家事専業。犬と猫が好きです。(・∀・)ノ ツイッターアカウントは、画面の下の方です。
  • 08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »10
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2011.6.22 朝日新聞「声」欄より。【生活保護の打ち切りは酷だ】
2011年06月24日 (金) | 編集 |
2011年6月22日付朝日新聞「声」欄より、投稿者に共感を覚えたので、
転載します。

==========================================転載ここから。

生活保護の打ち切りは酷だ
(投稿:栃木県 75歳男性)

 福島第一原発で東京電力から仮払い補償金や義援金を受け取った福島県南相馬市の約150世帯が、生活保護を打ち切られた。
 法律的に問題はないというが、なんだか冷たい気がする。しゃくし定規で融通がきかないお役所仕事の典型を見るようだ。保護費の何倍もお金をもらうならともかく、少しぐらいなら打ち切ることはないと思う。

 生活保護費は最低限度の生活を保障するためのお金であり、生活そのものへのお金といえる。一方、義援金は災害に対するお見舞いである。それなのに義援金や補償金が一定額を上回れば保護費を打ち切るというのでは、保護費の本来の意味がなくなってしまう。打ち切られた人たちはどんな思いになるだろうか。

 被災という非常時だ。厚生労働省には特例として認め、打ち切らないよう自治体を指導するよう求める。被災者は心身ともに落ち込み、いくらかでも明るい光を見いだしたいのだから。

==============================================転載ここまで。

私はこの投稿者と同じ思いです。
なんというか、「悪平等」という言葉が頭に浮かびました。

「生活保護の人のほうが良い暮らしをしてる」と言う人がいます。
けれど、日本の社会福祉のあり方がよくないのであって、
生活保護に頼らざるを得ない人を責めるのはおかしいと思います。
暴力団が絡んでいて・・というケースもあるようですが、
保護費が本当に必要な人にいかなくなって、最期の食事がおにぎりで、餓死・・
というケースもありました。

(だって、そんなこと言ったら、「犬・猫回収車」だって法律的には問題ないです。
例えば日本では、野良犬はすぐに通報されて「回収」されます。
その後は当然、保健所に行かされます。
多くの犬が、新しい飼い主が現れることもなく、
二酸化炭素で殺されて、みんな一緒に焼かれてしまいます。違法ではありません。
法律に則って行われています・・それを思い出してしまいました)

少し話がそれましたが、・・・
「法律的に問題はない」というのは、悪しき日本人気質なのかな。

東京電力からの仮払い補償金は、”もらって当たり前”のものです。
義援金はお見舞いで、私も少額ながら募金しました。
最近、骨折で入院した近所のおじさんにも、私は少額のお見舞い金をお渡しし、
受け取ってもらいました。
それと同じではないのですか? と、私は言いたいのですが。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック