家事専業。犬と猫が好きです。(・∀・)ノ ツイッターアカウントは、画面の下の方です。
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「放射脳」
2012年06月15日 (金) | 編集 |
こんばんは。
このブログに、「放射能 離婚」で検索で来る人は、2日に一度くらい、います。
「放射 離婚」という人も、いるんですよね・・。

「放射脳」という言葉、放射性物質や放射能を気にする人を、バカにした言い方だと、
最初見た時は嫌な気分になりましたが、でも、
日本語の特性上、「とうとうきたか」、という気分にもなりました。
これは、ネットスラングですね・・。
2ちゃんねるなんかだと、すでに「脳」とまで略されています。略し過ぎ。

私は、日々の食品買出しをするのに、放射性物質を気にしたり、災害瓦礫を燃やさないでほしいとか、体調が悪いのが続けば、「これはもしかして、被曝だろうか」と気にする人を「放射脳」などとからかったり、バカにするのは良くないと思っています。私もその類だから、バカにはしないでほしい。健康を気にしているだけです。

しかしそんな私でも、「それはちょっと極端ではないか」と感じることがあります。
主に、ツイッターでの発言を取り上げてみます。

放射能汚染された食品が出て、「タケノコは○○ベクレル、シイタケは○○ベクレル」とつぶやくのに、場所も日時も分からない情報を流すとか(フォロワーが多いのに)、
これはまた別の人ですが、高く出た放射能測定値だけを元に、「もう太平洋沖の魚は無理だな」とか、何が「無理」なのか分からないです。
また、少し前の埼玉でのホルムアルデヒド流出事件ですが、「プルトニウム」と関連付けて「核廃棄物ではないか」、というようなツイートをしていた人がいましたが、無関係のようです。
そういうのは、ちょっと極端だと感じます。


あと、「放射脳」とは少し違いますが、原発・放射能関連でのツイートを見ていて、
私が引っかかったことです。
群馬大学・早川由紀夫教授の、ツイッターでのつぶやきですが、
■「福島のコメ農家はサリンつくったオウム信者と同じだと書いたら怒られたが、なんで怒られたのかいまだにわからない。適切な比較だといまでも思う。」(2011年12月9日)

と、まるで農家が悪いみたいな言い方をしていますが、それは、国が食品の暫定基準をセシウムは500ベクレルという値にしてしまったからで、お金を稼がなくては生活していけない農家としては、米を作ろうとするのは当然だと思います。農家が米や農作物を栽培しなくても生活できるように、東電や国が補償しないといけないのではないでしょうか。それをしないから、放射性物質入りの給食が出回ったりしてしまう。

また、早川さんは、子どものいる親で福島から避難しない人を非難していました。
■「県知事にこうまでいわれても まだ、福島中通り浜通りに子どもを引き留める親たちを私は軽蔑する。」(2012年1月29日)

これも、国が全県退避という措置を取らなかったからで、もちろんそれとは別に親が子どもに、「なぜ福島から避難しないか」を説明しなくてはならないですが、避難しない責任を親に求めるのは、筋違いだと思いました。悪いのは、国です。
その点で、早川さんも、極端な人だと思いました。

しかし、早川さんの発言よりも、もっと引っかかること。
群大早川教授「福島のコメ農家はオウム信者と同じ」と発言し処分
  ↑ 発言によって早川さんを処分にするとは、それはおかしいと思う。
大学は間違っています。
早川さんだけを悪者にしようとしている。本当の悪者は誰か、見ていません。

早川さんは極端だと感じますが、素晴らしい面もあります。
(これは大事です)私が、早川さんが素晴らしいと思ったのは、原発事故が起きてそんなに経っていない時期に、火山の研究をしてきた事を生かして、大体の放射能飛散予想地図(どこに放射性物質が落ちたか)を発表したことです。これは、私もリツイートしたり、自分でも参考にしました。この時は政府はまるで頼りにならず、この地図を活用した人は多かったのではないでしょうか。


ネットだけの知り合いでも、現実空間でも、私に「放射脳」などと言ってきた人はいません。もしも言われたら、「私の脳から放射線は出ていないと思う。測る?」と答えるしかありません。


コメント
この記事へのコメント
問題は、早川教授の専門は火山の地質学であって、放射線物理学でも放射線防疫学でも医学でもないってことですな。

札幌医科大の高田純 教授(専門は被曝医療など)の意見なども聞いて平衡を取るのがよろしいかと。
(まぁ、この人も放射線以外だとトンデモな発言が多い人ですけど)

ところで、福島に残った人で放射線障害が出た人っているんですかね?
早川教授の主張だと、もう何百人も死んでないとおかしそうなものですけど。
2012/10/24(水) 10:52:20 | URL | えまのん #pt67g6gE[ 編集]
死亡統計
えまのん さんのようなご意見はあちこちの投稿サイトで見かけます。
私もうなずけるところはありますが、私の基本は
1.政府・行政の発表はそのまま信用しない
2.メディア情報も同じく鵜呑みにしない
3.専門家・有識者と称される人々の意見も、それに反する意見についてのソースも提示されていて、両論考察の上で出されている意見だと確認できない限りは信用しない
ということにあります。

肥田舜太郎医師は広島で被曝されているが長生きされています、そして内部被曝の問題について啓発啓蒙活動を続けておられることは良く知られています。

以前から疑問に感じている事の一つに、交通死亡事故の統計の取り方があります。
具体的にはこんな公式記事があります・・・
http://www8.cao.go.jp/koutu/taisaku/h17kou_haku/genkyou/sankou03.html
道路交通事故交通統計24時間死者,30日以内死者及び30日死者の状況の比較

山梨県の自殺率が高いと報じられる時の統計の採り方、発表のされ方にも疑問があることは自分のブログで書いています。
http://ictkofu.blogzine.jp/kofu/suicide_ymn.html

http://www.e-stat.go.jp/SG1/estat/eStatTopPortal.do
政府統計の総合窓口
ここから「人口動態統計からみた東日本大震災による死亡の状況について」(2012年09月07日厚生労働省)という記事が読めます。

こういう政府統計の中に、今後長期間にわたり、「2011年原発事故による死亡者」という統計が出てくるかどうか、
この事は子々孫々まで引き継いで確認していかねばならないものだと、私は考えています。

ちなみに、広島長崎の原爆死者については、
http://www.rist.or.jp/atomica/data/dat_detail.php?Title_Key=09-02-03-10
「原爆放射線による人体への影響 (09-02-03-10)」 という公式記事はあります。
この内容をそのまま受け取るか、それとも批判的に受け取るか、まずはそのあたりで各人の「放射脳」の違いが生じている現状かも知れません。
2012/10/24(水) 18:07:40 | URL | ictkofu #Il.JVJcE[ 編集]
Re: タイトルなし
えまのん様、はじめまして。

> 問題は、早川教授の専門は火山の地質学であって、放射線物理学でも放射線防疫学でも医学でもないってことですな。

私は、放射性物質がどのように飛ぶか(当初、同心円状に避難指示が出ていましたが、現実は「まだら」に汚染されました)、という点では、早川さんの「この地域に放射性物質が落ちているだろう予測」は政府よりもずっと役に立ったと思います。
しかし、その後は、専門外だから、かな・・・。
早川さんは「シーベルト」という空間放射線量に”こだわっている”ようで、
どのくらい正確なのかが分かりにくいです。
土壌汚染や食品表示はベクレルです。

「原子力規制庁が出した、各原発が事故を起こした場合の放射性物質の飛散方向予測や距離予測が計算で間違っていた」、という報道がありましたが、
繰り返しになりますが、そういう場面では早川さんの方が信頼できるのではないか、
と私は思います。

> ところで、福島に残った人で放射線障害が出た人っているんですかね?

http://hibi-zakkan.net/tag/44%EF%BC%85

これを参考になさってください。
また、18歳以下の子ども一人が甲状腺がんになった、という報道もあります。
しかし、です。
今のところ誰も、おそらく医者も、「放射性物質の内部被曝が原因で」とは、
断定はしていないと思います。
チェルノブイリでは、子どもの甲状腺がん発症は事故から10年後がピークだと言われています。


> 早川教授の主張だと、もう何百人も死んでないとおかしそうなものですけど。

早川さんのそういう主張の仕方には賛同できないし、また、
私がこの記事に書いた、早川さんの、農家に対しての発言、
そういうものに対しては、私は同意はできないです。
しかし、内部被曝による死者や体調不良、セシウム蓄積による心臓病などは、チェルノブイリ事故のその後を見ていても、今から間違いなく増えるでしょう。

えまのん様、ありがとうございます。
2012/10/30(火) 16:18:43 | URL | ゆうこ #-[ 編集]
Re: 死亡統計
☆ictkofuさん、いつもコメントありがとうございます!
返信が遅くなってしまい、申し訳ないです。

> 山梨県の自殺率が高いと報じられる時の統計の採り方、発表のされ方にも疑問があることは自分のブログで書いています。

そうなんですよね・・なんでも、大メディアのいうことをそのまま受け取ると、
「えらい(大変な)こと」になります。
京都大の小出教授が、「私の言うことがすべてではありません」
とおっしゃっていましたが、その通りです。

ictkofuさん、私のコメントを補足していただく形で、
もう、完璧です!
私も実は、山梨県の自殺率の高さの記事について、
書かれ方が気になっていました。

ictkofuさんの、2010年12月17日の記事
http://ictkofu.blogzine.jp/kofu/2010/12/post_0b57.html
より、

-------全国向けの自殺対策ミーティングを『自殺率全国ワースト1の山梨』でやるなら、青木ケ原に片道切符で来られた人々の故郷にこそ問題があるのだということを、出身地市町村データを調べ上げて全国にアピールすること、それに意味があると私は思っているのです。-------

この部分は、私もまったくそう思います。同意です。
山梨県内に元々住む人ではなく、県外から来て自殺してしまう人のデータがあるのかないのか、それもよく分からないと、意味がないというか。
最近、がん治療の、病院別の5年生存率というのが発表されていましたが、
(中核28病院のデータ公表)
治療成績は、その時点でどれだけがんが進行しているかにも関係があるので、
病院名の発表はあまり意味がないのではないか、ということに似ています。


> こういう政府統計の中に、今後長期間にわたり、「2011年原発事故による死亡者」という統計が出てくるかどうか、
> この事は子々孫々まで引き継いで確認していかねばならないものだと、私は考えています。

そうですね。
長年に渡って経過を見ていかなければならないと思います。

> ちなみに、広島長崎の原爆死者については、
> http://www.rist.or.jp/atomica/data/dat_detail.php?Title_Key=09-02-03-10
> 「原爆放射線による人体への影響 (09-02-03-10)」 という公式記事はあります。

福島原発の事故による内部被曝も、体への影響が出る可能性はかなり高くても、
その程度は、個人差はあると思います。
(人体には、傷つけられた細胞を修復する力がある、と原発事故後の、
放射線・放射性物質に関する勉強会に参加して、教わりました)
「福島にいると死ぬ」と、ツイッターでは有名な人が投稿していましたが、
「全員が全員、放射能が原因で」死ぬ、というわけではないと思うので、
その言い方は違うんじゃないか、と思いました。

このような記事というか、ページは私は知らなかったです。
後日、またよく読んでみます。

ictkofuさん、どうもありがとうございます。
2012/10/31(水) 19:09:44 | URL | ゆうこ #-[ 編集]
ブログは自分史
「脱原発に一票」さん、コメントレスありがとうございます。
このブログも「何気なく」お続けください、自分史の一部と思って・・・

私はブログ歴は短いですが、Web歴は90年代初めからです。手元に保存したファイルを読み返すと自分史だなぁと感じることが多いです。
2012/11/01(木) 23:09:55 | URL | ictkofu #Il.JVJcE[ 編集]
ictkofuさん、こんばんは。^^
☆ictkofuさん

> このブログも「何気なく」お続けください、自分史の一部と思って・・・

ああ・・なんだか、嬉しいです。
ありがとうございます。

> 私はブログ歴は短いですが、Web歴は90年代初めからです。手元に保存したファイルを読み返すと自分史だなぁと感じることが多いです。

自分史、ですか・・。
そうかもしれないですね・・。
自分のブログの初期の文章を見ると、今よりかなりひどくて(あまり変わっていないような気もしますが)、それでも少しだけは、成長しているような。
私はファイルには保存していなくて、fc2が終わりになったら(大丈夫でしょうけれども)、それも吹き飛ぶ・・消えてしまいますね。。(あっ・・そういうことを考えていなかったです)

ictkofuさん、ありがとうございます!
2012/11/04(日) 21:27:23 | URL | ゆうこ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック