家事専業。犬と猫が好きです。(・∀・)ノ ツイッターアカウントは、画面の下の方です。
  • 03«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »05
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ブログ廃止の危機。そしてお詫びです。           
2012年04月06日 (金) | 編集 |
このブログは、廃止はしません。もちろん。

朝日新聞長期連載の「プロメテウスの罠」を、私は新聞から直接転載して、
このブログとはまったく別のブログとリンクさせていたのですが、最近、fc2ブログの方で、私が朝日新聞から転載した記事おそらく全て(確認はまだです)が自動的に下書き状態になっていました。
分かっています。著作権侵害ということです。
メールが来ていたと思うのですが、確認してみます。

他に、私のように転載していた人のブログを見てみたら、ブログごと削除されるかもしれない、ということが書かれてあったので、それでは困るので、転載(そのままコピペ)をするのは、やめます。

「プロメテウスの罠」を初めて読んだ時、これはすごい記事だと思いました。
私は朝日新聞を父が月極購入しているので、読めます。このブログを訪問してくれる人だけでも知らないともったいない、と、自分で勝手に始めた行為でしたが、よくありませんでした。
自分のブログに転載していた人の中には、声に出して朗読した人もいて、その朗読をyoutubeでアップしたものも削除要請が来たそうです。

朝日新聞様、申し訳ありませんでした。
記事を無断で転載し、著作権を侵害してしまったことを、お詫び申し上げます。

しかし、繰り返しになりますが、記事はとても素晴らしいです。
息を飲むような内容で、東京電力は自社が原発事故で出した放射性物質を「無主物」と主張しましたが、それを認める判決が出ました。
これは朝日のプロメテウスで私は知ったので、驚きました。
(この記事が某有名ブログにそのまま、まだ転載されていますが、
これは削除されていません)

「防護服の男」も、住民が避難指示を出されていなかったり、その、白い防護服の人が血相を変えて「逃げてくれ」と民家の人に話す、最初の回は衝撃的でした。
執筆している記者の方は、渾身の取材をしています。敬意を表します。

読みたい方は、今まで新聞に連載された記事が本になっていますので、
おすすめします。
こちら→プロメテウスの罠: 明かされなかった福島原発事故の真実 朝日新聞特別報道部


そして、
今まで私が「プロメテウス」や、朝日新聞記事を転載した記事にコメントを下さった方へ。
申し訳ないです。
記事と一緒に、コメントも表示されないということになってしまいます。
本当に申し訳ありません。

「続きを読む」は、ネットでのコピペについて。



このブログにリンクしている、「夕暮菜日記」の、
DAYS JAPAN存続キャンペーン(2009年10月23日)という記事で、
麻生さん(緑虫さん)が書いていらっしゃるのですが、
引用させてください。

ちょっと思ったこと。
例えば上記の『トップ画ギャラリー』の写真は、どれも国家を動かしそうなものばかりだ。
『4:イラク 米軍パトロールの惨劇』など特に。
この写真が、WEB上のあちこちで、目にされたら、TVで紹介されたら、本当に国家が動くのではないかと思う。
でも、『転載禁止』。
カメラマン、ジャーナリストの権利は守らなければならないという大前提の上で、提案したい。
撮影者の許可を得た上で、武器になる写真をフリーにできないものだろうか?
あの写真が、そこいら中で視られたら、「何かが動くのでは?」と、ちょっと夢想してしまう。

コピペは、私たちにとり、重要な武器だと思うのだが、、、、さてどうだろう?



そうなんですよね。
プロメテウスの「防護服の男」にしても、「原始村」(「インターロック解除」ということが原発で行われていたという元技術者の証言が書かれている)にしても、多くの人がこれを知ったら、違うのではないかな・・と思って、私は、丸ごと転載した、ということはあります。
原発や原発事故に関して、あの連載を読んでいて本当に戦慄を覚えることばかりで、知らないということは恐ろしい、と思いました。
私も、「夕暮菜日記」の麻生さんの提案には賛成です。
例えば、伊丹万作さんの「戦争責任者の問題」は、青空文庫(インターネット図書館)で知りました。素晴らしい文章、内容です。ネットだからこそ、知ることができました。
だから、「プロメテウスの罠」の記事の内容も、より多くの人がネットで知ったら、
世の中を動かす原動力にもなるのではないかと思います。



コメント
この記事へのコメント
プロメテウスの罠 の評価
管理者さんが非公開(記事削除?)にされたことは納得します。
私はこちらの記事で「プロメテウスの罠」の存在を知ったので感謝しています。
実は最初に見える見出しを確認しただけで、中味はほとんど読みませんでした。
私の脳内で朝日新聞の評価は今はきわめて低いのです。
しかしやはり大組織なので部署によって、記者によってスタンスは異なるのだろうなとは、この本で感じました。

別件で注文しておいた書籍が入荷して書店に行った時、「プロメテウスの罠 」ってあるかなと探してすぐに見つかりました。
目次を見て「官邸の5日間」、そこだけは読んでおきたかったので求めました。
大臣を経験して彼等の本質を知っていたはずなのに、官僚と対峙するだけで使いこなせなかった菅直人氏を擁護している内容だと感じました。
このへんは管理者さんとは見解が異なるかも知れません。

とにかく、紙を売ってナンボという仕事をしている人々の著作物である場合には、「引用」で留めておけるかどうかの判断が難しいと思っています。

いずれにしても、何処からでも誰でもソースを確認できるようになっていない場合(某地元紙の記事など)は、私はネット記事としては取り上げないようにしています。
2012/04/07(土) 00:55:57 | URL | ictkofu #Il.JVJcE[ 編集]
Re: プロメテウスの罠 の評価
☆ictkofuさん、いつもコメントありがとうございます。
少しお返事が遅くなってしまい、申し訳ないです。

> 私はこちらの記事で「プロメテウスの罠」の存在を知ったので感謝しています。

原発事故を追ったルポルタージュ、取材記事はたくさんあると思うのですが、
まず、手元にある新聞の連載記事がたまたま朝日でした。

> 私の脳内で朝日新聞の評価は今はきわめて低いのです。

脳内?ですか、・・・。
たしかに・・。割と権力側なんだな、と、震災以降の原発事故報道で私もそれは強く感じました。私は、朝日がどうのこうのというよりも、良い記事は良い記事だな、と思い、取っておく方です。ネットも、読売でも産経でも、引用してブログで使用する時には自分の感覚が頼りです。

> しかしやはり大組織なので部署によって、記者によってスタンスは異なるのだろうなとは、この本で感じました。

これは、NHKでも言えますよね・・。ETVなんかは良い番組もあると思いますが(ただし、ETV特集も受け取り方は人それぞれです)、総合の「あさいち」では「食べて応援」とも受け取れる内容で、随分ETVとは異なっていますね・・。

たとえば、フジテレビでも、日曜午後の「ザ・ノンフィクション」では『老人と放射能』という番組を放映するなど、バラエティばかりではない、力作もあります。

> 大臣を経験して彼等の本質を知っていたはずなのに、官僚と対峙するだけで使いこなせなかった菅直人氏を擁護している内容だと感じました。

擁護している・・とも、受け取れると思います。
私は一番びっくりしたのは、菅・前首相の知り合いの大学教員のコンピューター専門の人まで無理やり呼び出して、そこまで必死でかき集めようとするまで、一体、原子力保安院と安全委員会は何をしていたのだろう?という場面です。

> とにかく、紙を売ってナンボという仕事をしている人々の著作物である場合には、「引用」で留めておけるかどうかの判断が難しいと思っています。

はい・・。

> いずれにしても、何処からでも誰でもソースを確認できるようになっていない場合(某地元紙の記事など)は、私はネット記事としては取り上げないようにしています。

某地元紙というのは・・・どこか分かりませんが、「ソース」というのは、その報道機関のどの記者が書いたかというのも含まれるのでしょうか。

ictkofuさん、どうもありがとうございます!
2012/04/10(火) 11:46:20 | URL | ゆうこ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック