家事専業。犬と猫が好きです。(・∀・)ノ ツイッターアカウントは、画面の下の方です。
  • 03«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »05
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【今からでもマスクした方がいいかも】 東大で実験 セシウム吸引せず ----朝日新聞より
2011年12月01日 (木) | 編集 |
原発の事故後、そして水素爆発後にも、私は何度も神奈川や東京に行ったのですが、
その度に、マスクをしていくのを忘れていました。
「忘れていた」というよりも、自分だけは大丈夫と思い込みたかったことを、
今日付けの朝日新聞で思い知らされました。

2011年12月1日付朝日新聞社会面より。

被爆予防に花粉マスク
東大で実験 セシウム吸引せず

 花粉用マスクをつければ、浮遊しているセシウムをほとんど吸い込まずにすみ、内部被爆量を減らせるとの実験結果を、東大アイソトープ総合センターなどがまとめた。
 30日に横浜市で開かれた日本放射線安全管理学会学術大会で発表された。
 
 同大の桧垣正吾助教は、福島第一原発事故直後の3月15日午後3時から翌日午前9時までの18時間、東大本郷キャンパスで、市販されている不織布の立体型マスクを着用した。
 花粉やほこりに付いて、空中を浮遊している放射性物質と、マスクに付着した放射性物質の量などを調べた。この結果、花粉用マスクで、セシウムのほぼ全てを吸い込まずにすむことが確認された。

マスクに付着した放射性物質の量から換算すると、仮にマスクをせずに体内に吸い込んでいれば、内部被爆は9.3マイクロシーベルトに相当していた。
(岡崎明子)   (赤い文字は私による)



「マスクは気休めなのか」と思った時もありました。
しかし、気休めではないですね。
マスクをする方が放射性物質を吸い込まずにすむことが分かる記事です。

15日というと、水素爆発が起きた後です。
http://www.geocities.jp/masakari5910/earthquake01.html
もしも今マスクを着用して、付着した放射性物質を測ってみたら、3月15日に比べてかなり低い値だとは思いますが、
今も放射性物質は浮遊しているので、空間放射線量が高い場所(又は地域)では、
マスクを着用する方がよいと思います。

ただ、残念なのは、 「『マスクが有効である』という発表が遅すぎた」 ことです。
学会で発表することよりも、それをただちに政府に報告して、
国民に知らせるということはできなかったのでしょうか。


コメント
この記事へのコメント
有益な情報をありがとうございます。
震災から8ヶ月近くたってようやくこの情報というのも脱力ですが、お役立ち情報ですね。関東圏の子供達には是非マスクしてほしいと思います
2011/12/01(木) 20:24:04 | URL | 秋原葉月 #449pMq2M[ 編集]
Re: 有益な情報をありがとうございます。
☆秋原さん、いつもトラックバックさせていただいています。
コメントありがとうございます。

「首都圏などでは、外出時はマスクはしている方がいいのだろう」と思いながらも、
効果がよく分からないし、どう考えたらいいんだろう・・と迷い、
自分自身では、東京や神奈川に出かける時にはマスクをしていませんでした。

マスクはしたほうがいいですね。
2011/12/08(木) 05:24:53 | URL | ゆうこ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック