家事専業。犬と猫が好きです。(・∀・)ノ ツイッターアカウントは、画面の下の方です。
  • 04«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »06
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


保安院の西山英彦審議官の発言:「隠す意図はなかったが、国民に示すという発想がなかった。反省したい」
2011年06月19日 (日) | 編集 |
おはようございます。
このブログのリンク先の、村野瀬玲奈の秘書課広報室の村野瀬さんがTBしてくださった記事より。
「原子力保安院の人なんて、こんなもんだろう」と、マヒしてしまいそうですが、
マヒしちゃいけません。


お政府様には、「税金で国民のために仕事をしている」という発想がないみたい。(6月18日付)
村野瀬さんの記事中より、読売オンラインを引用。

●YOMIURI ONLINE(読売新聞)
千度以上示す核物質、3月12日に検出していた
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20110603-OYT1T01065.htm2011年6月3日

 東電福島第一原発から約6キロ離れた福島県浪江町で3月12日朝、核燃料が1000度以上の高温になったことを示す放射性物質が検出されていたことが分かった。

 経済産業省原子力安全・保安院が3日、発表した。検出された物質は「テルル132」で、大気中のちりに含まれていた。原発から約38キロ離れた同県川俣町では3月15日、雑草から1キロ・グラム当たり123万ベクレルと高濃度の放射性ヨウ素131も検出されていた。

 事故発生から2か月以上たっての公表で、保安院の西山英彦審議官は「隠す意図はなかったが、国民に示すという発想がなかった。反省したい」と釈明した。

 テルルの検出は、1号機から放射性物質を含む蒸気を放出する「ベント」の実施前だった。

(2011年6月3日23時09分 読売新聞)(下線は私による)



村野瀬さんも指摘していますが、私は保安院の西山英彦サンの言葉で、自分の頭の中で「プチッ」という音がするのが聞こえた気がしました。

【事故発生から2か月以上たっての公表で、保安院の西山英彦審議官は
「隠す意図はなかったが、国民に示すという発想がなかった。反省したい」
と釈明した。】

「国民に示すという発想がなかった」
「国民に示すという発想がなかった」
「国民に示すという発想がなかった」
「国民に示すという発想がなかった」

しつこいのですが、これは思ったことがそのまま出ているというか、

ちょっと待った、それじゃ仕事してないじゃん!!

と、私は思いました。

あと、私は緑虫さんのツイッターで 知ったのですが、「電源三法」という法律があるらしく、
これも村野瀬さんが取り上げています。
詳しく知りたいのですが時間がなく、次に。


コメント
この記事へのコメント
取り返しのつかないミス
 おはようございます。

 原子力保安院の審議官のこの発言、取り返しのつかないことだ! と思いますね。

 事故から2ヶ月経ったのに今頃になってこの公表「国民に示すという発想がなかった」って、危機管理がまるでないいい加減な姿勢です!! その間に放射性漏れの危険性が出てきているのに、原発を管轄する保安院のこの姿勢は、危機管理の欠如でしかないです。

 それともいわゆる「臭いものには蓋をする」体質なんでしょうか!? 問題が起こったのにそれを公表せず荼毘に伏せようとする。これが結局「火に油を注ぐ」結果になるわけです。また原発に対する不信感を強める不手際ですね。コレ。
2011/06/20(月) 11:19:47 | URL | アジシオ次郎 #-[ 編集]
大体・・・
保安院が原発の推進する経産省所轄だというのが
おかしい。
身内をかばっているとしか思えません。

「国民に示すという発想がなかった」
呆れるというか、国民はもっと怒らなければならない。
2011/06/21(火) 09:43:54 | URL | チロ #t50BOgd.[ 編集]
アジシオ次郎さん、ありがとうございます!
☆アジシオ次郎さん、こんばんは。
いつもコメントありがとうございます☆
v-278(暑かったです)

>  原子力保安院の審議官のこの発言、取り返しのつかないことだ! と思いますね。

まったくその通りですね。。
村野瀬さんのブログのコメント欄に、
「そういう発言いちいちつつくの、好きじゃないんだけどね」
みたいなコメントがありましたが、
情報発信者のブログを見る読者のそういう気持ちも分かりますが、
でも、これは放っておくわけにはいかないと思いました。
「アンタ、バカァ?」と、萌えてる声で言ってやりたくなります。

原発を管理するなら、厳しくしないといけないのは私でも理解できますが、
保安院の存在自体が理解できないです。

>  それともいわゆる「臭いものには蓋をする」体質なんでしょうか!? 問題が起こったのにそれを公表せず荼毘に伏せようとする。これが結局「火に油を注ぐ」結果になるわけです。

これは、私も含めてですが、こんな事故が起きる前に原発が危険すぎる発電装置であること、制御不能になるとどうにもならなくなることを、もっと早くに知っておくべきでした。
原発について、「見たくない・言及したくない・都合の悪いことは知りたくない」ではなく、知っておくべきだと感じます。
そして、真実を言う人に対し、「不安を煽ってどうする」などと批判せずに、
話を聞かなければ、知らなければ、と私は思います。
アジシオ次郎さん、ありがとうございます。
2011/06/21(火) 18:22:16 | URL | ゆうこ #-[ 編集]
Re: 大体・・・
☆チロさん、おはようございます。
いつもコメントありがとうございます。
この暑さで停電になったらどうするんだ・・・
と、ビビりながら書いています。
勝手なのですが、早く秋v-35にならないかなぁ・・とか。

> 保安院が原発の推進する経産省所轄だというのが
> おかしい。
> 身内をかばっているとしか思えません。

その通りなんですよね・・。
今日午前9時過ぎ、ジャーナリストの江川昭子さんが、

【 amneris84 Shoko Egawa
昨日の会見で、原発の安全性をチェックする立場の保安院の西山審議官がもんじゅについて「年度内に本格稼働に結びつけたい」と述べ、その後「安全当局として踏み込んだ発言だった」として取り消すような発言をしたことを、東京新聞が<日本の原子力規制のあいまいさをあらためて示す発言>と指摘。】

とつぶやいていたのですが、
「原子力安全保安院は全然『保安院」』じゃないなぁ」、と、
私はつくづく思います。

> 「国民に示すという発想がなかった」
> 呆れるというか、国民はもっと怒らなければならない。

それで高いお給料をもらっているのかと思うと、
嫌になりますね。
「ブチッ」とスイッチが入ったら、怒らなければいけない、
と思います。
なんだか、日本の政府そのものが、「自分(家長)のことを第一に考えるべき」的な考えの古いオヤジみたいで、嫌になります。
私が今できることは、ツイッターでつぶやいたり、
ブログに書くことです。(少々不安定ですが...)
チロさん、コメント心強いです、ありがとうございます。
2011/06/24(金) 09:45:01 | URL | ゆうこ #-[ 編集]
西山さんが言ってましたよ。
隠す意図があったのは、ハゲと愛人だけだって。
2011/06/24(金) 16:10:59 | URL | 哀哭芯 #-[ 編集]
哀哭芯さん、お久しぶりです。
☆哀哭芯さん、こんにちは。
コメントありがとうございます!(^o^)/

> 西山さんが言ってましたよ。
> 隠す意図があったのは、ハゲと愛人だけだって。

私は、西山ヒデヒコさんと、よく画面に出ている保安員の「チビ太」が結びついて、
ええええと思いました。
どういう話題で騒がせてんだよ・・と、笑ってしまいましたが、
笑っている場合じゃないですね・・。

確かに、西山ヒデヒコさんがテレビに出始めたときから、
姉歯的な感じはガンガン漂っていたので、それは分かります。
哀哭芯さん、どうもです。 U´=∀=`U
2011/06/25(土) 18:13:15 | URL | ゆうこ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック