家事専業。犬と猫が好きです。(・∀・)ノ ツイッターアカウントは、画面の下の方です。
  • 08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »10
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


4月21日 甲府盆地
2012年04月22日 (日) | 編集 |

「釈迦堂遺跡」から盆地の風景を撮ろうとしたのですが、
霞んでいるので、背景は山に。桃の花。(?多分)


P1010274_convert_20120422223322.jpg
勝沼の、お気に入りの場所から。
ここは農道で、観光客は誰も通りません。
風がとても強く、ビニールハウスがバタバタとすごい音を立てていました。
空気が澄んでいると、かなり遠くまで見えます。


P1010276_convert_20120422223441.jpg
甲府盆地の東端の方。


P1010277_convert_20120422223609.jpg
1998年の記録的な大雪で崩れたと思われる、ぶどう畑だったところ。
こんなところを歩いているのは私だけ。
丘の上に近いので、風が猛烈です。飛ばされそうでした。寒かった~。


P1010280_convert_20120422223707.jpg
道端に車を停めて。


もう桃の花の時期が終わってしまう、と、焦って撮りに行きましたが、
空気が澄んでいないと、景色をきれいに撮るのは難しいです。
それに、これは2003年製のオリンパスのデジカメで撮影したのですが、
カメラのせいにしてはいけないですが、うまく撮れません。
一眼レフは安いですが普通のカメラです。
その方がいいのかな。
でもそうするとブログにアップするには別の技術が必要だな。

それよりも、まず撮れ、ですね。

P1010271_convert_20120422225101.jpg

まだ満開になる前の桃の花。
家のすぐ近く。



コメント
この記事へのコメント
横に広がる桃の枝
先日の夕方に富士吉田の知人からパソコンがおかしいと緊急電話あり、飛び出しました。
石和から県立博物館前を通って御坂道ルートでしたが、途中で桃の花が咲いている光景に出会い感激。
山梨に来て咲いている実物は初見だったのです。
その時に気付いたのですが、桃の木の枝は横に張るのですね。
パソコンは幸いソフト的な問題だったので無事修復、深夜に戻りました。
桃が咲いているうちにもう一度出かけたいと思っています。今度は写真に残したいです。
2012/04/25(水) 00:36:10 | URL | ictkofu #Il.JVJcE[ 編集]
Re: 横に広がる桃の枝
☆ictkofuさん、ありがとうございます。i-267

> 石和から県立博物館前を通って御坂道ルートでしたが、途中で桃の花が咲いている光景に出会い感激。
> 山梨に来て咲いている実物は初見だったのです。

そうだったのですか。よかったですねぇ。
盆地ではもう散ってしまっている所が多いと思いますが、
御坂の辺りでは、まだもうちょっと見ごろかな?
桜もいいですが、あの桃の花のピンク色を見ると、やっと春が来たという感じで、
心が晴れやかになります。U・ー・U

山梨は桃の産地で有名ですが、福島も有力な産地なのですよね・・。
またちょっと硬くて暗い話になってしまいますが、
母が桃の共選所で働いていた時、「山梨の桃は福島に追い越される」と言っていたのを、
思い出します。
今は放射能の心配をしなければなりませんが、福島の桃は品質が良いらしいです。
「山梨とはちょっと、木の植え方が違う」と母が。
母は福島のそんなところを見ていました。
福島は・・桃はまだもう少し先かな。複雑な心境です。


> 桃が咲いているうちにもう一度出かけたいと思っています。今度は写真に残したいです。

この時期の盆地は霞んでいて、雨が降った翌日がいいのかな。
私は写真、イマイチでした。うまく撮れるといいですね。^^

ありがとうございます。
2012/04/25(水) 16:57:06 | URL | ゆうこ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック