家事専業。犬と猫が好きです。(・∀・)ノ ツイッターアカウントは、画面の下の方です。
  • 02«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »03
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


----食品の放射能検査「国の基準より厳しい検査やめて」 農水省が業界団体に通知----
2012年04月21日 (土) | 編集 |
掲示板:2ちゃんねるのニュース速報より、転載。

転載ここから。==========================
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1334973258

【政治】食品の放射能検査「国の基準より厳しい検査やめて」 農水省が業界団体に通知 不検出の食品しか売りませんとする動きに歯止め

1 :西独逸φ ★:2012/04/21(土) 10:54:18.79 ID:???0
食品の放射性物質検査をめぐって、農林水産省は20日、スーパーや食品メーカー、外食産業などの業界団体(270団体)に対し、国が設けた放射性物質の基準を守るよう求める通知を出した。
国よりも厳しい独自基準を設けて自主検査を実施し、「『放射性物質不検出』の食品しか売りません」などとする動きに歯止めをかけるのが狙いという。

国は4月から、それまでの暫定基準を改め、新基準(一般食品の放射性セシウムは1キロあたり100ベクレル、牛乳と乳児用食品は50ベクレル、飲料水10ベクレル)を施行した。

通知は同省食料産業局長名で出され、民間に広がる自主検査に対する注意喚起の形をとっている。

通知は、この新基準が国際的な指標と比べても、さらに厳しい設定であることを強調。「過剰な規制と消費段階での混乱を避けるため、自主検査においても食品衛生法の基準値に基づいて判断するよう周知をお願いします」と記している。

ソース
朝日新聞http://ime.nu/www.asahi.com/politics/update/0421/TKY201204200862.html

===============================転載ここまで。

(朝日新聞の今日の朝刊紙面にも同じニュースが載っていました。
上の記事は、朝日新聞ではなく2ちゃんねるからの転載です。)

---「『放射性物質不検出』の食品しか売りません」などとする
動きに歯止めをかけるのが狙いという。
----

まるで、なるべくセシウムが入っていないものを売るのは問題だ、過剰だ
とでも言いだけです。

上記にはなかったので、紙面から拝借します。

4月21日付社会面より部分転載。ここから。::::::::::::::::::::::

「国の順守要求は過剰」 放射能基準通知 小売店などに波紋
・・・・・
取り扱うほぼ全品目の検査を実施し、国より厳しい自主基準を設けている「生活クラブ生協連合会」の槌田博・品質管理部長は「過剰な要求だ」と指摘する。「自主基準を設けるのは、国の基準が信用されていないから。信頼回復が大事なのに、基準を押しつければ、ますます国は信用されなくなる」
・・・・・
::::::::::::::::::::::ここまで。

国の基準(一般食品で放射性セシウム1㌔あたり100ベクレル、など)は、
高すぎます。
これは、農産物を流通させる農協などはどう思っているのでしょうか。
基準が厳しくなって生産者が買い取ってもらえなくなると困る?
でも、国の緩い基準で被害を被るのは、消費者です。内部被曝してしまう。
私が購入している生協(パルシステム山梨)でも自主基準を設け、
スーパーの、何ベクレルか分からないものを食べるのは不安なので、
私は、なるべく生協の検査したものを購入しています。

2ちゃんねるのコメントで、(食品基準値が)「厳しい分には問題なかろうに 」
というのがありました。同意です。

再び、朝日21日付紙面1面より拝借。=============一部転載ここから。
放射能「独自基準やめて」 農水省 食品めぐり通知
(タイトルが朝日デジタルとは少し異なっています)
・・・・・
新基準施行後、農水省には生産者らから「不検出の農産物以外は買えないと言われた」といった訴えが相次ぎ、国の基準を守らせるように求める声が上がった。一方で、消費者には、より厳しい基準で安心を得ようとする傾向があり、今回の通知には反発も予想される。
・・・・・
=================転載ここまで。

> 消費者には、より厳しい基準で安心を得ようとする傾向があり、

当たり前です。


コメント
この記事へのコメント
ブラックボックス
食料品の安全に関わる問題は重要ですが、実のところわからない部分が多く、対応に困る場合が多いです。

放射線は、自然界に存在し、私達も原発がなくとも常にいくばくかの放射線を受けたり食物を通して体内に取り込んでいます(自然放射線というそうです)。

医療でレントゲンを受けるような場合は別として、その規制(値)は自然放射線を受ける場合に比べてどうなのか等、詳細な内容やデータが少なく、安全かどうかの判断が難しい。

また、規制(値)があっても消費者サイドでは確認が難しい。最近安価版の測定装置が出回っているものの、食物の正確な放射線量の測定は、素人にはまず無理です。

そうなると、規制する側の国や機関にしっかりしてくれ、と言いたいところですが、ご存知のような状況です。
消費者期限や産地の偽装すらも後を立たない。

もっとも、放射線やセシウム等に限った話ではなく、食品添加物や水銀等も同様で、こちらの方は放射線、セシウム以前から何十年もの“歴史”があります(不思議な事にこちらはあまり反対や規制強化を強く主張する人々は極めて少ないです)。



そもそも、放射線の影響について、データの有無やその精度が、実はあやふやな印象です。

例えば、チェルノブイリの事故について、原発反対の方々からは「子供の甲状腺ガンが増えた」という話を聞きますが、根拠となるデータがあまり示されていません。示しているものも、それがどんな人々(機関)がいつ、どこで、どのように調査し、何をもって判断したか等までは(自分の見る限り)殆ど触れられていません。

一方、国や業界関係以外の科学者、ジャーナリスト、マスコミでは「チェルノブイリでは、実際に住民の健康被害は出ていない」とする主張もかなり見られます。しかし、こちらも同様に、詳細な根拠やその精度はまり示されていません。
原発の是非を巡る討論番組でも、あまりこうした根拠については、賛成派も反対派も、なぜか突っ込みません。


政府や業界関係の不祥事の度に「正確な情報開示」を求める声が上がります。
それは、私達自身にも言える事ではないでしょうか。
ネットや噂話を鵜呑みにし、さらにそれに(尾ひれをつけて)他の人に伝えていませんか?私も自分の日常を振り返り、反省する事しきりです。


【追伸】4月20日(私の住む地域では)に発売の週刊新潮に、なぜ選挙で原発反対派が勝てないのかについての記事が掲載されていました。内容は、特別斬新な印象ではありませんでしたが、原発に反対の方々があまり触れたがらない、主張のネックの一つを衝いていると思います。原発の是非に関わらず考えていかねばならない課題が見えました。
2012/04/22(日) 10:51:54 | URL | KEPCO #-[ 編集]
原発誘致と談合との類似性
横レスごめんなさい。
KEPCOさんのコメント、貴重なご意見を拝読しました。
食品の安全問題については同感です。

週刊新潮の情報ありがたかったです。
>原発に反対の方々があまり触れたがらない
週刊新潮は明確に書いていませんが、そもそも原発立地を誰がどのようにして決めたのか。
これについて、私が感じるのは談合問題との類似性です。

KEPCOさんが山梨県での談合問題をどの程度ご存じかわかりませんが、
談合は必要悪だという認識が県民に浸透していることを、私は山梨に来て初めて知りました。
談合が無いと公共事業で生きている県民が生活できない。

原発も箱物行政のひとつであり、必要悪だと思うしかない地域を、
どうしたら普通の経済産業活動で生きられる地域にしていけるか、
そこに焦点を当てた時に日本改造のあり方が見えてくると私は感じています。
2012/04/22(日) 23:57:08 | URL | ictkofu #Il.JVJcE[ 編集]
Re: ブラックボックス
☆KEPCOさん、いつもコメントありがとうございます!

> 医療でレントゲンを受けるような場合は別として、その規制(値)は自然放射線を受ける場合に比べてどうなのか等、詳細な内容やデータが少なく、安全かどうかの判断が難しい。

データは、自分で集めるしかないと思います。

> もっとも、放射線やセシウム等に限った話ではなく、食品添加物や水銀等も同様で、こちらの方は放射線、セシウム以前から何十年もの“歴史”があります(不思議な事にこちらはあまり反対や規制強化を強く主張する人々は極めて少ないです)。

食品添加物は注意が必要です。
よく、パンに入っている「イーストフード」は、化学物質です。
また、加工食品にはずらっと添加物の名前が並んでいるものがありますが、要注意です。
食品添加物の規制強化は、消費者団体などで関係する行政機関に要請しているかもしれません。
食品ではありませんが、合成洗剤追放運動などがあります。


> 政府や業界関係の不祥事の度に「正確な情報開示」を求める声が上がります。

この記事は、「国が、民間が独自に食品中の放射性物質の検査をすることに介入するのは、良くない」という趣旨です。
原発事故から1年1ヶ月以上も経って、「正確な情報開示を求める」などとのん気なことは言っていられないので、まず、口に入るものは、私自身は、食品中1㌔あたり10ベクレル以下の食材を選んでいます。
生協の宅配では、検査されていない加工食品などは、購入しないことにしています。

原発事故で放出された放射性物質による健康被害については、
こちらのブログ記事を是非、ご覧になってください。
ブログ:「みんな楽しくHappy♡がいい♪」様の
[チェルノブイリ事故後、病理解剖で内部被ばくを研究したバンダジェフスキー氏の調査結果]
http://kiikochan.blog136.fc2.com/blog-entry-1314.html

> それは、私達自身にも言える事ではないでしょうか。
> ネットや噂話を鵜呑みにし、さらにそれに(尾ひれをつけて)他の人に伝えていませんか?私も自分の日常を振り返り、反省する事しきりです。

ネットや噂話を鵜呑みにすることは、私は、なるべく避けています。
他の人(例えば妹に伝える時)にも、私は、「尾ひれをつけて」ということは、しません。妹には乳幼児の子どもがいるので、疑わしい時には「疑わしい」と伝え、調べてみて安心できる食材であることが分かれば、それもまた、伝えます。
たとえば、ツイッターで「三陸の魚は無理」と投稿している人がいますが、
これは科学的ではないと判断します。どこがどう「無理」なのか、これでは不明です。
だから、検査値なのです。
私は、ツイッターの流れの中で「千葉・茨城産の野菜怖い」という発言を見かけても、
生協のことは信用しているので(加工食品は注意)、
検査してあって1㌔10ベクレル以下であれば、買っています。
(参照:ベクレルシーベルト換算ツール:
http://www.google.co.jp/url?sa=t&rct=j&q=%e3%83%99%e3%82%af%e3%83%ac%e3%83%ab%e3%82%b7%e3%83%bc%e3%83%99%e3%83%ab%e3%83%88%e6%8f%9b%e7%ae%97&source=web&cd=1&ved=0CD0QFjAA&url=http%3A%2F%2Ftestpage.jp%2Fm%2Ftool%2Fbq_sv.php&ei=DQCVT-WIA8_imAWz5oiDAg&usg=AFQjCNFReovc5R4rWJEE1z2b4g31yDp3_g

注文し忘れてスーパーで買わざるを得ない時は、なるべく山梨県産表示のものを買います。
(偽装してある場合も考えられますが、そうなると、全部自分で調べるか、
自給しなければなりません。覚悟して買って、覚悟して食べるという時もあります)

KEPCOさん、ありがとうございます。
2012/04/23(月) 16:13:20 | URL | ゆうこ #-[ 編集]
Re: 原発誘致と談合との類似性
☆ictkofuさん、コメントありがとうございます☆

> 横レスごめんなさい。

いえいえ、何でもコメントしても全然大丈夫です!

> KEPCOさんが山梨県での談合問題をどの程度ご存じかわかりませんが、
> 談合は必要悪だという認識が県民に浸透していることを、私は山梨に来て初めて知りました。
> 談合が無いと公共事業で生きている県民が生活できない。

「談合」について、生まれてからずっと山梨に住む者として、
ちょっと考えさせられました。

> 原発も箱物行政のひとつであり、必要悪だと思うしかない地域を、
> どうしたら普通の経済産業活動で生きられる地域にしていけるか、
> そこに焦点を当てた時に日本改造のあり方が見えてくると私は感じています。

まったくそうですね・・。
原発が「必要悪」で存在するのは、持続可能ではないですね・・。
実際に、福島第一は事故を起こして、持続できなくなりました。
山梨県なんかは、外国からの輸入物で頼って食糧自給率が低いのだから、
もっと農業を・・と思うのですがねぇ...。
しかし、近所の桃農家は「息子たちには継がせられない」(専業では無理)
と。

談合については、やや自信がないながらも、記事にしてみます。

ictkofuさん、ありがとうございます。
2012/04/23(月) 16:46:25 | URL | ゆうこ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック