家事専業。犬と猫が好きです。(・∀・)ノ ツイッターアカウントは、画面の下の方です。
  • 10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »12
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


安倍ちゃん、(当たり前だけど)問題はウルルン島よりも福島ですよ。
2011年08月04日 (木) | 編集 |
安倍晋三さんの話題を緑虫さんのツイッターのリツイートで知りました。

ブログ:「属国離脱への道」様より、転載させていただきます。
http://goo.gl/Imw51

=================================転載ここから。

『同じ教祖を抱く邪教の手先が日韓関係破壊を目論んで非難合戦 』
作成日時 : 2011/08/03 19:34
 かつて無能総理の代名詞だった朝鮮邪教の犬アベシンゾーが何やら吠えているようだが、イイタイコトがあれば韓国の統□協会に言えばいいだろう。

 同じ教祖を抱く日韓両国の邪教の犬どもがお互いに吠え合って二国間関係を破壊する様子は滑稽でしかないな。踊らされているアホども、いい加減にしろ。


“自民・安倍氏、韓国の入国拒否問題で「谷垣総裁は自民党の見解をドンと言うべき」”(ニコニコニュース)
http://news.nicovideo.jp/watch/nw95485
 自民党の安倍晋三元首相は2011年8月2日、都内のイベントでジャーナリストの田原総一朗氏と対談し、自民党の議員3名が韓国・鬱陵(ウルルン)島を視察しようとして韓国で入国を拒否された問題で、「日本に対して極めて礼を失した行為だから、非常に強く抗議しないといけない」と韓国の対応を批判した。その上で安倍氏は、「谷垣さんも自民党の見解をドンと言うべきだ」と自民党の谷垣禎一総裁に苦言を呈した。

 鬱陵島は竹島周辺の海域にある韓国領の島で、竹島に関する資料が収められた資料館がある。安倍氏によると、鬱陵島は「竹島は韓国領だ」とする韓国側のキャンペーンの根拠地であり、新藤義孝、稲田朋実両衆院議員と佐藤正久参院議員はこの資料館を視察する予定だったという。8月1日、この3名の議員は韓国入国を拒否された。安倍氏は「『韓国の治安を乱すという理由で入れない』というのはとんでもない話だ」とした上で、

「日本に対して極めて礼を失した行為だから、(韓国に対して)非常に強く抗議しないといけない」
と語った。さらに安倍氏が「谷垣さんも自民党の見解をドンと言うべきだ」とすると、同席した田原氏はこれに同意。その上で田原氏が「なぜ(谷垣総裁は)言わないのか」と詰め寄ると、安倍氏は「(谷垣総裁は)誠に高潔な人格の方なのだが、必ずしも歯切れの良いコメントを出すことは得意ではない」とした上で、

「自民党の議員が(鬱陵島に)行ったのだから、自民党(総裁の谷垣氏)はもっと堂々と、メリハリの利いたものを言うべきだ」と語り、谷垣総裁に苦言を呈していた。
(山下真史)



====================================転載ここまで。

安倍さん、こんなことやってる場合ではないと思います。
(安倍さん以外にも「何やってるんだろうな」という政治家の方はいると思うが)

今一番大事なことは、福島第一原発事故の収拾と、国民の命への対策なのに。

はっきり言ってしまうと、
こんな政治家を当選させないでほしい!
ということです。
小泉政権の北朝鮮による拉致被害者帰国などで目立って総理大臣になったはいいが、
あまりに中身ぶよぶよのお坊ちゃま過ぎて、「戦後レジームからの脱却」という、ほとんどスローガンみたいなことばかり叫んでいました。
「安倍晋三さんは総理を経験した」、ただそれだけのことのように思えます。
「若手」の仲間のようでいて、実はそうではないように私には思えます。
すでに、老害化しているのではないでしょうか。

そしてね、このニュース。

選挙:埼玉県知事選 投票率最低 深まる政治不信、国政混乱も一因か - 毎日jp(毎日新聞)

私は、PCに向かって叫んでいました。
「選挙に行けよ!!」
と。
投票率が25%以下です。

何で投票に行かないの?と子どもに聞かれたら、
「だって、行ってもしょうがないから」と答えるのでしょうか。
子どもはそれでは納得しないと思います。
「なんで選挙なのに投票に行ってもしょうがないの?」と聞くでしょう。


コメント
この記事へのコメント
当選させてはいけません!
最近、このブログを知って、興味を持って読んでいます。
こういう内容は好きです。応援しています。
さて、今回の安倍ちゃんの話、少々私の考えは
偏っているかもしれませんが、
元首相の安倍と、福田は「政治家」を辞めろ!と言いたい。
たいした理由もなくいきなりさっさと辞めて。
もし今年のような出来事があった時、この2人は、
投げ出さずに続けられたか?
それは国民にとって不幸中の幸いか。
少なくともこの両者、今の民主党に対して、
批判できる身分ではないと思うのであります。

思うに、今、しばらくは、しぶとく、少々鈍い、バカと言われる
人が首相でいるのが良いのではないでしょうか。
今の管さん、前の麻生さんも含め。

最近、モノにも、人にも過剰な、ある意味、過敏な
期待のし過ぎでは。
もちろん、質の向上はありがたいのですが、
生きることに不器用な私は、ちょっと生きにくい。
ちなみに、ゆうこさんとは同い年かも。

では。過去の記事、時間をかけて拝見させてもらいます。


2011/08/04(木) 19:39:08 | URL | うご #-[ 編集]
Re: 当選させてはいけません!
☆うごさん、はじめまして。
(私が先にそちらのブログにお邪魔しました。ツイッターでうごさんの絵が貼ってあって、そこから訪問しました。^^)
コメントいただけて、嬉しいです。ありがとうございます!

> 最近、このブログを知って、興味を持って読んでいます。
> こういう内容は好きです。応援しています。

あぁ、どうも・・(〃・ー・)恐縮です。

私も、うごさんのブログ楽しんで拝見しています。
今日なんか、吉本隆明と辺見庸の対談編を読みました。
(そういうのばっかり選んで読んでいるような気がする...)
最近の記事では、ゾウの滑り台に感動しました。
あと、うごさんが新宿で下ってしまう場面・・。(笑)

> 元首相の安倍と、福田は「政治家」を辞めろ!と言いたい。

私もです。
こういう人に限って、選挙区で落ちても比例で復活してしまうし、
それが困ると思います。

> 少なくともこの両者、今の民主党に対して、
> 批判できる身分ではないと思うのであります。

まったくですねぇ。特に福田さんは影も見えませんが、
「元気で生きてるのかな?」
とか、別の心配もしてしまいますが・・。

> 最近、モノにも、人にも過剰な、ある意味、過敏な
> 期待のし過ぎでは。
> もちろん、質の向上はありがたいのですが、
> 生きることに不器用な私は、ちょっと生きにくい。
> ちなみに、ゆうこさんとは同い年かも。

分かります。
私はいろんな機械(「機械」ですよ「機械」^^;)が使いこなせず、
ツイッターも携帯からはつぶやけません。でもまあ、それくらいがいいのかもしれないです。ハイテクを使いこなしている(私から見るとiパッドみたいのもハイテク)人を見ていると、取り残されてるわ~とは思いますが、銀行のATMが使えるしコンビニのコピー機も使えるので、何とかなっています。
けれど、「情弱」のうちに入るのかも。。

うごさん、私と同い年ですか!
うれしいな~。(多分そうなのかな、と思ってもはっきりそう声をかけてくれる人っていないので、ただただ、単純に嬉しいです。^^)

うごさん、すみません、ここでコメントしてしまっていますが、
絵がとてもお上手ですよ。
1年くらい前の記事の絵は、fc2のお絵かきツールを使って描かれたのでしょうか。
色使いがとてもきれいで、(ここだけの話、私はマジメくさった絵が苦手ですが)
うごさんの絵は、とても私は好きです。
内容に笑えつつも色がきれいで、感心してしまいます。

うごさん、ありがとうございます。
またちょくちょく、そちらに訪問させていただきます。
2011/08/05(金) 15:02:27 | URL | ゆうこ #-[ 編集]
過去記事に返信の返信で
うっとうしい返信をして大変失礼します。
二つ三つ、お伝えしたかったので。

まず1つ。
先日、ゆうこさんの「死刑について」の記事を読んで、
かなり共感しています。狂気はどこでどうなるか、
本当にわかりません。これは若き日の見沢知廉が
事件をおこしたその経緯にもあるのですが、
「思いこみ」と「ふとしたキッカケ」等の要素が
組み合わさると、誰もが加害者になり得るのです。
そう言いつつ、その一方で、私のブログでは、
2010年12月12日の記事で、死刑執行官の立場で
書かれた本2冊のいいかげんな感想を書いているので、
ヒマがあれば。
ちなみに、見沢知廉・雨宮さんのちょっと話は
2011年3月11日の記事。

2つ目。
辺見庸と吉本隆明の対談、互いに、ウマが合いすぎて、
あとがきで、両者ともそれぞれ驚いたと書いて
あったような。現在の仲ははわかりません。
隆明さんは、糸井さんの監視下にありますので。

3つ目。
本来は、社会を斬り込む、ガチガチうご、だったのですが、
私、去勢された状態になってしまって、フニャフニャで
ダメです。ゆうこさんのブログ記事で奮い立たせます。






2011/08/07(日) 14:56:07 | URL | うご #-[ 編集]
Re: 過去記事に返信の返信で
☆うごさん、こんばんは。

> うっとうしい返信をして大変失礼します。

うごさん、全然、そんなことないですよ!嬉しいです。
(私は、「自分が人からうっとうしいと思われないか...」と気に病む方ですが、
人のことをうっとうしいと思ったことはほとんどないです。)
(たまに、このブログに変な人(右系で言葉遣いが荒い)が来てしまいますが、
それを除いて)

> まず1つ。
> 先日、ゆうこさんの「死刑について」の記事を読んで、
> かなり共感しています。狂気はどこでどうなるか、
> 本当にわかりません。

> 私のブログでは、
> 2010年12月12日の記事で、死刑執行官の立場で
> 書かれた本2冊のいいかげんな感想を書いているので、
> ヒマがあれば。

このコメントをいただいたすぐ後に拝見しました。
もっとゆっくり、読みます。

> 本来は、社会を斬り込む、ガチガチうご、だったのですが、
> 私、去勢された状態になってしまって、フニャフニャで
> ダメです。ゆうこさんのブログ記事で奮い立たせます。

うごさん、そんなぁ。嬉しいな~。そんなこと言われると嬉しいです。
(超単純な私)

今日もうごさんのブログにお邪魔しました。
目黒に「寄生虫博物館」なんてあるんですね。
行ってみたい、と思ってしまいました。
(怖いもの見たさ)
・・その場合は多分一人で、です。(笑)

寄生虫のことについての本、目次を見てうごさんの注意書きとか見て、
爆笑しました。
特に、あの先生の弟子が・・・やだ、まさか、本当に飲んでしまうの?
うああああ....とかウケてる自分は大丈夫なんだろうか?と思いながら。


あと、うごさんが紹介している原爆の絵ですが、
私は暗い色調のものしか観たことがなかったので、「こういう絵もあるんだ・・」と、
何と言ったらいいのでしょう、静かに受け止めながら、観ました。

この絵を、うごさんの記事とリンクさせて、このブログで紹介したいと思いました。

私の父は若い頃から写真が趣味ですが、カラーになっているのは昭和30年代終わり~40年代初めくらいでしょうか、アルバムを見るとそれ以前は白黒ばかりです。
原爆投下後の、米軍のカラー写真・映像も見たことがありますが、
どうしても現実感がないというイメージです。
それに比べると、あの絵は・・・。

うごさん、コメント欄、私は大歓迎です。
時には、記事よりも返信が長いことも。
本当は、私は「話し好き」なのかもしれません。(&寂しがり)
うちにお茶のみに来たお客さんのように、気軽に返信をしていますので、
これにまた返信とかも全然大丈夫です。(大歓迎!)

うごさん、ありがとうございます!v-411
2011/08/10(水) 02:05:20 | URL | ゆうこ #-[ 編集]
「居座り」が当てはまる
 こんにちは。

 安倍晋三元総理ですけど、総理在職中は「戦後レジームからの脱却」を掲げたはいいが、何の実績も残せないまま突如“投げ出し”て辞任したにも関わらず、一国会議員として残留しているのを見ると、いわゆる「居座り」が当てはまりますね。これは森喜朗や福田康夫、鳩山由紀夫もそうですが。

 国家元首を辞めたにも関わらず国会議員として残るケースって、他の国では考えられないでしょう。ブッシュもブレアも政治家をやめて隠居したと言うのに・・・。
 そんな人間が、菅総理の姿勢を「居座り」と批判できるのだろうか?

 埼玉県の知事選挙の投票率が過去最低だったことですけど、特に若年層の投票率が低いことには危機感を覚えるし、いつから政治に関心を持てなくなったのかとすら思います。そういう人間は政局を批判する資格などないと思います。あまりにも投票率が低いことを問題視するのなら、正当な理由なくして投票しなかった人は、1万円ぐらいの罰金を支払うと言うペナルティでもつけたほうがいいのでは? です。

 それとイギリスのほうで大変なことになっているみたいですね・・・。この話題は私のブログで取り扱ってますのでよろしければ見てくださいませ。
2011/08/10(水) 14:04:36 | URL | アジシオ次郎 #-[ 編集]
Re: 「居座り」が当てはまる
☆アジシオ次郎さん、おはようございます。
いつもコメントありがとうございます。
(まだ7時なのに、今日も暑い予感・・v-481

>  国家元首を辞めたにも関わらず国会議員として残るケースって、他の国では考えられないでしょう。ブッシュもブレアも政治家をやめて隠居したと言うのに・・・。
>  そんな人間が、菅総理の姿勢を「居座り」と批判できるのだろうか?

私もそれは思います。
「羽田つとむ」さんという人はたしか、総理を何ヶ月か経験したのですが、それからも国会議員に立候補して選ばれていますが、どういう活動をしているのか?ということを、掘り下げて報道しているメディアを見たことがないような気がします。
反対に、中曽根さんは議員こそ辞めたものの、その動向を「中曽根さんはこう思っている」みたいにメディアは伝えている。
メディアも、首相経験者を放ったらかしておくんだなぁ・・・と、
私は目を細めながら少し呆れ顔で見てしまいます。

>  埼玉県の知事選挙の投票率が過去最低だったことですけど..... いつから政治に関心を持てなくなったのかとすら思います。

政治は「関心を持つ・持たない」というよりも、生活そのものだと思うのですが、そういう教育を日本は本当にしてこなくて、国にとって都合よく動いてくれる人間を育てるのが目的なのだ、と、原発事故のことを見ていても、つくづく、嫌でも感じるようになりました。
自分自身がそういう教育を受けてきたのだ、と、気がついたのです。
「個性が大事」みたいなことを言っておいて、「牛乳(に放射性物質が入っていないかどうか)が心配だから、飲みたくない」という生徒を、つまはじきにする、子どもを心配する親を「神経質」だの「モンスターペアレント」扱いする・・・いい加減にしろよ、と言いたくなります。

>  それとイギリスのほうで大変なことになっているみたいですね・・・。この話題は私のブログで取り扱ってますのでよろしければ見てくださいませ。

いつも、アジシオ次郎さんのブログで、
特に海外のことで「初めて知った」ということを拝見します。
アジシオ次郎さんの見方もストレートで、参考になることしばしばです。
こちらこそ、これからもよろしくお願いしますね☆^^
いつもありがとうございます!
2011/08/13(土) 07:30:03 | URL | ゆうこ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック