家事専業。犬と猫が好きです。(・∀・)ノ ツイッターアカウントは、画面の下の方です。
  • 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


山口県の上関原発建設中止を求める意見広告を載せよう!
2011年04月17日 (日) | 編集 |
ブログ:「ブーゲンビリアのきちきち日記」(2011年4月16日付)より、転載します。

以下、転載。**********************************************

山口県の上関原発建設中止を求める意見広告を載せよう!

【以下転送転載歓迎】


上関原発建設中止を求める意見広告を載せよう!

賛同人を募集しています。賛同金をお願いします。

4・26のチェルノブイリ原発事故25周年の日に、中国電力に上関原発建設の中止
を求める「意見広告」を山口県内の新聞に出すため、賛同人・団体に加わってくださ
い。

 福島原発の大事故を受け、「設置許可申請書」審査の専門委員の指示を受けた追加
工事を除き、中国電力の工事は一時中断しています。原発が事故を起こせば取り返し
のつかない事態になることがいま明白な事実として進行しています。40年を超す原
子力発電の時代の、終わりの始まりを予感させます。しかし、日本の核武装を望む人
たちは、潜在的な能力を手放すことに黙ってはいないでしょう。彼らは政治家への強
いパイプがあります。いずれ巻き返しを図ってくるでしょう。中国電力も中止すると
は言っていません。

 30年ちかくに及ぶ祝島、その人たちを応援する人々のたたかいにより、上関原発
は陸域で造成工事に一部着手しただけです。海は守られています。巻き返しさせない
世論をつくりましょう。

折しも、福島第一原発での事故は過酷な形で進行中です。ひとたびこのような事故が
起これば閉鎖水域・瀬戸内海は一溜まりもありません。

以上の趣旨で私たちは「原発いらないの声」を高めるべく、このような企画をいたし
ました。以下のような素案での掲載を考えております。
ご検討の程よろしくお願いいたします。

*タイトル及び内容(案):「世界の宝 周防灘を守ろう」「瀬戸内海に原発はい
らない」「計画敷地5キロにM7.7の活断層が」

           【周防灘説明文】【地図】【生物相】【植物相】【賛同者
名】

*この文章はメール、FAXであなたの知人・友人、知り合いの団体に送って
ください。賛同者が多くなれば多くの新聞へ掲載することができます。
とにかく広く広く広げてください。

*体裁:5段抜き全面 朝日新聞 山口県全域(発行部数約18万部)
*掲載を予定する日:5月6日世界環境デー  8月6日,9日原爆記念日 
10月26日「原子力の日」
先ずは 4月26日「チェルノブイリ」の日の掲載です。

*賛同金: 1口 1,000円(何口でも可)
振込先: 郵便振替
口座番号:01320-6-68010
口座名: 周防灘の自然を守る意見広告の会
新聞紙上に名前が出せない方はその旨明記してください。

*世話係: 山田誠 メールアドレス m.yamada@kvision.ne.jp
       FAX 0833-91-0696(山田誠宛て)

*問合せ先: 武重登美子 TEL・FAX 0820-22-0071
住所 〒742-0000 柳井市姫田2982-1

「意見広告」発起人(順不同)
大谷正穂(下関の行動と言葉をつなぐ「海」編集委員) 佐々木あけみ(山口県議・
宇部市小中進(元山口県議・田布施町) 山下隆夫(下関市議) 田辺よしこ(下関
市議) 赤司瞭雄(10フィート映画を上映する下関市民の会) 大城研司(医師)
 橋本直行(日本キリスト教団牧師) 小畑太作(日本キリスト教団牧師) 東条雅
之(ジャーナリスト) 高岸春幸(Sea salt Journal) 沢村和世(原発いらん!下
関の会) 國弘秀人(光市) 原康司(光市) 岡本博之(原水禁山口県民会議々
長) 大久保弘史(原水禁山口県民会議事務局長) 安渓遊地(山口県立大教授) 
熊本一規(明治学院大学教授) 岸田佳宣(脱原発大分ネットワーク代表) 伴英幸
(原子力資料情報室) 設楽ヨシ子(ふぇみん) 延本充弘(歯科医師) 河内勝和
(歯科医師)木原省治・平本成美・三宅貴志夫(原発はごめんだヒロシマ市民の会)
 芦原康江(島根原発増設反対運動) 安藤志保(環境保全アドバイザー) 河合成
一(個人) 那波邦彦(個人) 原戸祥次郎(森と水と土を考える会) 岡本法治
(海と風と光の会) 横原由紀夫(広島県原水禁元事務局長) 小武正教(備後・靖
国問題を考える念仏者の会) 長谷憲(医師) 数野博(医師) 上田喜清(歯科医
師) 古屋和博(医師) 長西靖(医師) 延本充宏(歯科医師) 佐々木拓治・
佐々木睦(オーガニック生活学校) 田中昭則(三隅火電を考える会) 佐々木大樹
(個人) 佐々木幾星(個人) 坂田光永(原発震災を考える福山市民の会) 亀井
英生(個人) 岡本三夫・岡本珠代(岡本非暴力平和研究所) 新田秀樹・大月純子
(ピースリンク広島・呉・岩国) 藤井純子(第九条の会ヒロシマ) 溝田一成(脱
原発へ中電株主行動の会)

(以下原発いらん! 山口ネットワーク )

武重登美子 原田芳郎(柳井市) 三浦翠 山田誠 中村ミヤ子(周南市) 那須圭
子(光市)前田恵子(美祢市) 浦部頼子(山口市) 藤本寿代 宮川悦子 鍬野保
男 山縣順子 上里恵子(下関市)

***********************************************転載ここまで。


今回の、東日本日本大震災(主に東北地方の被災がひどい)では、
地震による福島第一原発の放射性物質漏れという事故が起きてしまいました。

私がこの記事を転載させてもらったのは、
「新しい原発は、もう絶対に建設はやめた方がいい。
それがもしも事故を起こしたら、それこそシャレにならない。
今でも、福島第一原発は予断を許さない状況だ。
もう、本当にやめた方がいい。増やさない方がいい。
子どもを虐待死させる親を人殺しというなら、
新しい原発建設も、それに匹敵するのではないか。」
と、
思っているからです。
もう一つ、上の転載記事に
「*体裁:5段抜き全面 朝日新聞 山口県全域(発行部数約18万部)」
とありますが、少なからぬ人が「上関原発の建設中止を求めている」という声を、
山口県の人に届けたいという思いからです。

======================================================以下、関連ニュース。

4号機の建屋でも強い水素爆発?写真で明らかに

 東京電力は16日、遠隔操作の米社製無人ヘリ「Tホーク」が撮影した福島第一原発の写真を公開した。

 4号機原子炉建屋の外壁が10メートル以上離れた配管の上まで飛ばされた様子をとらえており、奈良林直・北海道大教授(原子炉工学)は「相当強い爆発が起きた証拠で、4号機でも大量の水素が発生したと考えられる」と話す。

 4号機は定期検査中で稼働しておらず、原子炉内の核燃料は使用済み核燃料一時貯蔵プールへ移されていた。ヘリは最大で10キロ・メートル離れた場所から無線操縦でき、原子炉建屋の撮影に用いられた。

(2011年4月17日01時34分 読売新聞)

時事ドットコム:4号機原子炉建屋内=福島原発

東京電力は16日、無人ヘリを使って15日午前に撮影した福島第1原発の映像を公開した。写真は4号機原子炉建屋。外壁が壊れ、黄色い原子炉上部のふたが見える(東京電力提供) 【時事通信社】

.......................................................

講談社・<現代ビジネス>「そこは〝死の灰〟が降る戦場だった」(2011年4月16日(土))

「原発内部で私が目の当たりにしたのは、想像を絶する凄まじい現実です」

 福島第一原発で働き始めて7年になるという30代の男性A氏は、同所で受けた衝撃を抑えられない様子で語った。

.......................................................

時事ドットコム掲載の東電提供の写真、黄色い原子炉が見えます。
テレビ放送で説明される時の図柄で、もっときれいな物を想像していたのですが、
深刻さが伝わってきます。

<現代ビジネス>の、福島第一原発故後の処理作業に実際に当たった作業員の証言は、
リンク先から全文、ぜひ読んで頂きたいと思います。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック