家事専業。犬と猫が好きです。(・∀・)ノ ツイッターアカウントは、画面の下の方です。
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


20110603 福島は見放されている
2011年06月03日 (金) | 編集 |
私は、「見放され感」をずいぶん前から味わってきた。

学校時代、だろうか。正確に言うと。

小学校1年生の最初の算数のテストは、20点だった。
問題の意味を勘違いしていたように記憶している。
母にテスト用紙を見せたら、何と言ったのだろう・・・怒られはしなかったが、
何も言われなかったようにも思う。

中学でも、数学は苦手だった。
やはり、問題の意味が分からない。
高校に入ると、問題の意味が分からないどころか、
「虚数」でつまづいた。
”「虚」なのに「ある」”、という矛盾みたいのが理解できない。
数学以外でも苦手な科目はそんな感じだった。

ツイートでもつぶやいたんだけど、
山登りで死人が出るのは、元気で体力がある人に合わせてしまうからという部分が大きいだろうと思う。
一番体力のない人に合わせれば、そこで山登りをやめようという選択肢も出てきて、
死人は出なかったかもしれない。
(例えば2009年の「北海道大雪山系で起きた、
トムラウシ山での大量遭難で10名死亡」とか)

私は社会生活は送れるほどの算数の力は身についたが、今でも悔しく思う。
もっと、私みたいな落ちこぼれに合わせてくれていたら。
努力して数学を理解しようとも、自分の頭脳だけでは限界があった。
合わせるのが無理なら、理解できるまで隣で一緒に困って教えてくれる教師がいたら。


弱肉強食の野生動物の世界では、弱いものは淘汰される。

人間にもそれが当てはまるんだ結局、というのが答えなのだろうか。
それとも日本だけが変なのか。
東日本大震災と福島第一原発の大量放射性物質漏れ(今も漏れ続ける)で、
それがあらわになり過ぎた。
高い放射線値のところから、子どもを避難させるのは当然だと思うのだが。
そして、
この状態で増税されたら、自殺者がもっと増えてしまうだろう。
追記:今、自分のブログ読み返してみて、追記。
それじゃダメ。
「弱いものは淘汰される」には,どうしようもない自然の摂理と、
人為的なものがある。
後者で淘汰されてはならないと思う。

変なんだよ。憲法は「ケンポー」という軽い紙のようになって。
もちろん、まだあるだけマシだが
【国旗国歌強制、二審は合憲 東京高裁、都の教職員ら逆転敗訴】(47ニュース)
という判決、アホか。
"国旗に礼を尽くさず国歌を歌わないと"、「職務命令に反するから」処罰されるし。
橋下知事は市民の幸福のために動くような政治家ではない、と判明した。
[「国旗国家法」に従わない(強制ではないのに)人 ]が気に入らなくて、
私情で処罰したいのだろう。政治家とは言えない。いかにも幼稚だ。


怒るべきだ。私はもっと、怒るべき。
みんなも、怒るべき。
けれど、個人の力が束になることってできないのかな。
なんというか、弱すぎて嫌になってしまう時があるけれど。
あるけどね・・・うーん・・。

私は、静かにキレるタイプなんだろうか。
みんなが、じわじわとキレればね。

すみません、以下、私信・・・

追記:気分暗くなりますね・・本当に・・・ワケ分からなくて。

コメントありがとうございます!
なかなか、気持ちが重くてツイッターばかりになってしまって、
お返事が遅れてしまっていますが申し訳ないです。
返信は会話だと思っているので、大切にしたいです。
すみません。
必ず返信します。


コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/06/03(金) 23:13:40 | | #[ 編集]
経済格差と学力格差
私は、何度か経済格差が子供の将来を決めてしまう恐れがある事をブログに書いています。勉強で分からない事があったり、興味があるのでもっと勉強したいと思う子がいるとします。もし、その子の家がお金持ちなら、塾に通わせるとか家庭教師を雇うなどして、その子に合った教育をする事が可能です。しかし、義務教育では最低限の知識を身に付ける事が目的であり、先行して教える事はしません。そして、忘れてしまった事を遡って復習する事も時間がないのでできないのです。
理解度が一番低い子に合わせて授業をしていたのでは、授業時間がいくら有っても足りないのです。そして、勉強ができる子はつまらないので、勉強する事に興味を失うのです。
そこで、学習塾が授業についていけない子の手助けをするとか、もっと勉強したい子のために応用問題の解き方や考え方を教えるなど、要望を満たすための活動をしている訳ですが、営利目的の団体ですから、当然高額な授業料を支払う必要があります。家庭に余裕がなければ、自分の子は落ちこぼれていると気が付いていても、必要な教育を受けさせる事ができないのです。母親も父親も働かねば生活できないので、子供に直接教える事もできないのです。こうして経済格差は子供の学力格差に直結して、よほどその子が頑張らない限りは、将来経済力を身に付ける事ができなくなるのです。
私は子供の学習能力にそんなに大きな違いがあるとは思っていません。違ってしまうのは、その子が育ってきた環境に大きな原因があるのだと思います。
2011/06/05(日) 09:42:54 | URL | Katsuei #bQBrz5D6[ 編集]
Re: 経済格差と学力格差
☆katsueiさん、おはようございます。
いつもコメントありがとうございます!(^o^)☆

日本の教育の悪しきところは、「自分が生まれた家庭にお金があるかないかで決まる」
というところだと思います。
医師になりたくても医学部の授業料払えないひともいるだろうし、
それに、高校でさえ、そうです。
奨学金は結局借金で、返さなくてはなりません。
そういうところを見直すべきだと思います。
katsueiさん、ありがとうございます。
2011/06/10(金) 09:12:59 | URL | ゆうこ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック