家事専業。犬と猫が好きです。(・∀・)ノ ツイッターアカウントは、画面の下の方です。
  • 06«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »08
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


『TPP推進派が推進理由にあげる米韓FTAについて』----村野瀬玲奈の秘書課広報室より
2011年10月31日 (月) | 編集 |
こんばんは。
「TPP」について・・・
別名:環太平洋経済協定、環太平洋連携協定、環太平洋戦略的経済連携協定、環太平洋パートナーシップ、環太平洋パートナーシップ協定、太平洋間戦略経済連携協定、トランス・パシフィック・パートナーシップ

という言い方もあるようです。
「あるようです」としか言いようがありません。
原発事故以来、すでにある原発が事故を起こさないか、福島第一原発事故後の内部被曝などが不安になっていたのですが、さらに不安になることがあります。
日本のような国民会保険制度などが無いアメリカでは、
例えば、「低血糖を起こして倒れ、救急車で運ばれて点滴を受けると、
病院から1000ドル、医師から300ドル請求された」などの事例があるのを、
ツイッターで見かけました。
心配です。風邪をこじらせて(私は耳にウイルスが入ったことがありますが)
そこから髄膜炎になっても、
「お金がかかるから」と治療を断ってしまいそうです。
→で、死ぬ・・とか・・考えてしまいました。

このブログのリンク先の、「村野瀬玲奈の秘書課広報室」より、リンク。
TPP推進派が推進理由にあげる米韓FTAについて

少し長いのですが、村野瀬さんが、韓国がアメリカと結んだFTAについて、
問題点を指摘しています。

「ダイヤモンド・オンライン」からの引用の部分、

<もう一つ特筆すべきは、
韓国が、ISD(「国家と投資家の間の紛争解決手続き」)条項を飲まされていることである。>

が気になります。

<ISD条項に基づいて投資家が政府を訴えた場合、数名の仲裁人がこれを審査する。しかし審理の関心は、あくまで「政府の政策が投資家にどれくらいの被害を与えたか」という点だけに向けられ、「その政策が公共の利益のために必要なものかどうか」は考慮されない。その上、この審査は非公開で行われるため不透明であり、判例の拘束を受けないので結果が予測不可能である。>

(太字<>の部分、引用)

公共の利益よりも、投資家が大事なのか?という、
なかなか私の中の常識では理解できない部分があります。

これだけではTPPのどこが問題なのかはまだまだ理解はできないし、
仕組み自体も分からないのですが、
米韓FTAはTPPと似たような感じなので、村野瀬さんの記事を是非読んでみてください。
TPPについては自分自身の勉強も兼ねて、また書こうと思います。

最後の方、村野瀬さんのひと言がいいです。

「わからないことをわからないということ、具体的説明を求めることは、主権者である国民にとって大切なことです。わからないのにわかったふりをして契約書にハンコを押すと悪徳業者の餌食になるって聞きましたよね?相手が政府であっても悪徳業者であっても同じように警戒すべきです。特に、日本政府は過去たくさん日本国民をだましてきた実績がありますから。」

これは私は今日ツイッターでもつぶやきましたが、
夫には似たようなことを言って、TPPに興味を持ってもらうように仕向けました。
仕向けました、というか、はたらきかけました、ですね。
(村野瀬さん、上の言葉をアレンジして使わせてもらいました)
まずは周囲の一人から、です。


コメント
この記事へのコメント
どうもですノシ
こんな、ニュースがありましたよ。↓

http://gendai.net/articles/view/syakai/133413
2011/10/31(月) 20:56:16 | URL | 塗仏ひがし #EUElG81w[ 編集]
☆ひがしさん、こんばんは!
コメントありがとうございます。
返信がとても遅れてしまい、申し訳なかったです。
(今、コメント送信したとたんにメンテナンス中になってしまい、消えました・・。書き直しです。。)

昨日の緑虫さんのツイートより。
「開国か鎖国か?」は論点のすり替えです。「命を企業の利潤追求の犠牲にしてよいか? 命を第一に考えるか?」という問題です。
ちょっと引用させてもらいましたが、私も同意見です。
黒船の時代ではあるまいし、「開国か鎖国か」という、
単純にはいかないと思います。
(なのに、そう言う人が多い気がする・・^^;)


>  http://gendai.net/articles/view/syakai/133413

読んでみました。
工業製品の関税はそんなに高くないのに、
さらに撤廃しても、日本にとっては良くないと思うのですが・・
それでも強固に進めようとする人がいるのは、
その人たち(ごく一部の金持ちでしょうか・・)にとってだけ、
うまみがあるのでしょうか。
そう考えてしまいます。

もう一つ、
TPP反対の人がツイッターで
「TPP反対の立場の農協は影響力が大きい」とつぶやいていたのですが、
農協について、私は考えてしまうことがあります。
記事にしようと思っています。

ひがしさん、ありがとうございます!
2011/11/07(月) 00:58:21 | URL | ゆうこ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
   日本政府や政治家や報道機関から出てくるTPP(環太平洋連携協定)推進論を読んでいても相変わらず全く物足りなく感じます。物足りないのは説明不足のせいであり、現場の人々を納得させることのできる...
2011/11/01(火) 00:19:03 | 村野瀬玲奈の秘書課広報室