネットワーク Alter[オルター]」
http://alter.gr.jp/Preview.aspx?id=3013&cls= …
  ↓問題点が詳しく載っています。
放射性廃棄物スソ切り問題連絡会
昨年の12月施行ですから、もう10ヶ月が経っています。


「スソ切り」は、福島原発事故以前からありました。
(2005年から。「クリアランス制度」)
放射性廃棄物スソきり処分の現状と問題点 (原子力資料情報室通信2010年12月号掲載記事)

上記リンクより、一部転載。ここから。
-------------------------
廃炉スソ切りの実施状況

廃炉解体が進められている日本原電の東海原発で、2007年からスソきり処分が実施されている。2010年10月末段階で約130トンの原発廃材からブロック616個、ベンチ28脚、テーブル10台、遮へい体79体などが鋳造され、電力会社などで再利用されている。

スソきり処分したものは放射性廃棄物ではないとされ、法的には何に再利用しようが自由で、表示の義務付けもない。しかし、法案の国会審議で電気事業連合会は、「制度が定着するまでの間、事業者が自主的に搬出ルートを把握し、業界内で再生利用」すると約束したため、再利用先が限られている。

とはいえ各地のPR館に設置されたベンチなどは、一般人も座ることができ、業界内利用と言えるのか疑問である。

------------------------------------転載ここまで。

電力会社の中とはいえ、ベンチやテーブルなど、人間が直接使う物に、
原発から出た廃棄物が使用されています。
しかしこの段階(2010年12月)では、
電気事業連合会の国会での約束は「制度が 定着するまでの間」という条件付きである。そこで法的には制度化されたが、社会的に定着させなければ、原発廃材がフライパンになることはない。
とありますが、昨年5月に法律改正がされ、12月には施行され、
現在は、そうではなくなっています。

参照:YouTube 2010年3月8日 「原発廃材でフライパン?」
この動画は分かりやすい説明だと思いました。


問題は、「クリアランス制度」のようです。
少し難しく、私にはうまく説明できないので、分かりやすくまとめてあるサイトを紹介。

ブログ:【ざまぁみやがれい!】2011年08月07日「小出裕章氏言及『クリアランス制度』で電力会社ウハウハ!汚染ゴミ拡散&廃炉費用負担90%カット!」

上記リンクより、一部転載。ここから。
====================================

クリアランス制度

運転中・解体中に発生する廃棄物の中には、安全上「放射性物質として扱う必要のないもの」も含まれていました。これらのものについては、放射能を測定し安全であることを確認し、国のチェックを受けた後、再利用できるものはリサイクルし、できないものは産業廃棄物として処分することとしています。この制度がクリアランス制度です。

クリアランス制度に基づき、放射性物質として扱う必要の区分をする放射能レベルを、「クリアランスレベル」といいます。

クリアランスレベルは、さまざまな事例を想定した計算結果から、金属やコンクリートが、どのように再利用されても、また廃棄物として埋め立てられたとして も、それらに起因する放射線からの人体への影響は無視できるレベルとして、それに起因する身体への影響が1年間あたり0.01ミリシーベルト以下としてい ます。また、この値は自然界からうける影響の200分の1以下であり、国際的に認められています。

(※「(引用元:クリアランス制度 - 原子力発電所の廃止措置 | 電気事業連合会【でんきの情報広場】」とあります。)

============================転載ここまで。


日常生活品のあらゆるものに、低濃度(これは、自分でもよく資料を見てみないと「どのくらいか」というのが把握できない)の放射性物質が練りこまれてしまうということなので、
深刻だと思いますが、とはいえ、こうなるともう、何をどうしたらいいのか、
分からないという気もしてきます。
鍋を新しく購入する時に、売り場にガイガーカウンター持って行けばいいのかどうか。



あともう一つ、詳しく読んでいないのですが、
ツイッターで気になってログを取っておいたので、リンクを。

低気温のエクスタシーbyはなゆー: 文科省「放射能で汚染された土壌や廃棄物は放射線障害防止法の対象外」

==========================

追記:
私は2週間くらい前にテレビのニュース番組で見たのですが、韓国でも原発廃材をリサイクルして材料として建築物などに使っていて、「道路から空間放射線量0.3μSv/h以上が検出され、問題となっている」と伝えていました。
問題の道路の近所の住民は、「放射能が検出されるなんて知っていたら、ここには住まなかったよ」・・・(正確ではないですが)こんなようなことを記者に話していました。



コメント
この記事へのコメント
やっぱり原発即時廃止ですね
いやぁ、全く知りませんでした。
山梨県で下水汚泥の放射能汚染がでたときに、汚泥がセメントの原料として売られていることを知りました。その後の状況は調べていないので知りません。
その拡大バージョンがクリアランスという事でしょうね。

これは、原発は事故が怖いのでは無く、メンテナンスされながら存在していること自体が社会毒だということです。

猶予期間がある脱原発じゃなくて、即時全面廃止、その時にも廃材処分の実態に国民は注意するということしか無いです。
2012/10/18(木) 15:08:20 | URL | ictkofu #Il.JVJcE[ 編集]
Re: やっぱり原発即時廃止ですね
☆ictkofuさん、コメントありがとうございます!

> その拡大バージョンがクリアランスという事でしょうね。

そうですね・・。
もう10ヶ月も経っていたなんて、驚きです。

> これは、原発は事故が怖いのでは無く、メンテナンスされながら存在していること自体が社会毒だということです。

原発がある限りは、核廃棄物が出るし、どうしようもないですね。
韓国でも、日本と同じようなことが起きているようです。
(ブログ記事の追記に書き加えました)

> 猶予期間がある脱原発じゃなくて、即時全面廃止、その時にも廃材処分の実態に国民は注意するということしか無いです。

まったくですね。同意です。

ictkofuさん、ありがとうございます。
2012/10/20(土) 18:27:04 | URL | ゆうこ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック