家事専業。犬と猫が好きです。(・∀・)ノ ツイッターアカウントは、画面の下の方です。
  • 03«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »05
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


義援金を納めなかった生徒の名前を貼り出すとは
2011年05月30日 (月) | 編集 |
「さきがけ On The Web」---秋田のニュース
http://www.sakigake.jp/p/akita/national.jsp?kc=20110520d
より、転載。ここから+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

■ 秋田のニュース:社会・事件
募金しない生徒名黒板に掲示、大館一中 苦情受け撤去
 大館市立第一中学校(菊地俊策校長)2年生の二つの学級の担任が、東日本大震災の義援金を納めない生徒の名前を数日間にわたり教室内の黒板に張り出し、保護者からの苦情を受けて外していたことが19日分かった。

 同校によると、義援金は被災地支援のために生徒会が自主的に企画。全生徒の協力を目標に、11日から17日まで1人200円以上を任意で募った。学校側も学年通信で呼び掛けるなど協力した。締め切りが近づいた16日ごろ、担任2人は個々に、募金していない生徒の名前を書いた紙を黒板に張り、掲示後に募金した生徒の名前にはチェックを入れていた。名前が張り出された生徒は合わせて約20人。

 同校は18日午後に保護者からの苦情を受けて、すぐに掲示をやめさせた。菊地校長は「(全員協力という)生徒会の気持ちに応えようとしたもの。普段から忘れ物をした生徒の名前を張り出しており、担任はそれと同じ感覚で掲示したようだ。今後このようなことがないようにしたい」としている。

(2011/05/20 09:35 更新)

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++転載ここまで。

> 義援金は被災地支援のために生徒会が自主的に企画。
> 全生徒の協力を目標に、11日から17日まで1人200円以上を任意で募った。

これ自体は良いと私は思う。
「全生徒の協力を目標に」というのは引っかかるが、あくまで「目標」だ。

しかし、「義援金を募金しない自由」というのもあると思う。
それを、募金しなかったからといって生徒の名前を黒板に貼り出すなんて、
生徒の心の内心の自由を侵害するようなことをするとは、
教師として良くないことだと思う。そんなことをすべきではない。
(先生たちも余裕がないのかもしれないので、
「教師として失格」、とまでは言いたくないが。)

それとも、「これだけ集めなきゃ」という、金額にこだわってしまったのかな。
なにしろ、黒板に名前を張り出された生徒はバツの悪い思いをするし、
それを見ている生徒も嫌な気分になっただろう。

義援金の集金方法は詳しくは分からないのだが、
例えば、お金の管理という面で各教室に、コンビニのように箱を置いておけば休み時間に匿名で、200円に満たない小額だとしても、入れる生徒はいるだろう。
なぜ一斉にしなければならないのか。ということを、考えてしまった。


コメント
この記事へのコメント
“見せしめ”の様相が
 こんにちは。

 秋田県のある中学校で東日本大震災の義援金を呼びかけたところ、義援金を納めなかった一部の生徒に対し、教員がその生徒の名前を貼り出すという行為に走りましたが、どう見ても“見せしめ”でしかないですね。生徒の名前をおおっぴらに公示するなんて・・・。

 保護者からの苦情を受けて張り紙を剥がしましたが、名指しで名前が挙がった生徒からすれば精神衛生上嫌な思いはしたでしょうね。

 教師ももう少し理性ある対応をしてもらいたいものだ。
2011/05/31(火) 14:22:54 | URL | アジシオ次郎 #-[ 編集]
アジシオ次郎さん、いつもコメントありがとうございます!
☆アジシオ次郎さん、おはようございます。v-481
お返事がとても遅くなってしまい、申し訳ないです。
情けないことに・・自分で考えて自分で全部動くというのを、いつも母に頼ってばかりいたために、犬の一時預かりのことで悶々とする日が続き、あと、書きたいことを優先してしまったというのが本当のところです。いつもありがとうございます。

>  保護者からの苦情を受けて張り紙を剥がしましたが、名指しで名前が挙がった生徒からすれば精神衛生上嫌な思いはしたでしょうね。

>  教師ももう少し理性ある対応をしてもらいたいものだ。

自分のブログ記事でも書いたのですが、教師は、「自分(教師)の行いによって生徒がどんな思いをするか」をよく考えてほしいと思いました。
私の小学6年のときの担任のケースでは、給食着を洗ってこなかったことに対して、その生徒だけをそっと呼び出して注意をすればいいものを・・と感じました。
でも、この「被災者義援金」のケースについては、また違いますね・・。
義援金は原則自由なはず(「全生徒の協力を目標に」、ですから)なのに、生徒会有志が提案したことなのに、何で教師がしゃしゃり出てくるんだ・・と感じます。
例えばの話、生徒会有志が別の生徒に「君は義援金出してないよね」と言って、
それを見ていた教師が生徒会を咎めるなら分かりますが、そうではないですよね。
横から入って強要しています。
嫌だなぁと感じました。
もちろん、全国の教室でこんなことが行われているとは思えません。
あくまで新聞で取り上げられたということですが・・。
最近出た、国旗国歌訴訟の最高裁判決を思い出してしまいました。

アジシオ次郎さん、ありがとうございます。
2011/06/08(水) 05:11:29 | URL | ゆうこ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック