家事専業。犬と猫が好きです。(・∀・)ノ ツイッターアカウントは、画面の下の方です。
  • 06«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »08
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


放射性物質の扱いは、けっこういい加減?---〔1〕
2011年10月16日 (日) | 編集 |
こんばんは。
東京都世田谷区で、2.7μSv/hという高い放射線量が検出されたというニュースについて、
その後です。

北海道新聞web版より、転載。===========================

世田谷、高線量原因の瓶を撤去 夜光塗料用のラジウムか(10/14 23:35)

東京都世田谷区の区道で局地的に高い放射線量が検出された問題で、文科省は14日、区道沿いの住宅の床下から、高線量の原因となった放射性物質入りの瓶を撤去。撤去後の文科省の測定では、住宅の敷地内の線量は毎時0・05~0・09マイクロシーベルトに下がった。

 瓶は数十本あり、木箱に入った状態で13日に見つかった。文科省は中身の粉末をラジウムとほぼ特定。瓶の一部には戦前、夜光塗料を製造していた会社とみられる「日本夜光」と書かれたラベルが貼ってあった。撤去された瓶は、文科省の委託を受けた日本アイソトープ協会(東京)が一時保管する。

 区は14日夜、区道の立ち入り禁止を解除した。

================================転載ここまで。

このニュースでは、高放射線量の原因がラジウムだったというニュースが出た時、
ツイッター内では「やらせではないか」というツイートを何度か見かけました。
私は、リツイートはしなかったです。
「やらせ」かどうかの証拠がない。

このニュースでつくづく思ったことは、
「自分が放射能・放射性物質・放射線についてまだよく理解していない」
ということです。

ラジウムについて、このブログのリンク先の緑虫さんが言及しています。
ブログ:「夕暮菜日記」(2011年10月14日)を是非、ご覧ください。
こちら→WHOの言うことが本当なら、ラジウム温泉で肺癌になる可能性アリ。

「α崩壊β崩壊」・・・「崩壊」をまた勉強し直さないと、と思います。
自分で人に分かるように説明できないと、理解したことにならないです・・。

---------

北海道新聞の記事の中に『戦前、夜光塗料を製造していた会社とみられる』
とありますが、それが気になります。
戦前の会社ということは、相当前・・・。

放射性物質の扱いについては、海外で、医療用のコバルト60が放置されていて、
住民が被曝したという事件を思い出します。
放射性物質の取り扱いについて気になることがもう少しあります。
今日は1回目で、2回目の記事を続けて書きます。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック