家事専業。犬と猫が好きです。(・∀・)ノ ツイッターアカウントは、画面の下の方です。
  • 04«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »06
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


鉄道の駅での「エスカレーター右空け」は常識なのか?
2012年09月19日 (水) | 編集 |
ツイッターで2,3日前、「朝日新聞にこんな投書があった」というのを見かけ、
思い出して、古新聞から取り出してきました。(2012年9月13日付朝日新聞)

朝日新聞「声」欄

2003年。母が腰の手術を受けるため、東京の病院に2ヶ月ほど入院した時、
私は、一週間に2~3回ほど、洗濯物を届けたり、母の身の回りのことを世話するために、
九段坂の病院に通ったり、その後母はがんになって転移し(2009年)、
その時も東京の田端駅近くの病院に1ヶ月半、3日おきくらいに、
山梨から通ったことがあります。

通いながら、駅や地下鉄の構内のエスカレーターで感じたことは、
「なんだか、殺気立っている・・」ということです。みなさん、急いでいる。
でも、通っているうちに自分もそういう人間になっていると気づきました。

エスカレーターには、みなさん、左側に立っています。
右を空けておいて、急ぐ人は、エスカレーターを走っていく人もいます。
私も、「あーあ今日は遅くなった」とか、「電車に乗り遅れるー」という時に、
右から追い越したりしました。
今でもたまに、東京方面に行きますが、そういうことはあります。
(右が空いていると、便利といえば、便利・・・それは否定できない)

しかし、ある時、「左半身が麻痺して不自由なので(または左足に障害がある、だったかもしれない)、エスカレーターでは右側に寄りかかざるを得ない」という、これもまた朝日の「声」欄だったと思いますが、そういう意見を見かけました。
確かに・・・と、思いました。

投書の画像をアップしましたが、この方は、「エスカレーターでは、右側は急いでいる人が歩けるよう空けておく習慣が浸透しています」と言っていますが、
それは、日本の習慣なのか、東京の習慣なのでしょうか。
調べてはいないのですが、関西はどうなのだろう。

この投書の方は、欧米系の外国人が右側に立っていたので左から追い越したところ、「階段を歩きなさい!」と命令された、ということです。

私は、この外国人がそう言うのも無理はないなぁ・・・と思いました。
投稿者は外国人に対し「この人のように実力行使での反対表明はトラブルを生みかねません」と言いますが、「今までみんなが黙り過ぎてたんじゃない?」とも感じます。
それに、自分がスムーズに目的地に着くことだけを考えると、右側にいると邪魔!という風になるのでしょうか。
(こんな風に書きながら矛盾しているのですが、急いでいると、
私もそう感じることがあります)

私が母のために東京に通った頃は、「合理的でいいな」と感じました。
しかし、妹と一緒に幼い姪っ子を連れて東京の母の病院に行った時、私はベビーカーを持ったり姪っ子の相手を手伝っただけなのに、疲れてヘロヘロになりました。
ましてや、ベビーカーを持ちながら幼い子を二人も連れて電車で出かけざるを得ない母親のことなども考えると、
エスカレーターの右側にいて、もしも、いかにも邪魔だなという風に見られたり、自分が体が不自由になった時に、不自由でない普通に歩ける人から邪魔扱いされたら悲しくなると思います。

私は「エスカレーターの右空け習慣」は必要ない、と思います。
(↑そんなことは、東京に住んでいないし、東京に仕事等で通ってもいないから、
思えるのでしょうか)
高校生がダラダラと自転車で道路を走るのは危ないが、エスカレーターではいいと思うし、
「右が常識でしょっ」、みたいな空気は殺伐としていて、嫌ですね・・。

それに、例えば山梨のように一本電車を逃すと朝でも15~20分くらい待たなきゃならない(夜は30分待ち)というのではなく、東京はすぐ電車がくるではないですか。

そうはいっても、最近東京方面に電車で行ったのは原発再稼働反対の官邸前抗議の6月ですが、その時も、「一応習慣」というのは無意識になっていて(というより、その場の人の流れ状態を見るとそうなる)
で、習慣になっているから、というのは結局私の頭からも抜けず、
矛盾していますが、あの時も右から追い越した記憶はあります。

夫は20年ほど前に東京に1年間住んでいたことがありますが、聞いてみたところ、
もうすでに、その頃からエスカレーターの右空け習慣はあったそうです。

すみません、長いわ。

私の結論。

投書の外国人がどういう思いであえて右側に立ったのか、その方の詳しい心情までは分かりません。しかし、その外国人にには同意するところもある。
けれども、世界有数の巨大都市の駅で習慣化してしまったことを変えることは実際には難しいと思われ、
なので、
基本的には「エスカレーター右空け」に従い、右側に立っている人がいたら、
自分が急いでいても、「邪魔だ」「どいて」など声を掛けず、せっつくような態度もとらず、後ろに立って、エスカレーターが着くのを待てばいいのではないでしょうか。



コメント
この記事へのコメント
いやこれ、ものすごく共感しました。
ちょっとした心遣いからはじまった「右あけ」、
それはそれでスマートな習慣だと思いますが、
これがいつしか「ねばならない」な同調圧力に変わっていく…

この残念な状況を打開するには、
空気読む能力をさらにもう一歩進めて、
その先の次元にいけたらいいなと思います。

すなわち、右あけが不便だという人たちも尊重すること!
または、右あけルールを押し付けないこと!

「右あけ」はあくまで、ちょっとした心遣い。
便利に機能すれば、それはそれでハッピー。
そうでなければ「おせっかい、しつれいしました」と
笑顔で流せる度量の広さ。

日本人の「空気読みまくり病」は、この段階までくれば
悟りの境地に達するぞと思います(笑)。
イケルと思います、もう少しで。

気遣いは楽しいから、ついついやりすぎちゃうけど
押しつけかもしれないという自戒を笑って俯瞰する。
やりすぎな自分たちを笑いながら愛する♪
そんなふうになりたいです。
2012/09/21(金) 11:27:05 | URL | たわらゆうこ #-[ 編集]
最後は人
自分の経験では、関西は左側を空けるのが常識のようです。以前出張で大阪や神戸に行った時、JRでも私鉄でも、エスカレーターは左側が空いていました。
私の住んでいた所は右側を空けるのが一般的だったので、戸惑う事が結構ありました。
狭い日本ですが、地域ごとに常識も異なるようです。身体に障害のある方々の事まで考えますと、ハード面の整備だけでは追い付けません。最後は、マナーや計画性(エスカレーターをかけのぼらなくてもいいような)、他者への労りによる事になるのだと思います。日本人は、どうも公共の場でのマナーや振る舞いが年々劣化しているように感じます。
2012/09/21(金) 13:03:46 | URL | KEPCO #-[ 編集]
Re: タイトルなし
☆たわらゆうこさん、コメントありがとうございます!

> ちょっとした心遣いからはじまった「右あけ」、
> それはそれでスマートな習慣だと思いますが、
> これがいつしか「ねばならない」な同調圧力に変わっていく…

なんというか、習慣とマナーとルールを一緒くたにしているようなところ、
ありますよね・・。

同調圧力・・・
「習慣」とはちょっと違うし、まったく別の話ではありますが、
気になっているのは、裁判所の「判例」です。
私が強く違和感を覚えるのは、「永山基準」という言葉です。
死刑制度に賛成か反対かは置いておいて、”そういう基準があるから”
”永山基準に則って” 死刑判決なのかな・・と。
それ以外の判断をする裁判官の意見は認められないのか。
裁判員裁判でも、「凶悪犯だけれど、死刑にはできない」という裁判員は、
いると思うんですよね。
けれど、もしそこで「凶悪犯を死刑にしないなんてどうかしている」、
という同調圧力が働いたら・・・・
なんていうことを考えてしまいました。


> 「右あけ」はあくまで、ちょっとした心遣い。
> 便利に機能すれば、それはそれでハッピー。
> そうでなければ「おせっかい、しつれいしました」と
> 笑顔で流せる度量の広さ。

まったく、そうですよね。同意です。

「空気読みまくり病」、まさに、「病気」な部分もありますね。
かなり昔に「ほとんどビョーキ」という言葉がありましたが、
それを思い出します。

母の通院・入院に付き添ったり通ったりしていた頃からずっと感じていましたが、
駅~デパートへのエスカレーター、デパートの中など、
あらゆる場所で右空けが浸透している雰囲気・・。

要するに、「急ぐ人」には優しいけれど、ゆっくり楽しみたい人、
ゆっくり歩きたい人には厳しい都市・東京・・・という感じでしょうか。
特に、都心かなぁ。


ちょっとまとまらない返信になりましたが、
たわらゆうこさん、ありがとうございます。コメント嬉しいです。v-411
2012/09/22(土) 17:41:46 | URL | ゆうこ #-[ 編集]
KEPCOさん、コメントありがとうございます!
KEPCOさん、コメントの返信が遅くなりました。すみません。

> 自分の経験では、関西は左側を空けるのが常識のようです。以前出張で大阪や神戸に行った時、JRでも私鉄でも、エスカレーターは左側が空いていました。

関西は、「エスカレーターは左を空ける」というのは聞いたことがありましたが、
やはりそうなのですか・・。
もしも、左側に人が立っていたりすると、東京と同じで「邪魔だなぁ」という風に思われて何か言われるのかな・・・それがちょっと、気になるところです。

> 身体に障害のある方々の事まで考えますと、ハード面の整備だけでは追い付けません。最後は、マナーや計画性(エスカレーターをかけのぼらなくてもいいような)、他者への労りによる事になるのだと思います。日本人は、どうも公共の場でのマナーや振る舞いが年々劣化しているように感じます。

そうですよね・・。
車椅子を使って生活している人を、ツイッターでフォローしているのですが、
その方が1年位前だったか、
「電車に乗るにも、新幹線とか特急列車では、予約が必要だ」
というようなことをつぶやいていたんですよね・・。
私は車椅子を使わないので、特急も新幹線も自由席にその日に急に乗ることができますが、
車椅子で移動する人はそうはいかない・・・これは何とかならないかと思います。

あとは、記事にも書きましたが、ベビーカーを使う人に対して、
大変なので気を遣ってあげてほしいと思いますね・・。
「込んでいる電車内ではベビーカーを畳むように」と言われても、
対応できない場合もあるのではないでしょうか。
最近、ネットで「ベビーカー論争」が起きたようですが(あまり詳しく見ていないですが)、
「そうやって育った人が日本を背負うという発想はないのかな・・」
と思うのですが・・・。

すみません、KEPCOさん、やや話が逸れてしまいました。
いつもありがとうございます。v-278
2012/09/26(水) 14:58:21 | URL | ゆうこ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック