家事専業。犬と猫が好きです。(・∀・)ノ ツイッターアカウントは、画面の下の方です。
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


14週目
2008年05月22日 (木) | 編集 |
なかなか、このこととは向かい合えなかった。ここまでが、長かった。
うまくは書けないかもしれない。キーを打つ手がものすごく、重い。
-------------

’98年2月、結婚2年目で私は子どもをお腹に授かった。
今考えてみると、それだけで奇跡のような気がする。

妊娠が分かって5~6週目くらいで病院に行った。
すぐに異常が判明した。子宮頸部にポリープが出来ていること、右の卵巣が腫れていることだった。
紹介状をもらい、すぐに別の病院へ。

頸部のポリープは検査で悪性ではないことが分かり、
そのままにしておいても大丈夫ということだった。
しかし、右の卵巣はこのまま大きくなる可能性があり、もしかしたら手術しなくてはならないかも、
ということだった。

4週くらいの経過観察を経て、大きくなり続けていることが分かり、手術日が決まった。
5月20日。不安だった。でも、仕方ない。胎児への影響を考慮するということか、
妊娠4ヶ月半ばほどの時期がいいという。

その手術の直前の検診で、赤ちゃんが動いているのが見えた。
何をしているのだろう・・。手を動かしている。目をこするような、しぐさ。
自分のお腹の中で、生きている・・信じられなかった。一緒に病院に来てくれた母は、「うわ、ほら動いてるよ」と、とても嬉しそうだった。

5~6週目で、ものすごく小さな心臓が動いているのを初めて見た時も、信じられなかった。
私が、妊娠?母親に?
------------

桜の時期が苦手だ、と以前ここに書いたかどうか忘れてしまったが、それは、
子どもが授かったのにすぐ異常が見つかるという、不安定な気持ちを抱えた時と重なったから。
何でもかんでも、桜と重ねあわせなくてもいいのにね。
来年の桜の頃、私はどうしているだろうか・・・などと思い。

次の時期の桜は確か、暖かくてとても早く咲いた。
パート先の狭い窓からの桜の眺めが、なぜか一番良かった。
家族がいても、私は精神的には全く「一人ぼっち」という感じだった。



コメント
この記事へのコメント
うんうん…
“私が、妊娠?母親に?”
私も事実そう感じました。
生理がほとんどなかった私は信じられない出来事でした。

私の主人も、OKさんと同様の状況で生まれた子供でした。
義母は、かなりの心労だったと聞きます。
でも、義母から、主人は無事生まれてきてくれた。

以前の記事で、38cmと書いてありましたよね。
私は今、21週末。
赤ちゃんは30cm未満。
という事は、それなりに長い期間、共に生きていたということ…

もの凄く、残念で、むごい結果。
引きずるのは当たり前です。
一人ぼっちと感じてしまうのも、当たり前。
でも、今まで忘れずに覚えて、心に刻んでもらえていた、
ママの顔を見ることなく逝った赤ちゃん。

きっと、ママ私の分も幸せになってね、と思っているはず。
その子が残してくれたものは、切なくも、生きる事の素晴らしさなのではないかと、
思わずにはいられません。


2008/05/22(木) 15:57:17 | URL | ryoko #-[ 編集]
ryokoさんこんにちは、ありがとうございます♪

あの頃と同じ時期に沿ってこのことを振り返ろう、と思い書き始めましたが、
かなりしんどいことだと感じました・・。
「自分が新しい自分になるために」などと以前は思っていたものですが、アオイが生まれてから、
考えが変わってきました。

これから詳しく記事で少しずつ書いていきますが、私はあの子のことを一度も
抱いてあげることもできませんでした。
アオイは抱っこしてあげるといつもとても嬉しそうで、ああ、あの子にも、そうしてあげたかったと、
思いました。
一度はもうこのまま封印・・(風化でもいいかも・・)・・しようと思っていたあの子のことを、
このままでは存在したことすらなくなってしまう、きちんと記録にしておこう、という考えになれたのは、
アオイのおかげです。
アオイは命の塊のようです。いえもちろん、誰もが命の塊です。生きるもの全てが。
中国の地震で、200時間以上ぶりに98歳の女性が生きて救助された、と今日の新聞にありました。
お婆さんがずっと命の灯をともしていたと思うと、胸がぎゅうっとなりました。

<<ママ私の分も幸せになってね・・>>
涙、ダーー、です(´;ω;`)

ryokoさんのご主人、そうだったのですねぇ・・。でも、生まれてきたからこそ、
ryokoさんとも出会えて、お子さんも生まれて。
おなかのお子さんは今30㎝くらいなのですか。そうかぁ。可愛いだろうなぁ。
あの子は、27週で亡くなりました。その時まで、それからしばらくのことを、少しずつ書いていきます。

ryokoさん本当に、あたたかいコメントありがとう(´・ェ・`)
(ちょっとレス長くなってしまいました)
2008/05/23(金) 13:15:57 | URL | OK #-[ 編集]
こちらこそ、話が聞けて嬉しいです!

2008/05/24(土) 08:09:52 | URL | ryoko #-[ 編集]
(´・ェ・`)ノ
2008/05/24(土) 15:28:37 | URL | OK #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック