家事専業。犬と猫が好きです。(・∀・)ノ ツイッターアカウントは、画面の下の方です。
  • 06«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »08
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ふたたび、「放射能汚染がれき」について。東京で焼却処理は大変危険だろう。
2011年10月07日 (金) | 編集 |
こんにちは。今日は他の記事を書く予定だったのですが、不安になることがあり、
急遽、3.11大震災で出た東北地方の大量のがれきの行き場について、書きます。

10月4日の自ブログ記事、
「放射能汚染がれき受け入れ自治体」について。ツイッターのつぶやきまとめです。
の続きです。

とても気になる情報を、あるブログで見つけました。

ブログ:「楽なログ」:『東京都で汚染がれき処理』 | 2011-10-04 19:59
より、一部転載させていただきました。

転載ここから。=======================================

 ガンダ−セン博士が述べているのをyoutubeで見たが、主要な部分の大意は以下のような内容である。
 「今、日本政府は、瓦礫であれなんであれ1kgあたり8000ベクレル以下の放射能であれば、その焼却を許可しています。これは、瓦礫約1キロあたり毎秒8000核分裂(崩壊)が起ることを意味します。こんな物質は。アメリカでは「放射性廃棄物」と看做され、何千年も地下に埋めておかなければなりません」
 「しかも日本では、混ぜ合わせることまで許可しています。これでは、もし、あるサンプルが1秒あたり24000核崩壊(ベクレル)であるときに、放射能汚染の無い物2つと混ぜ合わせ3つを平均して8000核崩壊毎秒とすることが出来てしまい、焼却も許されてしまいます」
 「すると、福島原発から出て地上に積った放射能が、ふたたび空中に浮遊することになります。その周りの街や、付近の学校、除染されたはずの校庭までも、再びセシウムが堆積してしまいます」
 「このような焼却により、日本で今いろいろな地域から出た放射能の雲が、これまでクリーンだった地域や、汚染が低レベルだった地域を、再汚染しています。実際に、以前より高い放射能汚染になっていると、もうすぐわかることでしょう」
 「この汚染は日本だけに止まりません。太平洋の向こうの国々の北西・太平洋岸をも汚染します。
 ですから、放射能汚染された瓦礫の焼却を許すことは、福島の事故による汚染を再現することになるのです」

転載ここまで。========================================



この汚染がれき処理は、見過ごせない大問題だと思います。

私はこの前の記事の中で、
阿修羅♪(2011 年 8 月 25 日)に投稿したこの人物は、「放射能汚染のがれきの焼却にオッケイと言ったアホな都道府県のリスト」とまで言い切っていますが、
と書きました。「そこまで言わなくても・・」と思ったからです。
しかしこれは、そこまで言うのはむしろ、当然だと感じました。
ガンダーセン博士が警告していることがその通りだとすると、除染しても除染しても、
放射能汚染がれきを焼却したら空気が汚染され、何の意味もないということになってしまう。
さらに、
現在食品では比較的安全な西日本も、汚染される可能性が出てくるのではないか。


ブログ:【狛江市議会議員、市原広子の「今日もお仕事お疲れ様」日記 】より、
リンクさせていただきました。こちらもご覧ください。
被災地のがれきを東京に運んで焼却?!みんなで反対しよう!! 2011-08-24 03:25
災害地のがれきを東京で焼却に反対を!その2 2011-08-28 01:32



コメント
この記事へのコメント
難しい判断
 こんにちは。

 東京都が「放射能汚染がれき」の処理について議論していますが、逆に受け入れを拒否すれば「風評被害を招くのか?」と批判を受けるし、周囲に放射能がもれないかどうか不安になる産廃業者もおり、難しい選択を迫られている感じですね。

 チェルノブイリ事故の際、ヨーロッパではどのような対策及び対処法をしていたのか? そこから学ぶことはないんでしょうかね、自治体は・・・。
2011/10/08(土) 15:56:56 | URL | アジシオ次郎 #-[ 編集]
☆アジシオ次郎さん、おはようございます。
いつも、コメントありがとうございます!v-34

がれきの問題は、「汚染を拡散させている」ようにしか思えないんですよね・・。なぜ私が危惧するかというと、まず私自身が、放射性物質の混ざっていない一般ゴミでも、近所で燃やしていると一気に体調を崩してしまうからです。化学物質に弱いというか。さらに放射能汚染されていれば、人体に明らかに害があるものと思われます。

私は東京都知事の石原さんを、山梨県民ではありますが支持していません。
しかし、ひとつだけ「この政策はよかった」と思えるのは、東京都のディーゼル規制をしたことです。ペットボトルに黒鉛みたいなのを入れて「これを吸っていることになる」と記者団に説明していましたが、今回も、そうして欲しかったです。

私は山梨県で福島から少し離れたところに住んでいるせいか、危惧感に少し欠けていたというのが偽らざるところです。
しかし、山梨県内からも放射性セシウムが検出された野生きのこが出たり(20検体のうち4つで高い値)、政府の暫定規制値を考えると、自分の体が徐々に動かなくなっていくのではないか、という恐怖を感じます。(もちろん、原発事故によるのが全てではないと思いますが、いろいろ知らない方が「知らぬが仏」で楽でしょうが、知ってしまうと放射能汚染の恐ろしさは頭から離れません....。)

チェルノブイリ事故のことは、もう十分すぎるくらい分かっていると思うのですが、でも、当時のソ連政府も隠していることが後から後から出てきましたよね・・・。
日本は津波で被害が出た後に放射性物質ががれきに降り注ぎ、汚染され、その量が超膨大という、どこの国も経験したことのない状態ですよね・・。これが、深刻だと思います。
「被災地を食べて応援」して、「がれきは押し付けあうことなくみんなで引き受けるのが筋」とでも多くの人は思っているのかな。分からないですが、「じゃあもう、どうせなら一億玉砕の時代まで戻れよ!」とさじを投げたくなる気分です。
アジシオ次郎さん、朝から長く、しかも愚痴ってしまいました・・。すみません・・。
ありがとうございます。
2011/10/09(日) 06:51:57 | URL | ゆうこ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック