家事専業。犬と猫が好きです。(・∀・)ノ ツイッターアカウントは、画面の下の方です。
  • 08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »10
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2012年03月10日 (土) | 編集 |
この記事は削除しました。


ttp://blog.livedoor.jp/abundant_



コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/12/27(火) 14:28:10 | | #[ 編集]
Re: 南相馬市立総合病院の検査体制について
鍵コメントを下さった方、どうもありがとうございます。

> 他意はありませんが、余計なことを申し上げたかもしれません。失礼があったらお許しください。

いいえ、そんなことはないです。
私の社会不安障害についてですが、食事について思い至ったことは今まで一度もなく、
とても参考になると同時に、少々驚いています。

私が拝見しているブログの管理人様で、「粗食」というか、
ご自身なりにバランスを無意識に取っているのではないか、という方がいて、
確かに、「食」は関係しているのかもしれないです。

まずは、いただいたこの情報を自分の食生活を省みることに活かしてみて、
そして、このブログを見ている読者さんにもお教えしようかどうか、考えてみます。

コメント、本当にどうもありがとうございます。
2011/12/27(火) 18:48:02 | URL | ゆうこ #-[ 編集]
“無謬”の怖さ…
ゆうこさん…こんばんは(^-^*)/
福島原発事故は、地震が起きる数年前から日本共産党の吉井英勝衆議院議員が国会で歴代政権や原子力安全委員会などに対して…『津波による全電源喪失が予測されるので、早急に対策を…。』と、幾度となく警鐘をならし続けたのですが、みんな無視し、何の対策もとらなかったのが実態なんですね…。非常に悔やまれます。『想定外は大嘘。』だったのですね…。ここでみてとれるのは、“無謬(むびゅう)”の恐ろしさなんですよ。『原発事故は起こらない。国策として推進してきた原発に事故が起きてはならない…。』この考えが原子力ムラの思考回路が染まってしまい…事故対応マニアルもなかったとも言われています。電源車両と冷却装置を繋ぐ配線のプラグのサイズが合わなくて、炉の冷却が大幅に遅れたなどの不手際も明らかになっています。SPEEDにより、放射性汚染物質の飛散方向や距離などの詳細な状況やホットスポットの位置など事故後すぐに判明していたにも関わらず、情報が公開されたのが事故後、8日も過ぎてからです。周辺住民への避難勧告も二転三転…。全てが後手、後手にまわり、挙げ句に、都合の悪い情報を隠蔽する…。一刻も早く原発にかかわる国の機関や東電に司直の手(捜査)を入れ、責任の所在を明らかにし、被害者に手厚い賠償を即座に実行しなければなりませんね…。子供たちの、数年後に懸念される健康被害についても、“無主物”や“原発事故との因果関係”が不明…とかのたうちまわり、東電や国が責任回避することが、手に取るようにわかりますね…、裁判所も国家機関の一部に過ぎず、国策の前では司法も当てにはなりませんね…。恐ろしい国です…この日本は…。

2012/01/24(火) 23:21:35 | URL | 青い鳥 #-[ 編集]
気がつけば取り返しの付かない
 おはようございます。

 福島第一原発事故は、これまで事故の可能性があると言う見解が一部からあったにも関わらず、政府や原子力安全委員会がそれを無視し、何もしなかったことで、今回事故が起こったときにはとんでもないことをもたらしたと言えます。
 現に事故が起こったにもかかわらず、政府や原子力保安院、東京電力は後手後手に回り、責任のなすりつけ合いと来たもんだから、あきれてものが言えない。
 7年前にニューオーリンズで起こったハリケーン「カトリーナ」の際のブッシュ政権の対応よりもひどいものだったと言える。

 後手後手に回り続け、嘘を流し続けたツケが取り返しのつかない最悪の事態を招いたと言えるし、未だ避難生活を余儀なくされる住民の苦しみはかくも大きいです。

 最悪の事態、これは今のシリアに言えることですが、つい先ほどアラブ連盟はアサド大統領に「退陣」勧告を下し、最悪の事態回避に向けてはいるものの、アサド大統領側はこれを拒否、また最悪の事態へと陥ってしまう危険性すら出てきたような気がします。
 シリアに関しては、私のブログでも取り扱ってますので是非見に来て下さいませ。
2012/01/25(水) 09:21:45 | URL | アジシオ次郎 #-[ 編集]
Re: “無謬”の怖さ…
> ゆうこさん…こんばんは(^-^*)/

☆青い鳥さん、こんばんは!
寒いです!v-12
金星v-352と月v-280がきれいです。^^

> 一刻も早く原発にかかわる国の機関や東電に司直の手(捜査)を入れ、責任の所在を明らかにし、被害者に手厚い賠償を即座に実行しなければなりませんね…。

私も、なぜ家宅捜索をしないのか、国に対する不信感でいっぱいです。
多くの人がそう思っているでしょう。
ライブドアの時にはあれだけ派手に、ほとんど見せしめのようにマスコミも取り上げたのに(堀江元社長は晒し者のようになり、出る杭は打つ!とばかりに)、
「想定外だった」と言ってのける東電のことは、大手マスコミは激しく追及するでもないです。
私は「マスゴミ」とは決して言いませんが、
心の中ではそう思うようになりました。

> 子供たちの、数年後に懸念される健康被害についても、“無主物”や“原発事故との因果関係”が不明…とかのたうちまわり、東電や国が責任回避することが、手に取るようにわかりますね…、

ツイッターより。
■@tokaiama 福島県川内村が(1月)31日、避難生活を続ける村民に帰村を呼び掛ける「帰還宣言」をすることが分かった。
http://blog.goo.ne.jp/tarutaru22/e/efc4dce0cd4162944055bda1d8255ec5

ということなんですよね。
そこに住んでいた人からすれば、線量が高いので住めない、という現実を受け入れていくのは大変だと私は想像することしかできないのですが、
それを本来は国がやるべきなのに、と思います。

> 裁判所も国家機関の一部に過ぎず、国策の前では司法も当てにはなりませんね…。恐ろしい国です…この日本は…。

そのうちに病気になる人が続出して、裁判で東電を訴えても、最高裁で「原発との因果関係が不明」という判決が出てしまえばそれが判例になってしまうことは目に見えています。

恐ろしいのは国と、全体に広がる妙な空気です。
ちょっと話がそれますが、
脱原発の署名運動をしながら、「被災地のものを食べて応援」と言っている生協もちょっと変です。(我が家の生協は「首都圏コープパルシステム」です)
ベクレル検査(検出限界10Bq)もしていますが、
福島の農家に「放射性物質が舞っていて危ないからそこから逃げろ」とは言わないんですよね・・。

すみません、まだお話したいことがあるのに消化不良な返信になりました・・。

青い鳥さん、ありがとうございます。
2012/01/27(金) 18:32:23 | URL | ゆうこ #-[ 編集]
Re: 気がつけば取り返しの付かない
☆アジシオ次郎さん、こんにちは。
寒いですね~(((+o+))ガクプル...e-75e-15

>  福島第一原発事故は、これまで事故の可能性があると言う見解が一部からあったにも関わらず、政府や原子力安全委員会がそれを無視し、何もしなかったことで、今回事故が起こったときにはとんでもないことをもたらしたと言えます。
>  現に事故が起こったにもかかわらず、政府や原子力保安院、東京電力は後手後手に回り、責任のなすりつけ合いと来たもんだから、あきれてものが言えない。

そうですね・・。
この連載を読んでいると、毎日気分が重くなります・・。
誰が始めたのがマスコミが始めたのか知らないですが、震災の後しばらくして、「菅おろし」コールがすごかったように思います。
しかし、菅さんが首相でなかったらもっと事態が良くない方に行ったのではないか・・
連載を読み、私はそんな感想も持っています。

しかし政府全体で見ると、保安院のトップの人が「技術屋」でなかったり、信じられないですねぇ。
東電も、「津波による電源喪失は想定外」と他人事のように言い切ってしまっていますよね。

>  7年前にニューオーリンズで起こったハリケーン「カトリーナ」の際のブッシュ政権の対応よりもひどいものだったと言える。

「原発は事故を起こさないようにしているので安全」、という考えが、
事故が起こってからでないと改められないというのが残念で仕方ありません。
(いえ・・改められてないですね。いまだに原発を新しく造ろうとしているし)
危険だと言い続けてきた研究者・学者もいたのに。

>  後手後手に回り続け、嘘を流し続けたツケが取り返しのつかない最悪の事態を招いたと言えるし、未だ避難生活を余儀なくされる住民の苦しみはかくも大きいです。

警戒区域で避難の人もそうですが、自主避難した福島県の人の思いを考えると、言葉がないのですが・・。
福島県に居住続けさせるという政策そのものが、私は正しくないと思います。
「正しい」という言葉は好きではないですが、
健康被害に関しては、チェルノブイリの例を見習うべきなのにそれを見ようともしない。
残念な政府です。

>  シリアに関しては、私のブログでも取り扱ってますので是非見に来て下さいませ。

アジシオ次郎さんのブログ、拝見しています。U´・ー・`U
シリアというと、思い出すのは記憶に新しいカダフィ大佐殺害です。
リビアのように空爆(空襲)して親方(アサド大統領)を捕まえて(あるいは殺害して)、それで復興----というパターンにしたいのでしょうか・・超大国とその取り巻きは・・
(その取り巻きの中に日本も入っていますが)
もう、そういうことはやめてほしいと思いますねぇ・・。

アジシオ次郎さん、ありがとうございます。
2012/01/29(日) 17:19:01 | URL | ゆうこ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
朝日新聞長期連載「プロメテウスの罠」NEW!第9シリーズ<ロスの灯り>◎第7回「成長 まぶしすぎた」(3月25日):::::「きみは、東北が貧しいのは雪深いせいだと思っていないか」 まごつきながらもそうだと思うと答えると、北村は真顔で否定した。・・・・・ロサンゼルス?...
2012/03/30(金) 04:40:11 | まとめwoネタ速suru