家事専業。犬と猫が好きです。(・∀・)ノ ツイッターアカウントは、画面の下の方です。
  • 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


TPP TPP 「サルでもわかるTPP」
2011年11月07日 (月) | 編集 |
こんにちは。
「何?このタイトル」。と思われた方、いますよね。
ラップ調で歌ってみてください。(´・д・`)
しかし・・でも・・これを読んでみたら、TPPを簡単に賛成してしまうと、
エライことになる??というのが私の感想です。

TPPのことを記事にしてみようと思ったのは、私がツイッターで、「TPP参加すると盲腸(虫垂炎)で病院にかかると、百万円単位で治療費を請求されてしまう」という内容をリツイートしたら、
このブログの読者様が
「それは心配です。ブログ記事に書きますか?」と尋ねて下さったのが発端です。
TPPに参加したら良くなさそうだということは分かっても、
何が何だか・・難しい。私には難しいです。けれど、書いてみました。


「サルでもわかるTPP」----TPPは農業問題じゃないヨ!放射能のように、日本人すべての上に降りかかってくる大問題!

↑これをざっと読むと、

■「交渉内容はとても幅広く、24もの分野に渡っているよ。」
とある通り、TPP=農業だけ、と思い込んでいた私はびっくりです。
ようするに・・・例えば私の住む山梨の町の橋の補修工事をするのに、
外国の企業に発注されて、外国の人が工事をしている、なんてこともあるのだろうか、
と、想像してしまいました。

■そして、<生活するだけで精いっぱいになった庶民は外国の安い農産物を買い求めざるを得ず、農薬漬けの野菜を買わなくてはならなくなるのか・・>(しかし原発事故で放射能汚染が広がって(政府が汚染を広げて)いることを考えると、どちらがいいのか)など、
心配してしまいます。

■気がかりな医療については、具体例に近いようなものがないと、
私には理解が難しい・・・また、改めて記事にしようと思います。

YouTube版
サルでもわかる TPPがヤバい7つの理由
  ↑ これは分かりやすいです。
全部で5分44秒。
3分45秒辺りに、「国民皆保険制度が崩れます」という字幕、問題点が流れます。

ICT甲府さまの記事を、ここにリンクして紹介します。
ICT甲府: TPP参加後の山梨県を徹底検証すべきだ

なかなか、TPPのすべてを理解することは、難しいですよね・・。
そしてICT甲府さん、「ゲンダイネット」の記事を引用なさっているのですが、
そこに、経済学者の池田信夫さんも取り上げています。
(池田信夫さんは、私はツイッターで見かけたのですが・・・
あまりにも「ええっ!」ということを言っていて(私が経済に疎すぎるからか?)、
驚いたことはあります。(池田さんて「トンデモ系?」という意味で))

ICT甲府さんが書かれた記事の一部を転載、紹介します。

「ICT甲府  2011.11.06
TPP参加後の山梨県を徹底検証すべきだ」


転載ここから。::::::::::::::::::: 


一方、池田信夫さんは2011年11月05日付け、TPPをめぐる問題と非問題 を掲載しています。
経済学も知識が薄い私には理解できないことも多いのですが、『経済学の標準的な答は、グローバル化による格差拡大を止めるべきではなく、それによる成長率の上昇分を所得再分配に回すべきだということだ。・・・TPPをめぐって論じるべきなのは、こうした本質的なグローバル化の意味なのだが、それに気づいている人さえほとんどいない。TPPについてのアメリカのアジェンダ設定は明らかにこうしたパラダイム転換を踏まえているのに、日本人はそれに気づかないで被害妄想を繰り返している。日米の戦略のレベルの違いは、絶望的に大きい。』 と末尾に池田さんが書いています。


これが記事の結論なのだと考えると、私が直感的に分かるのは、こういう大局的な経済と社会の関係、本質的な事が理解できない人々と、理解していて自分達の権益確保のために理解できない人々を巧みに操っている人々の能力の差が大きいということです。
ですから、理解できない人々=TPP賛成派 でしょう。私は理解できない人だけど、このような意味で直感的に反対です(^o^)
でも直感するばかりではなく、「アメリカが設定したアジェンダによる日本のパラダイム転換」 はどのようなものとなるか、それをなんとか理解しないといけないのです・・・。

池田さんは日本は貿易収支の黒字で喰っているよりも、金利や配当で食う資産大国だと言われていますが、それが国民の生活の安全・安定・安心にどう結びついているか、私にはわかりません。というより金利で食える生活など私の人生で想定外。私は自分自身に貯金してきたものを今は取り崩して食っている、その貯えが尽きたときはこの世にオサラバです。

池田さんの別記事、2011.10.26 「被害妄想と時代錯誤の「黒船」TPP論争 問題は農業保護でも貿易自由化でもない」 ここでは、『今のうちに輸出立国から、資本輸出と製品輸入で資産を有効利用する経済構造に転換しなければならないのだ。』 と。だからTPP参加を反対する意味は無いということでしょう。
これも上と同様に経済・社会の発展段階の理論から導かれるのかも知れませんが、資本輸出するその資本はどこから得られるのか、そこんとこが経済学オンチの私には理解不能。雑巾を絞るように国民から搾り取るような状況を想像してしまいますが、そんな答えでは落第点ですね(^_^;)

転載ここまで。::::::::::::::::::::::::::::

最後の部分、
> そんな答えでは落第点ですね(^_^;)

そんなことはないと思います。

> 雑巾を絞るように国民から搾り取るような状況を想像してしまいますが、

とも書いていらっしゃいますが、想像することは大切だと思います。
何も考えずに、「TPP=開国」「TPP=日本も乗り遅れるな」
と、鉄板的に考えるよりは、はるかに良いと私は思います。


経済学者の池田信夫さんにひと言、苦言を・・・。
(ICT甲府さん、
分からないような表現をする池田信夫さんの方が悪いのだと思います)

「アメリカが設定したアジェンダによる日本のパラダイム転換」
って、
何が言いたいのかまったく分かりません・・。
もっと分かりやすく書いてほしいと思います。


コメント
この記事へのコメント
世論調査の欺瞞に注意ですね
トラックバック感謝です、こちらの記事でご紹介いただきありがとうございます。
TPPにアメリカがどういう議題を提示しているのかについて、私はこれから確認せねばなりませんが、マスコミ情報以外のソースを探す必要があるので後日です。

http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4871182.html
野田内閣支持率、51.2%に下落、という見出しですが、
>TPP=環太平洋パートナーシップ協定の交渉に参加するべきかどうか聞いたところ、「参加するべきだ」と答えた人は49%で、「参加するべきでない」と答えた人は32%でした。
>しかし、政府がTPPのメリットとデメリットについて「十分な説明を行っていると思う」とした人は5%で、9割の人が説明が十分ではないと感じていることが分かりました。

これで爆笑です。だったら「参加するべきだ」という論拠はなんだ?・・・でしょう。

池田さんの論説は難しいですが、私は参考になる事が多いので時々読みます。
単純に賛否を論じていると読むのは表面的で、
問題の切り方を学べる、問題の扱い方を学べる、そういう意味で池田信夫さんの論説は参考になります、私の結論は反対になることも多いのですが。
2011/11/07(月) 19:52:32 | URL | ictkofu #2YYiSWDQ[ 編集]
Re: 世論調査の欺瞞に注意ですね
☆itckofuさま、こんにちは。
返信が遅れてしまい、申し訳ないです。
コメントありがとうございます!(^o^)

> http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4871182.html
> 野田内閣支持率、51.2%に下落、という見出しですが、
> >しかし、政府がTPPのメリットとデメリットについて「十分な説明を行っていると思う」とした人は5%で、9割の人が説明が十分ではないと感じていることが分かりました。
>
> これで爆笑です。だったら「参加するべきだ」という論拠はなんだ?・・・でしょう。

「参加するべきだ」というのは、政治家自身が理解して言っているのではなく、「勢い」又は「アメリカに嫌われたくない」のかな・・と、私は思ってしまいます。

> 池田さんの論説は難しいですが、私は参考になる事が多いので時々読みます。
> 単純に賛否を論じていると読むのは表面的で、

もちろん、そうですね。
池田信夫さんが著名な経済学者というのは、ツイッター内でのつぶやきで知りました。
池田信夫さん・・・それまで知らなかったです。

池田信夫さんに限らず、「アジェンダ」「コングロマリット」「イノベーション」「コンファーム」「クラウド」など、わけの分からない横文字をやたらに使う人は、
庶民にとってはあまり「使えない」学者(政治家)かも・・なんて、思ったりします。

itckofuさま、ありがとうございます。
2011/11/13(日) 17:02:15 | URL | ゆうこ #-[ 編集]
はじめまして、こんにちは。

大阪府内で市議会議員をしている者です。
「議員の役割」というフレーズで検索していると
こちらのブログに辿り着きました。
市議会議員が関心していてはいけないのかも
しれませんが、内容を拝見していると共感できるところが多くその思いを伝えようとコメントさせて頂きました。
今後も拝見させて頂きます。
2011/11/21(月) 11:33:02 | URL | k_ueda #-[ 編集]
Re: タイトルなし
> はじめまして、こんにちは。

☆k_ueda さま、はじめまして。
コメントへの返信がとても遅くなってしまい、申し訳ないです。
訪問ありがとうございます。

ICT甲府さんの記事を引用させていただいたのですが、
私は自分自身に貯金してきたものを今は取り崩して食っている、その貯えが尽きたときはこの世にオサラバです。 という部分、これは私の状況によく似ていて、ICT甲府さんは『自分自身に貯金してきたものを今は取り崩して』と書いていらっしゃいますが、私は、そうではありません。
私は1970年生まれで既婚ですが、夫の収入と母(故人)の遺したものと、今父がまだ生きてるので、なんとかやっていけています。(私は精神的に良くない状態が続き、持続的・継続的に働いて金銭を得ることが、今はまだ無理です)
私のような状態の人は、世の中に同年代~それ以下の世代でたくさんいると思います。
親の世代の資産がなくなったら、もしも夫婦で病気で働くことができなくなったりでもしたら、もうおしまいというか、そういう部分があります。

少し話が逸れてしまいましたが、「一度落ちたら這い上がれない」この世の中で、
TPPを進めてしまうと大変なことになるのではないか、と危惧しています。

> 今後も拝見させて頂きます。

いえいえ・・・恐縮です。
どうもありがとうございます!
今後ともよろしくお願いいたします。
2011/11/27(日) 02:50:02 | URL | ゆうこ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック