家事専業。犬と猫が好きです。(・∀・)ノ ツイッターアカウントは、画面の下の方です。
  • 03«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »05
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


『日本では放送できない 報道できない 震災の裏側 2 』
2011年08月20日 (土) | 編集 |
『日本では放送できない 報道できない 震災の裏側 2 』

http://www.youtube.com/watch?v=MVKWtxXtZ3E&feature=player_embedded

これを見ると、東北地方とこちらでは、「温度差」があるのだと感じます。
さらに、西日本と東日本でも違うかもしれません。

気になるのは、
「愛国心があるのならこの映像を流すべきと感じ­ます。」
というコメントがあったことです。

こういう映像は、「日本国民が一体になって」みたいに利用されやすい気はします。

津波の被害で亡くなった人や大切な人をなくした人のケア、復興はもちろん大事ですが、
それ以前に国民の前に立ちはだかるのが、
「福島第一原発事故」と政治と電力会社、大手(御用)マスコミだと思います。
この3つの、どれがまともだろうか?

本当にいろいろ考えると前途多難です。
チェルノブイリ周辺並み(またはそれ以上)に汚染された地域に人が住み続けて、
食べて応援と言って夕方のニュースワイドショーでグルメ番組っぽく放送される。
なんだかなぁ、です。

困るなぁと感じるのが、汚染されているであろう地域のものを、
我が家にくれる人です。彼らは無邪気です。悪気はありません。善良な人です。
心配だと言えば、そんなこと考えてれば食べるもんがないと笑われるでしょう。
だから言えない。
それでも、自分の頭で考える人も沢山いるので、それが救いです。

すみません、ついつい、ブログでぼやいてしまいました。


コメント
この記事へのコメント
こんばんわ。
京都大学原子炉実験所助教の小出裕章さんは、細胞分裂が活発な中学生ぐらいまでの年齢が最も放射能による影響が大きいため、あらゆる食品に対して映画館のような年齢制限を設けるべきと提言されています。線量の差こそあれ既に日本全国が汚染されているため、汚染度の高い順に80禁、60禁、40禁などに区分して子供たちには低レベルの食品だけを与えるというものです。こうすることにより東北の一次産業も守れると仰っていました。
個人的には一次産業を捨てて首都移転あるいは機能移転による復興が最も現実的だと思っているのですが、多くの方はコレを望まないため小出先生に従うしかないのかなと思い始めています。
2011/08/20(土) 23:13:01 | URL | ちーず #-[ 編集]
ちーずさん、いつもありがとうございます!
☆ちーずさん、おはようございます☆
(今朝はちょっと寒いです...i-7i-8


> 京都大学原子炉実験所助教の小出裕章さんは、.....汚染度の高い順に80禁、60禁、40禁などに区分して子供たちには低レベルの食品だけを与えるというものです。こうすることにより東北の一次産業も守れると仰っていました。

私は、これはツイッターでも見ました。
「○○禁」、とすることは、とても分かりやすいと思いました。

> 個人的には一次産業を捨てて首都移転あるいは機能移転による復興が最も現実的だと思っているのですが、多くの方はコレを望まないため小出先生に従うしかないのかなと思い始めています。

海外の情報を見ていると、「静岡ぐらいまで」は住むのは良くない、とも言われているようです。


ところで、ちーずさん、
「東電・原発おっかけマップ」という本はすごいです。
(なぜか、石原慎太郎とか中曽根さんの住所まで載っています。)
今までの原発推進派のひどさ(あまりにも酷い)を暴いている本です。
取次ぎから配本を拒否されたりしているらしいですが
(取り次ぎでも、そうでないところも)
編集者は「鹿砦社(ろくさいしゃ)特別取材班」、
発行所は「株式会社鹿砦社」
2011年8月6日発行・1900円です。
鹿砦社に直接注文しました。
私が読んだ中で、原発の周りでいかに利権などがドロドロしているか、
最も分かりやすい本でした。
ツイッターで知りました。(自分自身は「リツイート」したかどうか忘れてしまったのですが、確認してみます)

この本のことを、脱原発派の中でも「これは良くないでしょ」
と言っている人をネットで見かけましたが、私はそうは思いませんでした。
なぜなら、命をないがしろにしすぎている(それも善人ぶって涼しい顔で)人はこの人、と、暴いているからです。きのう夕方、届きました。
おすすめです。
ちーずさん、ありがとうございます。
2011/08/22(月) 06:18:57 | URL | ゆうこ #-[ 編集]
こんばんわ。
なるほど、興味深い本ですね。
利権もそうですが、原発には核技術の保持を目的とした側面があるという噂話をどこかで伺ったことがあるのですが、これもまんざらデタラメではないようですね。先日、報道ステーションにVTR出演していた自民党の石破茂政調会長が周辺諸国の核の脅威を盾に同様の話をしていました。今さらという気持ちもありますが、現役の政治家に開き直られるとダメージが大きいです・・・
死の灰の無毒化こそが核に許された唯一の研究になることを願うばかりです。
2011/08/22(月) 23:10:10 | URL | ちーず #-[ 編集]
ちーずさんへ☆
☆ちーずさん、コメントありがとうございます!
v-275今日は暑いです。

> こんばんわ。
> なるほど、興味深い本ですね。

これ一冊でかなりドロドロな部分が分かりそう・・・と思うと、
重くてなかなか読み進めないのですが、負の部分をきちんと知っていた方がよい、
と思っています。

> 先日、報道ステーションにVTR出演していた自民党の石破茂政調会長が周辺諸国の核の脅威を盾に同様の話をしていました。

そうらしいですね・・。
こんなトンデモな政治家はさっさと辞めてほしいものですが、
なぜか国会議員として当選させてしまう国民の側も良くないと感じます。

> 現役の政治家に開き直られるとダメージが大きいです・・・

ちーずさん、その、「ダメージが大きい」という気持ちは大切だと私は思います。
「もう、日本はどうなってもしょうがない」とか「考えると疲れる」とかよりも、
ダメージを受ける方がまだ無関心よりかはマシだと、私は思います。

しかし、ダメージ大きいですよね・・・
「石破は軍事オタクだから」で済まされる話じゃないんですよね、本当は。だって、日本は広島と長崎に原子爆弾を落とされているのですから。核攻撃です。人類初の核攻撃を受けていて、それでも石破さんを支持する国民には、「目を覚ました方がいいよ」と言いたいです。

> 死の灰の無毒化こそが核に許された唯一の研究になることを願うばかりです。

「死の灰」「核分裂」「分裂片」
そういうことを、学校で教えてこなかったのは日本の失敗だ、と、
私はこの前、横浜に理科教室(このブログのリンク先の緑虫さんが講師です)に行って、
ひしひしと感じました。
それは、自分があまりにも無知だと知ったからです。
1945年8月6日と9日に被爆してしまった人の話は、写真を見たり、「はだしのゲン」を読んだり、映画を見たり、知っていました。
しかしそれだけでは弱く、骨組みになる、理科・科学の基礎知識がないと、
語り継いでいけないのではないかと感じました。
広島や長崎に住む人だけでなく、日本人全体が考えなくてはならないです。

悲劇なのは、そこに福島が加わってしまったことです。

それで更に、原発推進・または維持を政策に掲げる政治家を支持したりするなど、
日本以外の国から見れば、「日本国民ってどんだけ大人しいの?」と、
呆れられるでしょう。

ちーずさん、お返事長くなってしまいました。
いつもありがとうございます。
2011/08/24(水) 16:18:22 | URL | ゆうこ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
   以前、『母子疎開ネットワーク「hahako」のご案内』という記事で、「hahako」という母子疎開ネットワークを紹介させていただきました。 私が最初「はなこ」と間違って読んでいた(汗)「hahako」は...
2011/08/28(日) 15:30:02 | 村野瀬玲奈の秘書課広報室