家事専業。犬と猫が好きです。(・∀・)ノ ツイッターアカウントは、画面の下の方です。
  • 03«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »05
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


科学と宗教とは?
2012年02月15日 (水) | 編集 |
こんにちは。・・・。寒い。寒いです。ガタガタきてます。

我が家では晩ご飯を食べる時に、「ナショナルジオグラフィックTV」か「ヒストリーチャンネル」か「ディスカバリーチャンネル」を見ています。(どれも似たような感じではある)
そして、その中のどのチャンネルかは覚えていませんが、「キリスト教関係」の番組をたまに特集していて、それをよく見ています。
(夫が興味があるみたいなので。)
私は興味がないので(というか頭の中で消化しない)、「ふーん」「はあ」
と聞いているだけです。

とはいうものの、ちょっと話はずれますが、最近考えてしまうのは「科学とは?」、です。
だって、「プルトニウム食べても大丈夫」とか「放射線は体にいい」とか、私よりもずっと頭が良いであろう科学者でそういうことを言う人がいるので。挙げればきりがないです。

テレビの話。
ある時、有名な、「モーゼが海を割って道を作って云々・・・」の場面になりました。

私は宗教に関しては、うごさんの、『★「マタイ福音書2・4・5」 マシュー・ヘンリーの注解書』
と似ているのですが、「そんなさあ~(´∀`)」と、突っ込みを入れたくなるタイプです。

信じる者は救われる?知らぬが仏? 
そんな感じかな。(ちょっと違うかな)

そう、実は、私はぶ厚い聖書を1年ほど前に衝動買いしてしまいました。約6700円ほどの。
でも、買っただけで救われた気分になってしまい、以来私のうたた寝用枕になってしまっています。(キリスト様ごめんなさい)(でもちょうどいいんだよね)(収納場所もないし...(´・д・`))
すみません話が逸れてしまいました。

私はある時、キリスト特集の番組を見ながら、夫に聞いてみました。
私:「ねえ、モーゼが海を割ったとかそんなんあるわけないじゃんね。
   そういうのをさ、みんな信じるから宗教なのかね?」
夫:「んなのあり得るワケないじゃん。けど、
   90万人連れて移動するにはそれくらいのことを言わないとダメさよ。
   『モーゼが海を割った!』
   って言い切らなきゃダメ!それくらいじゃないと人はついて来ない!」
私:「なーるほどね・・」

昨年、原発汚染浄化水をホースから採った水を「ほれ大丈夫」と飲んでみせてしまった人(内閣府の園田康博政務官)がいましたが、何かにつけて思い出すのです・・・もしかしてストロンチウムは除去されてないんじゃないかなアレは・・大丈夫か?あの人は・・・と。

すみません、まとまらなくなってしまいました。
頭が痛いし寒いしお腹痛いし風邪としか思えなくなってきてしまいました・・。

私はキリスト教のことは結局よく分かりませんが、ブッシュ前大統領もキリスト教徒の割にはものすごく人を殺し過ぎているような・・とは思います。
自分の国の国民だけ救うとか自分だけ良ければいいというのがキリスト教??
になってしまったのか?都合の良いように解釈されているとか。

テーマが壮大過ぎました。



コメント
この記事へのコメント
癒し系“宗教”なら好きかも…
ゆうこさん、こんばんは…(^-^*)/
わたしは、基本、無神論者なのですが…、 この世知辛い現世…疲れた心を慰め癒し希望を与える宗教はありかなとも思います。 しかし、所詮、宗教なるものは時の為政者(権力者)が、民衆を傅かせる(かしずかせる)為に創作したものであると考えるのです。宗教の恐ろしいところは、排他的側面が強く、麻薬の様に没入してしまうとイスラム原理主義の様に人殺しをも是認してしまうところです。ゆうこさん、ご指摘の様に、ブッシュ前大統領をみると、宗教とは何ぞやと思ってしまいますものね…。
政教分離は大切であると思います。よく、お歳を召されている方は、「感謝の気持ち」なるものを大切にされるのですが、これこそ為政者が統治しやすい民衆になる危険性を孕んでしまう面があるのですね…。“感謝”する行為そのものは、大切であると思いますが、やみくもに感謝、感謝では危険です…、為政者あるいは教祖様のお仰ることは絶対と洗脳されると進歩はなくなってしまうからです。とりとめなくなりましたが、観念論や唯物論、宗教や科学についてあれやこれや考察するのは愉しいですね…。(^_-)-☆
ゆうこさん…体調が芳しくない様ですが、くれぐれも、おからだをご自愛くださいね…。
2012/02/18(土) 02:19:14 | URL | 青い鳥 #-[ 編集]
Re: 癒し系“宗教”なら好きかも…
> ゆうこさん、こんばんは…(^-^*)/

☆青い鳥さん、こんばんは。v-483
いつもコメントありがとうございます!U´・ー・`U

> わたしは、基本、無神論者なのですが…、 この世知辛い現世…疲れた心を慰め癒し希望を与える宗教はありかなとも思います。

分かりますね・・。
癒し系”宗教”で思い出すのが、(なんだか、あんなに騒がれてしまってかわいそうなのですが、)「オセロの中島さん」です。
テレビが一方的に伝えていることなので何とも言えませんが、今後を占ってもらうという気持ちも、分からなくはないなぁと思いました。
芸能人の方は大変ですよね・・。

> 宗教の恐ろしいところは、排他的側面が強く、麻薬の様に没入してしまうとイスラム原理主義の様に人殺しをも是認してしまうところです。

「排他的側面」、あるでしょうね。キリスト教もイスラム教も、目的のためなら人殺しもいいの?みたいな感じになってしまうと、それが宗教なのか?と疑問です。(しかし、私が今言ったようなことはきっと、何百年も繰り返されてきたのでしょうね・・それが虚しいところなのですが。といっても、もちろん、そんな信者ばかりではないでしょうが...)

排他的側面というと、オウム真理教を思い出します。
オウム真理教の施設を躍起になって追い出そうとした住民たちを見ていましたが、
それもまた、排他的でした。
(一歩間違うと、「オウム真理教出て行け教」、みたいになってしまう)

> “感謝”する行為そのものは、大切であると思いますが、やみくもに感謝、感謝では危険です…、為政者あるいは教祖様のお仰ることは絶対と洗脳されると進歩はなくなってしまうからです。

実は私の亡き祖母は創価学会員でしたが、小さいころによく、「ゆうこも頭が良くなるようにご本尊様に祈れ」と言われたんですよね・・でも私はそのころから冷めていた子どもだったので、祖母に表面上は「うん^^」と返事をしながらも、「そんなの勉強しなきゃ無理に決まってるじゃん」と思っていました・・。(笑)

また、ここだけの話、コメント欄なので書いてしまいますが(学会のことは何となく書きにくい雰囲気があります。このブログの読者さんの何人かは不明ですが、学会の方が一人もいないということは無いかもしれないので...)、公明党と創価学会は政教分離に反していると思うんですよね・・・。どう考えても、行き着くところは・・。
学会員が「公明党の○○さんに投票してくれ」なんて言って回るというのは、「政教分離じゃないじゃん」、と。

> とりとめなくなりましたが、観念論や唯物論、宗教や科学についてあれやこれや考察するのは愉しいですね…。(^_-)-☆

いえいえ、青い鳥さん、私のほうこそ、とりとめのないブログ、文章です。
今、頭の中に「宗教と科学...ううう~」とごちゃ混ぜにあるのですが、言葉にしようがなく、もしかしたらまた取り上げるかもしれないです。

> ゆうこさん…体調が芳しくない様ですが、くれぐれも、おからだをご自愛くださいね…。

またここだけの話ですが、情けないことに私はまだ母の死を引きずっていて、頼りない自分をどうしても責める部分が強いです。「しょうがないじゃん」と割り切れないのです。いつまで引きずるかは分からないですが、私のことを妹が「困った姉」と見ていることが辛いです。

寒暖の差が大きいですね。
この前は急に暖かくなって富士五湖の氷が一気に溶けてしまったと思ったら、
また零下8℃とか。。東北地方はもっと寒いので、地震の被災地が気がかりですが・・

青い鳥さんも、風邪を引いたりなさらぬよう、お体にお気をつけて・・・

ありがとうございます!
2012/02/20(月) 00:36:10 | URL | ゆうこ #-[ 編集]
宗教は思想の道具?
 こんにちは。

 宗教と言うのは人の拠り所とは言うけれど、一部で偏った思想が蔓延りそうな感じもしてならないのです。
 自国民を救うことだけや自分だけ幸せならそれでいいと言うのがキリスト教、確かにキリスト教原理主義にはそれが当てはまります。
 聖書の教えが絶対だとして進化論を否定したり、その価値観に基づく思想絶対主義と言うものは、日本人にとって正直理解できない世界だと思うのです。またこれらを見ていると他の宗教を排他的な目で見ているとしか思えないですけど。

 自分さえいいのがキリスト教、と言うのなら、それを理由に世界史における欧米白人国家によるアジア、アフリカなどへの侵略・植民地政策などは最もたる例ではありますね。布教は表向きで実際はそこを自分たちの属国にして現地の人間を搾取すると言う理由で。ましてアジア人や黒人を一方的に劣った人種と見なし、優越思想を作ると言うのはナチスのユダヤ人に対する思想よりも人種差別と人種偏見に満ちていますよ。

 宗教は思想の道具、イスラム原理主義にも当てはまる。
 タリバンなどイスラムを利用して過激な思想を作る組織はまさにその最もな例。人を幸せにする宗教が自分たちのイデオロギーの道具にされ、危険で過激な思想が蔓延ると言うのは宗教そのものに対するイメージダウンでしかないです。
 排他的と言う視点、日本史においては豊臣秀吉の禁教令及び後年徳川幕府がキリスト教を弾圧したことがよく分かる例ですが。

 世界史を見ても宗教がらみの揉めごとは多々あるし、これが現代に至ってもそれが躊躇に出ていると言うのは、それだけ宗教と言うものが複雑怪奇なものに満ちていることへの表れでしょう、多分私は思うに。
2012/02/21(火) 13:45:24 | URL | アジシオ次郎 #-[ 編集]
Re: 宗教は思想の道具?
☆アジシオ次郎さん、こんばんは!
いつもコメントありがとうございます。v-411

>  聖書の教えが絶対だとして進化論を否定したり、その価値観に基づく思想絶対主義と言うものは、日本人にとって正直理解できない世界だと思うのです。またこれらを見ていると他の宗教を排他的な目で見ているとしか思えないですけど。

この記事のテーマが、軽く書き始めた割には大きすぎたのですが、
明治以降に「廃仏毀釈」して、国家神道を宗教のような感じで「欧米列強に追いつけ追い越せ」で来た日本ですが、それがついに破綻したのが、昨年の福島原発事故だと思うのです。
アジシオ次郎さん、すみません、ちょっと話がずれてしまったのですが・・・
日本人も他の国のことを言えないくらい、「排他的」かも・・と思うんですよね・・。
確かに、いろんな宗教が混ざっていても寛容のように見えます。
でも、日本が「経済至上主義教」から抜け出ていないように私には見え、
原発事故で汚染された土地を、「除染すれば大丈夫、住める」と盲目的に信じ込ませようとし、
それに異を唱える人を排除しようとするような動きもあります。
「非・科学的」ということでは、『聖書の教えが絶対だとして進化論を否定したり』したキリスト教とあまり変わらないような気がします。

>  ましてアジア人や黒人を一方的に劣った人種と見なし、優越思想を作ると言うのはナチスのユダヤ人に対する思想よりも人種差別と人種偏見に満ちていますよ。

ですねぇ・・。
私は、映画監督のマイケル・ムーアの「アホでマヌケなアメリカ白人」を思い出します。

>  宗教は思想の道具、イスラム原理主義にも当てはまる。

自爆テロ、悲しいですよね・・。
普通の信者の人もいるのに。
キリスト原理主義も、似たような感じだと思います。
お金で兵器を造り自分たちよりも貧しい人に肘鉄を食らわすので、
私は、イスラム原理主義よりも性質が悪いと思います。

>  排他的と言う視点、日本史においては豊臣秀吉の禁教令及び後年徳川幕府がキリスト教を弾圧したことがよく分かる例ですが。

これを忘れてはいけないですね・・「踏み絵」。

アジシオ次郎さん、コメントありがとうございます!
2012/02/24(金) 23:58:26 | URL | ゆうこ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック