家事専業。犬と猫が好きです。(・∀・)ノ ツイッターアカウントは、画面の下の方です。
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


がれき
2011年11月04日 (金) | 編集 |
被災地からのがれきが東京に搬入されました。

搬入途中、ゆっくり走っている貨物列車がテレビ映像に映されました。
そっくりそのまま、重なる映像がありました、自分の頭の中で。
アウシュビッツです。

到着したがれきが、コンテナから出されました。
ただのがれき、燃やせばいいというものじゃありません、おそらく。

放射能汚染地図から見て、3月の原発水素爆発の規模からして、
汚染されていることは、確かです。

彼らがれきは、最終的な地にたどり着きました。
焼かれる。
あの人たちもそうだった。あの収容所が最終地点。

3.11から変わってしまいました。

目に見えない、恐ろしさ。

放射線と人間が恐ろしい。


あの映像とアウシュビッツを重ねるなんておかしいと思う人もいるかもしれません。
もちろん、私自身も「そんな物語じゃない」と頭の中ではそう思っています。

けれど、日本の「空気」、人間関係の中の空気、ネットの中の空気を感じ取ると、
重ねずにはいられなくなってしまうのです。

回りくどく「安全なのに大騒ぎしすぎ」という人に対しては、嫌気が差しますね。
「食べて応援」のマスコミも、頭良い人たくさんいるだろうに・・と呆れます。
あの事故のまま変わってないけど、それは分からないの?と言いたくなります。

脱原発は、しなくてはならないと思います。
だから、手を繋げるところは、手をつないだ方がいい。
嫌気がさしてもそこで切らずに。
自分と意見が違うから、だから、聞いた方がいいと思う。
私は八方美人だろう。曖昧だ。面倒くさい。

まとまらないですがね。
とにかく、
あんなものが爆発して空気が汚れてダラダラ漏れてて、
良いわけが無いと思います。



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック