家事専業。犬と猫が好きです。(・∀・)ノ ツイッターアカウントは、画面の下の方です。
  • 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


放射能汚染がれきの行方を案じてか?検索でこのブログを訪れる方も・・・
2011年10月12日 (水) | 編集 |
こんにちは。

3.11の大地震で発生した東北地方で放射能汚染がれきについて、このブログで、
2回書きました。
「心配してもいいものなのかどうか・・・」と、私自身迷いながらでしたが、
やはり、汚染を拡散してしまうということで、放っておけなかったのです。
そして、アクセス解析のキーワードを見ると、「放射性物質の汚染がれき受け入れ処理場 」 「 放射能がれき汚染処理法 受け入れ自治体 」「 放射能汚染がれき 焼却 」と今日は16:50現在で3件、
昨日も何件か、がれき問題のことで検索して来た人がいました。


今日12日、朝日新聞「声」欄でこのような記事を見つけました。

転載ここから:::::::::::
心ないがれき焼却反対の電話
    埼玉県朝霞市 女性・50代---投稿

東日本大震災の岩手県の震災がれきを東京都が受け入れることを決定したことに反対する電話が相次いでいる。一方、大阪府が福島県郡山市で製造された橋桁を河内長野市に搬入しようとしたところ、周辺住民が反対している。どちらも「放射能汚染が心配だ」という。心ない抗議の声に悲しい気持ちになる。

 私は郡山市に実家がある。9月に里帰りし。父と弟家族に会った。街は、平穏さを取り戻し、人々はそこで生活している。それが、一部の心ない人々のために、これまでも京都市の送り火が中止になり、愛知県日進市では、福島県産の花火の打ち上げが中止になった。

 橋桁では、府の土木事務所が表面の放射線量を測定し、一般人が浴びても大丈夫とする限度の年間1㍉シーベルトを下回っていることを確認している。震災がれきでは、東京都は低濃度の放射能で汚染された廃棄物を燃やしても煙突から放射能が排出されないことを確認している。ましてや今回は、福島県ではなく岩手県のがれきだ。東北全体が汚染地域と思われていると思うと、二重のショックだ。

 福島の悲惨な状況に比べたら東京や地方のがれきの受け入れは何の問題もないと思う。これ以上悲しませないでほしい。

::::::::::::::::::::::::::転載ここまで。読みやすいように管理人が段落式にしました。

上の投稿者の記事、気になった部分に下線を引いてみました。
▲『心ない抗議の声』・・・心ない、というよりも放射能を持つ有害物質が撒き散らされないかどうかが心配なのです。
▲街は平穏さを取り戻し、とありますが、「2011年10月11日・8~9時の東日本各地の放射線量(朝日12日付6面)」によると、福島県郡山市は携帯式測定器で計測した値は、
放射線量が0.86μSv/hで、山梨県甲府市と比べると15倍以上の高い値です。
0.086μSv/hならまだしも・・。
▲『福島の悲惨な状況に比べたら東京や地方のがれきの受け入れは何の問題もないと思う』
という部分ですが、これは「比べる」ことなのでしょうか。
危険と感じているからこそ、がれき受け入れは地方でも東京でも反対されているのだと思う。

私は、この投稿者のことを責めているのではないし、責めたくもないです。
うまく表現できないので、緑虫さん(@takashi_asoさん)のツイッターから、二つ、ちょっと拝借。

■「セシウム牛いりません!」と絶叫した大分県議。読売はご丁寧にも「現地で生活を立て直そうとしている人に失礼な発言」という発言を載せ被害者同士の対立を煽っている。しかし放射性物質は口にしてはいけない毒物であり県議の絶叫は当然。加害者は毒を撒いた東電と無策の政府であることを確認したい。
(12日午前)

■被害者同士が対立している場合ではない。そんなことしている間に真犯人は退職金の心配や、無駄な政局に明け暮れているのだ。真犯人から目をそらしてはいけない。
(12日午前)

そうですねぇ。その通りです。「加害者は毒を撒いた東電と無策の政府である」ということを、
忘れてはならないと思います。


コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/10/13(木) 23:03:03 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック