家事専業。犬と猫が好きです。(・∀・)ノ ツイッターアカウントは、画面の下の方です。
  • 08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »10
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


5月3日憲法記念日、「名ばかり9条」になっていないだろうか
2011年05月03日 (火) | 編集 |
こんばんは。

今日の朝日新聞紙面一面、「ビンラディン容疑者殺害」の大見出しの左に、朝日新聞社アメリカ総局長・立野純二氏の投稿がある。
その中から、私が注目した部分の一部を抜粋して転載します。

転載ここから**********************************

世界の矛盾が生み出した男 
  
  立野 純二 アメリカ総局長 

 オサマ・ビンラディン容疑者の背丈は2㍍近い。その長身もすっぽり隠す高い防壁が隠れ家を覆っていたという。米国が超大国のしての威信と5千万㌦(約41億円)の懸賞金をかけて追い続けた希代のテロリストは意外にも、パキスタンの首都に近い都市の中で家族と息を潜めていた。
 「ビンラディン」とは何だったのか。冷戦が終わった90年代初め以降、存在感を高めたイスラム過激派の破壊主義者であり、9・11事件を首謀して3千人近い人命を奪った大量殺人容疑者である。

・・・・中略・・・・

 この10年間の記憶をたどれば、米ニューヨークの世界貿易センタービルが崩れ落ちる惨状と並んで、イラクとアフガンの幾万の人々が多国籍軍による攻撃と自国の内乱で殺された過去がよみがえる。テロという悪への対抗心にはやり、大儀のない戦争という悪に米欧も日本も走ってしまった良心の呵責(かしゃく)が、ビンラディンの死につきまとう。

・・・・中略・・・・

・・・・
暴力活動の根源は、貧困であり差別であり、人間の尊厳がないがしろにされる世界の矛盾だからだ。
 無差別テロというゆがんだ思想を生んだ矛盾にいま一度、世界が目を向けない限り、ビンラディンは生き続ける。

**************************************転載ここまで。 


驚いたことに、米・ブッシュ前大統領と元・日本国首相小泉純一郎の、
名前がひと言も出てこないのです。

「テロという悪への対抗心にはやり、大儀のない戦争という悪に米欧も日本も走ってしまった良心の呵責(かしゃく)が、ビンラディンの死につきまとう。」
とはあるが、ブッシュと小泉は出てこない。

ブッシュ前大統領は9・11の後に強い指導者のイメージを前面に出し「テロとの戦い」を声高に宣言し、当時の首相小泉純一郎氏はアメリカを支持した。

朝日新聞3面、----「いちからわかる」9・11からの10年----
という特集が組まれているが、その中で『Q なぜアフガンを攻撃』で、
 アフガン攻撃について、日本政府は早くから米国支持を明確にした。当時の小泉純一郎首相がブッシュ大統領との会談で「(テロは)自由と民主主義に対する重大な挑戦」として協力を約束。テロの脅威をなくすためとして、海上自衛隊はインド洋で米艦船などに対し燃料補給などを行った。
とある。


私は、大手マスコミの果たす役割は良くも悪くも、大きいと思っています。
朝日新聞は、9・11後の米軍のアフガン攻撃に対して、とても無関心で無頓着なように思えます。自衛隊も燃料補給していたのに。
イラク戦争だって、「大量破壊兵器をイラクが持っているから」米軍が攻撃したが、結果として大量破壊兵器はなかった。「戦争」ではなく、あれじゃ「侵略」ではないか?
日本は「イラク復興のため」と称して自衛隊をイラクに派遣させました。
今日は憲法記念日なのに、そういうことは書かないのか?
これは、深刻な問題だと、私は感じますけれどね。

+++++++++++++++++++++++++++++++


もうひとつ、これはテロとの戦いとは直接関係ないことだけれど、
「空気を読んで言いたいことを言えない」または「言わない方がいい」
という、『心配をタブー視する空気』(←リンク先から是非読んでいただきたいです)
と、子どもの命とどちらが大切なのだろうと考えてしまう記事を紹介。

日刊ベリタ:「『福島の子どもたちを助けて!』とTwitterでつぶやいてください」 福島県の小学校教員の訴え

「浜岡原発を止めよう!」というツイッターアカウントのつぶやきより、
5月3日。
Stop_hamaoka 浜岡原発を止めよう!
日本人は本質的に優しい民族なので、ネガティブキャンペーンが嫌いな人が多数派だと思う。支配者は、被害者が少数派になるように工作し、わざとガティブアクションを起こさせるようなシナリオで追い込んでいく。アンチ・ネガティブが多数派に広がり無関心層を形成する。支配者の狙いは無関心と諦め。


無関心と諦めは、敵だ。


コメント
この記事へのコメント
ゆうこさん、こんばんは。

私も、今回のビンラディン騒動には疑問を抱いています。
「殺害した」と言っておきながら、死体が出てこない。「死体は海に捨てた」と供述しているらしく、「それってただの殺人じゃん!」と思ってしまいました。それと、「本当にビンラディンなの?」と。

この報道で、アメリカ国民は喜んでいるようですが、疑問点の残る報道だと思います。
確かに、無差別テロという形で多くの人の命を奪ったビンラディンは許されることではありません。
でも、はたして麻原彰晃が死刑になったとして、日本人はそれほど喜ぶでしょうか?
私は死刑容認派ですが、疑問の残る死刑には「それって違うんじゃない?」と思ってしまいます。
それと、民間人をも犠牲にしたアメリカの態度もね。

長文失礼しました。
2011/05/04(水) 01:06:46 | URL | 微糖カスカ #-[ 編集]
微糖カスカさん、いつもありがとうございます。(^o^)
☆微糖カスカさん、こんにちは。v-278今日は天気よかったです。
(けど、私は雨の方が好きなのですが)
(コメントの返信が遅れてしまって申し訳ないです)

> 私も、今回のビンラディン騒動には疑問を抱いています。
> 「それってただの殺人じゃん!」と思ってしまいました。

報道では、「逮捕(生け捕り)などできるはずがない」「交戦で結果的に殺害となった」みたいに伝えられていますが、まったくもって、『それってただの殺人じゃん!』と、私もそう感じてしまいました。
あと、アフガニスタンの民間人に対しての「誤爆」ですね。
都合のいい言い方というか・・・。
「欧米」には見習うべき点はあるでしょうが、
結局は野蛮なんだな・・と、思ってしまいます・・。

> この報道で、アメリカ国民は喜んでいるようですが、疑問点の残る報道だと思います。

「アメリカ国民が、ビンラディン殺害で喜んでいる映像」を見たのですが、
中の上以上の生活レベルの白人層が少なかったような・・と、私はそう感じました。
無邪気に喜んでいるんですよね・・気になりました。

> 確かに、無差別テロという形で多くの人の命を奪ったビンラディンは許されることではありません。

「無差別テロ」と「誤爆」も、
人が木っ端微塵になって死んでしまうことには変わりはないと思います。
だったら、ブッシュ前大統領は戦争犯罪人ではないのか?という疑問が沸いてきます。
『正義』という言葉は、使う人によってこんなにうさんくさくなるものか、と、
思い知らされ続けているきっかけになった、9.11でした。

> 私は死刑容認派ですが、疑問の残る死刑には「それって違うんじゃない?」と思ってしまいます。

なるほど。そうですか。そうですね。
冤罪で死刑になってしまっている人もいると思います。
問題を終わらせたい、だけで死刑にするのは疑問ですよね・・。

微糖カスカさん、コメント嬉しかったです、ありがとうございます。
いつもそちらのブログでは、ドールさんたちとの会話を見て、
あらやだ、うちと同じじゃない・・
などと思っています(茶熊と白熊と私の会話)。(笑)
2011/05/08(日) 17:56:19 | URL | ゆうこ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック