家事専業。犬と猫が好きです。(・∀・)ノ ツイッターアカウントは、画面の下の方です。
  • 10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »12
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


天皇制と大相撲
2011年11月30日 (水) | 編集 |
デイリースポーツオンラインより、大相撲のニュースを紹介、転載。

================================

大関昇進の稀勢の里「精進します」 
(先代師匠の遺影の前で大関昇進伝達式で口上を述べる稀勢の里(中央)。手前は先代師匠夫人の高谷典子さん。奥は師匠の鳴戸親方=福岡市内の鳴戸部屋宿舎)

大相撲九州場所で10勝を挙げた関脇稀勢の里=鳴戸=について、日本相撲協会が30日、福岡市内で来年初場所(1月8日初日、両国国技館)の番付編成会議と臨時理事会を開き、大関昇進を満場一致で決めた。

 これを受け、同市内の鳴戸部屋宿舎で昇進伝達式が行われた。場所前の7日に亡くなった先代師匠・高谷俊英さん(元横綱隆の里)の遺影が見守る前で、現師匠の鳴戸親方(元幕内隆の鶴)、先代師匠夫人の高谷典子さんと並んで使者を迎えた稀勢の里は「ありがとうございます。謹んでお受け致します。大関の名を汚さぬよう精進します」と口上を述べた。

(2011年11月30日)

================================転載ここまで。

すみません、天皇制と大相撲って、テーマがとても大きすぎるようなのですが、
取り上げてみました。

ちょうど今日昼間私は、
新しく大関になった「稀勢の里」の”大関昇進伝達式”の様子を見ていました。
厳かな雰囲気です。
相撲は「国技ではない」とされているようですが、「神事である」との見方もあるので、そういうことを言われるらしいのです。(らしい、としか今私にはいえませんが)
ただ、いろいろ「手をつけてはならないタブー」があったであろう相撲界も、
元横綱・朝青龍みたいに自由奔放な人が出てきてずいぶん、変わりました。
それに比べて・・・と、そこで私は天皇制を思い出しました。

天皇制の話に戻ります。
このまえ私は自ブログ記事で、「天皇は高齢なので、もう引退してはどうか」「もっと言うと天皇制廃止でもいいのでは?」と書きました。
”天皇引退”について、同じようなことをツイートしている人がいたので、紹介。
(リンク先の緑虫さん(@takashi_aso)のツイートより、赤い文字の部分)

:::::(2011.11.30) @takashi_aso 言われてみれば確かに。 RT @thoton: 同意です。今の天皇制は高齢者虐待です。 @4AG868686 @jijii_kuso 天皇制も隠居を設けるべきですね。定年退職みたいに。 死ぬまで働いておじいちゃんイジメにしか見えません:::::::

秋篠宮さんが誕生日の会見のときに、「今後の皇室のあり方を考えるときに、その過程で、天皇の定年制が必要ではないか」というようなことを述べました。
秋篠宮さん、よくぞ言ってくれました。
私も、そう思います。もう高齢の天皇には、ゆっくり過ごしてほしいです。

ついでにひと言。(このひと言は余計かもしれないが)
「被災地を心配する天皇陛下」を美談に仕上げて放送する大手マスコミ、
そういう演出はやめてください。



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック