家事専業。犬と猫が好きです。(・∀・)ノ ツイッターアカウントは、画面の下の方です。
  • 04«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »06
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ブログ:「楽なログ」より---『リビアは確実に悪くなる』---
2011年10月25日 (火) | 編集 |
いつも見ているブログ、「楽なログ」より。

リビアのカダフィ大佐が10月20日に殺されましたが、
そのことについて書かれています。

全文、転載させていただきました。
カダフィ殺害については、私はかなり違和感を感じていました。
(ビンラディン殺害の時のように。
”大量破壊兵器を隠し持ってる”、とイラクを攻撃した時のように。)
殺害は、後味が悪すぎです。(ツイッターでもつぶやきましたが)

少し長いのですが、是非、読んでいただきたいと思います。
このブログのレイアウトで読みにくい場合は、「楽なログ」から
読んでみてください。

追って、私が思ったことを書きます。

転載ここから。::::::::::::::::::::::::::::::::

リビアは確実に悪くなる
(「楽なログ」2011年10月24日付)

 リビアの反カダフィ派「国民評議会」(正確にはNATO傀儡)のアブドルジャリル議長は、今後のリビアについて、妻4人などイスラム教に沿った法を施行すると表明した。
 そんなことより、カダフィが欧米と喧嘩しながら油田国有化の利益により実現した医療費・教育費・電気などの無料制度を維持するのかどうかを答えるべきだ。
 おそらく答えられないだろう。

 前に紹介したベルギー人ジャーナリスト・ミシェル=コロン氏が、フランスのネオコンやシオニストの論客たちを論駁した話を採録する。

 アメリカとフランスは、ベナリ元大統領とムバラク大統領を最後の最後まで援護しましたが、カダフィ大佐の場合は少し違います。
 確かに彼は独裁者だし、汚職もあるし、スイスに銀行口座もある。でも、それだけではありません、彼は石油を国有化し、アレックス、トータル、BPRに嫌われた。パレスチナ人を援助して嫌われた。
 フランスもアメリカもアラブ人の民主化革命を破壊しにかかっている。リビアにも実際に民衆の蜂起があり、期待もあった。でも、それと同時にアメリカとイギリスによって武器援助され内戦がひきおこされた。体制転覆を狙ったものでした。
 なぜなら、アメリカが最も恐れているのは、チェにジアとエジプトが発展を遂げてリビアと連合し、アメリカに、またイスラエルに対抗してくることです。リビアにいま戦争がおきている真の目的はそこにあるのです。
 第一に石油確保のため。イラク戦争と同様に石油のための戦争である。利益の大きな石油管理を世界の各地で手に入れることが重要なのです。
 第二の目的は、アラブ世界の発展を抑えるためです。アラブ諸国は石油をトータルなどに独占されるよりも、国と社会の発展に、教育や、医療費無料や失業に役立てたほうがよいのではないかと思いはじめています。
 石油は人民のために役立ったほうがいいではないですか。われわれの友好国の石油王たちが建てる何百メートルものタワーや一晩何十万円もするホテルなどより。飢餓で苦しむ人々が世界中にいるとき、そんなものが何の役に立つでしょう。
 ここではっきりさせないといけないことがあります。「あの国の体制を変えよう」などと、まるで当たり前のことのように言う人たちがいますが、それは国際法に違反してる。
 私たちは、武力攻撃の被害を受けた国に介入する権利はあるけれども、武装反乱が起きた場合に、どちらかの陣営を支援する権利はありません。もし、こんなふうに、ある国が別の国にいつでも介入する権利が認められた日には、どうか。
 ロシアがすぐに言うでしょう、「バーレーンの状況が気に食わないから介入して体制を変えてやろう」と。中国も、サウジアラビアについて同じことを言うでしょう。
 こう仮定してみると、おかしいことがすぐわかりますね。
 もうひとつ明らかなことは、ヨーロッパやアメリカが世界の支配者のような態度で「我々こそは、あの地域で次に起ることを知っている」などという傲慢です。ある国の国民が、自由を求め指導者を変えたいと思えば、そうする権利がありますが、あなた方が彼らの代わりにそれを行う権利はないのです。体制に対し、民衆の怒りと団結が真に高まっていれば、自分たちで転覆するでしょう。あなた方が不可能などと言うベナリやムバラクの体制でも転覆できるはず。
 よく、国際会議で決まったなどと聴きますけど、それはメディアの大嘘です。ロシア、中国、ドイツは、反対票を投じました。ラテンアメリカ諸国は、ウゴ=チャベス大統領の調停案に従うと言いました。
 もし、ほんとうに大量虐殺や内乱での殺し合いを止めさせたいと望むなら、アラブ連盟にもアフリカ諸国にも支持されているチャベスの調停があったのです。それを欧米の指導者は拒否しました。なぜでしょうか。
 紛争があれば、いつも同じです。イラクでも、ユーゴスラビアでも、アフガニスタンでも、交渉の申し出があるたびに、それをアメリカとヨーロッパが拒否します。隠れた目的があるからなのは明白です。
 欧米はカダフィ氏を倒そうとし、ベナリ氏とムバラク氏を援護してきました。アラブ世界を支配下におき、石油採掘権を得るためです。イスラエルの地位を守ることも目的です。イスラエルの名は全然口に出してはなくても。
 テレビを見ている人たちに言っておきたいことがあります。
 まず、これまでの戦争の一つ一つが、メディアの嘘を用いて、我々はこうだと信じ込まされたものなのです。ベトナム、イラク、ユーゴスラビア、アフガニスタン、など、すべての戦争に関して嘘をついたメディアが、今回だけ真実を語るという奇跡が起こりうるでしょうか。
 次に、「爆弾攻撃する必要がある」などと軽々しく口にする人がいますが、イラクやアフガニスタンを経験したにしては軽々しい発言です。その結果、民衆がどれだけ苦しんでいるか、フランス人、ヨーロッパの人々は、自らにこう問うてみるべきです。「私の名において、これらの民衆を爆撃することが、正しいことだろうか」と。
 欧米が爆弾攻撃を行ったすべての国において、状況は前より良くなったでしょうか。
 イラクは80年代に非識字率はほぼ無くなりました。それなのに現在は子供の40%が学校に通えない状況です。6人に1人が読み書きができないのです。
 アフガニスタンでは麻薬売買が盛んになり,コソボは麻薬売買、ヨーロッパのための娼婦売買の中心地となった。
 前よりひどくなったのです。
 なぜなら、アメリカもヨーロッパも解決者ではないからです。欧米こそがこれらの国々が抱える問題の元凶となっているからです。問題があるのは欧米のほうなのです。

転載ここまで。::::::::::::::::::::::::::::



コメント
この記事へのコメント
井上静という人物について
 こちらへの書き込みは初となります。
井上氏のブログは前々から存じていますが、どこか唯我独尊っぽいものがあり、反吐が出そうなものがあります。精神性も低く、情緒もなく、体罰と暴力を同一とみなしたりと反感しか残らないことが多かったりします。

 あまり、井上氏をべたほめしないほうがいいですよ。
でないと、右翼系の人物によってネットストーカーされかねないでしょうし・・・。
2011/12/04(日) 13:49:04 | URL | 白田川 一 #2/ZPy2tY[ 編集]
Re: 井上静という人物について
白田川 一さま、はじめまして。
コメントありがとうございます。

>  こちらへの書き込みは初となります。
> 井上氏のブログは前々から存じていますが、どこか唯我独尊っぽいものがあり、反吐が出そうなものがあります。精神性も低く、情緒もなく、体罰と暴力を同一とみなしたりと反感しか残らないことが多かったりします。
>  あまり、井上氏をべたほめしないほうがいいですよ。

井上さんのブログが精神性も低く、情緒もなく・・・ということですが、
どうなのでしょう。それは感じたことはありませんでした。
私は自分でうまく文章をかけない時には、他の人のブログ記事を引用することがあります。
井上さんもそれと同じです。
ですので、もちろん、私自身と考えが違うと思う時もあります。
引用させてもらったのが全文というのは珍しく、今回は私自身があまりにもリビアという国について知らなさ過ぎたため、「これはいいな」と思った井上さんの記事をそのまま転載させてもらいました。

> でないと、右翼系の人物によってネットストーカーされかねないでしょうし・・・。

私が、「右翼系の人物によってネットストーカーされかねない」ということでしょうか。
それは大丈夫だと思っています。
アクセス数が少ないし、内容も中途半端なことが多いからです。

白田川さま、ありがとうございます。
2011/12/08(木) 05:34:48 | URL | ゆうこ #-[ 編集]
井上静という人物は・・・
ゆうこ様

 白田川です。
あれから、いかがお過ごしでしょうか?

 井上静という人物について補足があります。
この井上氏は、自分にとって気に入らない人物を平気で侮辱したりする記事をアップしたりところがあります。例えば著名な作曲家である、すぎやまこういち氏を「パクリの名手」と称して誹謗中傷を図ったり、それだけでは足らずあのアウンサン・スーチー女史をも侮辱したりします。左翼ゆえか、そういう挑発的で不謹慎極まりない記事をアップしたりと、よく見かけるゴシップ週刊誌と同等なまでの性質(たち)の悪さが目立ちます。

 間違っても、そういう悪辣なる人物と交流を持ってはなりません。でないと、あとあとになってネットトラブルに巻き込まれて泣きを見ることになるかもしれませんよ。老婆心ながら忠告まで。
2012/10/13(土) 14:39:14 | URL | 白田川 一 #2/ZPy2tY[ 編集]
Re: 井上静という人物は・・・
☆白田川さん、おはようございます。
コメントをありがとうございます。

>  井上静という人物について補足があります。
> この井上氏は、自分にとって気に入らない人物を平気で侮辱したりする記事をアップしたりところがあります。例えば著名な作曲家である、すぎやまこういち氏を「パクリの名手」と称して誹謗中傷を図ったり、

私は、すごやまこういちさんというと、ゲームをしたことがなくても、
「ドラクエ」を吹奏楽部で演奏したことがあり、(交響曲っぽいのは聴いたことはないですが)メロディーがとても気に入っていて、良い曲だとおもっています。
小説やエッセーであっても、他人の作品を「全く同じ」にコピペをして自分の作品として発表するのは論外ですが、ある程度似るのは当然だと思うので、すぎやまさんを「パクリの名手」とは言い過ぎだと感じましたが、
井上さんの、皮肉の効いたブログ記事の書き方も気に入っています。

>  間違っても、そういう悪辣なる人物と交流を持ってはなりません。でないと、あとあとになってネットトラブルに巻き込まれて泣きを見ることになるかもしれませんよ。老婆心ながら忠告まで。

そうですね。井上さんの記事は、私が知らないことも多く参考になりますが、
いつも、参考までにとどめておいています。
白田川さん、どうもありがとうございます。
2012/10/17(水) 09:18:35 | URL | ゆうこ #-[ 編集]
あんたねぇ・・・
  レスを御丁寧にありがとさん。
が、皮肉と言っても度が過ぎており、井上氏自身が一度音大に入り損ねたもんだからその腹いせとして八つ当たり的に誹謗中傷をするというのは情けないと思いません?ただ、無言で嫉妬する分にはまだ良いけど、ネット上であからさまに嫉妬をむき出しにしたような書き込みをする奴というのも救いようがあったもんじゃありませんがな。あまり、井上氏と関わり続けると、井上氏共々にそのうち公安警察にマークされるということもありましょうな。

 あんな、1965年出生の中年左翼ニートのどこがいいんだか・・・。呆れてものが言えない。
2012/10/21(日) 18:17:07 | URL | 白田川 一 #2/ZPy2tY[ 編集]
Re: あんたねぇ・・・
>   レスを御丁寧にありがとさん。

いえいえ、どうも。

> あまり、井上氏と関わり続けると、井上氏共々にそのうち公安警察にマークされるということもありましょうな。

ああそうですか。
公安と交通安全委員会の区別もついていなかった私のこと、
今知っておいてよかったです。
ご忠告、御丁寧にありがとうです。

>  あんな、1965年出生の中年左翼ニートのどこがいいんだか・・・。呆れてものが言えない。

あのねすみません、白田川さん、
井上さんのブログは私の知らないことが書いてある、という意味で、
たまに(2週間に一度くらいは)見ますけれども、
本人のことを「いい」(どういう意味で「いい」のかよく分からんですが)
とは思ったことありません。隅々まで読んでいないのでよく知りません。

> あまり、井上氏と関わり続けると、

ってか、白田川さんとあまり関わらない方がいいようですね。
ネットはググれば出てきますからね。分かります。

コメントありがとうございました。
2012/10/22(月) 17:15:16 | URL | ゆうこ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック