家事専業。犬と猫が好きです。(・∀・)ノ ツイッターアカウントは、画面の下の方です。
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


原子力での発電、あなたは賛成ですか、反対ですか?
2011年04月11日 (月) | 編集 |
こんばんは。

きのう(9日)だったかな、
ツイッターで、ソフトバンクの孫正義社長が、「皆さんは原発に賛成?反対?」と、
呼びかけた。(というか、ある一人のフォロワーにこたえて、という感じかな)

これ、大事だと思います。
原発の話になると一切口をつぐんでタブー、のような雰囲気のマスコミ業界にまず、
聞いてみたい。

下に転載した緑虫さんの記事は、以前、リンクさせていただいたことがある。
今回は、全文転載。緑虫さん、いつもすみません。
なぜ、全文転載かというと、柏崎刈羽原発で14年放射性物質が漏れっぱなしだったというのは、まず自分自身が見過ごせないし忘れたくないし、”村野瀬玲奈”さんの言葉を借りて言うなら、
≪記憶と記録のために≫、です。


転載ここから。******************************************

放射性物質が14年間漏れっぱなしだった

2008年12月06日 02時07分12秒 | 社会

リンク切れになるといけないので、転載しておく。
以下、毎日jp(12/4)より
======================================
柏崎刈羽原発:14年、弁開いたまま…放射性廃棄物漏れる
柏崎刈羽原子力発電所=新潟県柏崎市で2008年7月5日午前11時57分、本社ヘリから石井諭撮影
 東京電力は4日、新潟県中越沖地震で被災した柏崎刈羽原発1号機(新潟県)のタービン建屋の床下から、放射性廃棄物の樹脂約0.82立方メートルが見つかったと発表した。94年に廃棄槽へ流した際、途中の配管の排水弁が開いていたため漏れたらしい。14年後に発見された時も弁は開いたままで、ずさんな管理が明らかになった。
 樹脂は原子炉に戻される冷却水のろ過用で直径約1ミリのビーズ状。3日午後3時ごろ、配管類の耐震補強が必要かどうかを確認するため、通常、人が立ち入らない地下2階の床下パイプスペースを開けると、樹脂が深さ最大約9センチ、面積約20平方メートルに広がっていた。放射能量は約1800万ベクレル。室内の放射線は検出限界値以下で、作業員や外部への影響はないという。
 東電によると、排水弁は隣接する他の弁とコックの操作方向が逆で、閉めたつもりで開けてしまったらしい。管理記録はなく、いつから開いていたかは不明という。東電は「地震がなければ今後も見逃されていた可能性が高い」と認めている。【山田大輔】
======================================

数日前に『トリウム原子力発電』でせっかく原発の肯定的な面を書いたのに、、、
14年間気付かない、ってのは『管理してません』ってのと同じだよね。
これが『ウチのシャワーが14年間出しっ放しだった』なんてことなら、水道代で目の玉飛び出るのと、場合によってはどこかが水浸しになるくらいですむ。
でもね、
放射性物質というのは、生物の遺伝に強い影響を与える。つまり、孫子の代まで害毒をもたらすんだよ。
原子力関連の事故ってのは、他の事故と違って、時間スケール、世代スケールの被害があるんだよ。
面積がどんなに広くっても、体積にはかなわないだろ?(←意味わかります?)
だからこの事故も、今は死者や癌患者などの報告はないけれど、
これが原因で100年後に癌患者が発生したり、現在妊娠している人の孫(←書き間違いではない)に影響が出ることは十分予想できる。もちろんそのときに、それと今回の事故の因果関係を立証するのは困難だろう。時間がたっているし、起こる出来事が確率に支配されるからだ。
だからこそ、原子力発電の管理は厳格に行わなければならない。
それができないなら、止めるべきなのだ。
ところが東京電力側の説明はこうだ。

「排水弁は隣接する他の弁とコックの操作方向が逆で、閉めたつもりで開けてしまったらしい。管理記録はなく、いつから開いていたかは不明という。」

あきれる他ない。
「閉めたつもりで開けてしまう」者には原子力発電をする資格ないだろ。
100歩譲って、原子力発電がCO2排出削減に寄与するのだとしても、(そんなの大ウソだけどね(笑))
そんなのに原発を運転させるのは怖すぎるよ!
日本では18歳以上になると、自動車を運転する権利が発生する。
でも、運転免許がない者にはその資格がない。
運転技術のある者にだけ免許を与えるのだ。
そうでないと、危なくてしょうがないからね。
東京電力株式会社に、原子力発電の運転免許を与えてはいけない。
だって、閉めたつもりで開けてしまうんだもん。
右にウィンカー出しておいて、左折するようなもんだろ。
そんなのに放射能物質を扱わせてはいけないよ。

**************************************************転載終わり。

私自身は、原子力発電所は少なくとも、この狭い国土の日本には合わないと思います。
ではなく、・・・日本だけではなく、世界中に、ですね。
だから要するに、反対、です。

最近・・・・日本を覆う空気、いや、これはネットの中なのだろうか特に。
心には潤いがなく・・・・人をどうにかして言い負かしたり自分が優位に立とうとしたり、
乾燥している。自分にもたまに、そういう自覚がある。
消防団のことである人のツイートを見たくなくなり、ブロックした。
何でそこまでしたのか、自分でも分からない。
(私は自分で自分をざくざくと傷つけているのではないか)

ちょっとのことで一触即発の人間関係に、原発は関係しているのではないだろうか。

と、思ってみたりした。そういうことが浮かんだ。
何で原発か?
だって、都合の悪いことは隠そうとして、かわいい絵を使って宣伝して、
本当のことを伝えない。
分かっていても口にしない、それが大人でしょ?クールでしょ?みたいな。
誰かも言っていたな。
その結果がこれか。

「平和利用」って聞こえがいいけれど、
たくさんの人の命と引き換えに原発が成り立っていることを、
私は知らなかった。
このブログのリンク先の「Afternoon Cafe」(2011年3月28日付)で、詳しく知って気が重いです。
東電の人の命を使い捨てにする体質をメモ
電力会社の人の命を使い捨てにする体質をメモ・2

原子力発電所の中の具体的な作業内容が、よく分かります。信じがたい話もあります。
ぜひとも、ブログ「Afternoon Cafe」(秋原葉月さん)の、上の二つのブログ記事を、
みなさんに読んで頂きたいです。
もっと早く、私は知らなければいけなかった・・と思いました。
あまりのひどさに。

こんなのは大手マスコミ、知らせるわけない、んだろうか。

ずっとそれが続いて他人に押し付けて、私は自分の命をつないできた。
ずっと踏みつけてきたんだよ、弱い立場の人の頭を。
けれどね、意識しないと忘れそうなんだよ、それを、自分が。
それが問題だ。
スイッチを入れれば電気の灯りがつくから。


上の私の言葉が「いちいち重いしウザイ」と感じたら、すみません。
でも、書かずにはいられなかった。



コメント
この記事へのコメント
原発は環境や食物や健康だけではなく、社会をも傷つけます
>ちょっとのことで一触即発の人間関係に、原発は関係しているのではないだろうか。

トラックバックありがとうございます。まさに私もそのように感じていました。原発もそうですが、沖縄をはじめとする駐日米軍基地問題もそうですね。

原発のような政策は、漏れた放射能で環境と食物と健康を傷つけるだけではなく、それをめぐる意見のやり取りで人と人を対立させ、社会や人間関係も傷つけます。

このような危険や、都市と原発を受け入れる地方との利害の対立構造がない、たとえば太陽光発電や風力発電などであれば、原発ほど社会を傷つけないですむのではないかと思うのです。
2011/04/11(月) 01:10:55 | URL | 村野瀬玲奈 #6fyJxoAE[ 編集]
手段より管理の問題だと思います
反対と言うのはある意味簡単な事なんだと思います。どのような手段を取るにしても必ずリスクはあるのです。原子力発電はハイリスクハイリターンな方法になってます。それは、管理手法が確立されていないからですよね?
東京電力は、海外の技術なんかより自分たちの技術の方がレベルが高いと思い込んでいるんでしょ?その意識が問題なんだと思います。アメリカ・ドイツ・フランスなどの原子力発電所では、どのように運用され、どのように管理されているのかをもっと学ぶ姿勢を持つ事が必要ですよね。

他の発電方法があると言っても、リスクが不明な物を安全と感じるだけの事。化石燃料はいずれは無くなります。地球温暖化も進んでいます。今さらこれには戻れない。

そして、直ぐに原子力発電を停止したら、電力が足りない事は明らかなんです。今は反対する事より、どのような安全対策と管理体制を取るのかを海外の支援を受けながら確率させる事が大切だと思います。

勿論、それと並行して、よりリスクの少ない発電方法を模索していく必要があるでしょうね。

風力発電、太陽光発電はクリーンだけど、広大な土地が必要ですよね?

これから家を建てたりビルを建設する際には、必ず太陽光発電設備もしくは風力発電設備を備えるようにでも義務付けますか?現時点では現実的だとは思えません。
自家発電設備があるから電気代が安いけど、設備維持管理のために高い管理費を払わなければならないマンションに入居したいと思う人はどれくらいいるのでしょう?
もし、これが経済的なら、不動産屋さんはこぞって自家発電設備があるマンションを建設するでしょう。事実はそうじゃないから、そうならないんですよね。

だから、海面で太陽光発電ができたらすごいよなぁ・・・なんて思いますが、台風とかがきて海が荒れたら施設が駄目になっちゃいそうですよね。もし、海面にそんな施設を作ったら、漁業権の問題とかもあるのかな?

具体化しようとすると良い方法がないから、今は原子力発電が選択肢にあるのだし、それならリスクを減らす方法を考えるしかないですよね。
2011/04/11(月) 09:33:36 | URL | Katsuei #bQBrz5D6[ 編集]
村野瀬さん、こんばんは!
☆村野瀬さん、いつもTBさせていただいたり、また、
コメントもありがとうございます。

> >ちょっとのことで一触即発の人間関係に、原発は関係しているのではないだろうか。

私が一番、今回そう感じたのは、
マスコミの、「真実を伝えることへの、あまりにも真摯さに欠けた態度」です。
「今回」、というよりももうずっとそれは続いていたのだなと、
CMなどを見ていてそう感じました。
首相はエネルギー政策を根本から見直しもしないし、
本当に腐っていると感じました。

けれど、そうさせてしまったのは「仕方がない」と何となく許してしまった国民だとも思います。

> このような危険や、都市と原発を受け入れる地方との利害の対立構造がない、たとえば太陽光発電や風力発電などであれば、原発ほど社会を傷つけないですむのではないかと思うのです。

沖縄の基地も、そうですよね・・。
沖縄の人は、「本土の人には分からないだろう」と言います。
それは当然だと思います。
今まで「東京」(政府)は漫然とそうして来てしまったのだから。
私も、一市民として呑気だったことは否めません。

24時間のコンビニも品質に対して安過ぎる物も、食べ物も、
見直した方がいいのではないか、と感じます。
エネルギーの無駄使いが多い、というか。
(要するに、「経済優先」をあまりに追い過ぎてGDPという数字に振り回され、
「働けど働けどまだ貧しい」という状況が変です、日本は。)

もちろん、ほとんど何の役もしていないのではないか?と思われる、
「原子力安全委員会」や「原子力安全・保安院」という、肩書だけはもったいぶった天下り先のようなところは、もっと見直すべきだと思います。

村野瀬さん、コメントありがとうございます!
2011/04/13(水) 02:21:53 | URL | ゆうこ #-[ 編集]
Re: 手段より管理の問題だと思います
☆katsueiさん、こんばんは。
(って、こんな時間ですが。。v-395変な時間に起きました・・。)

katsueiさんがくださるコメント、いつも、「それは一理ある・・」と、
静かに頷いてしまう内容です。

> 反対と言うのはある意味簡単な事なんだと思います。

確かに、ですねぇ。そういう部分はあると思います。
後で、「反原発」よりも「脱原発」、ではないかと考えを巡らせたりしました。

> 東京電力は、海外の技術なんかより自分たちの技術の方がレベルが高いと思い込んでいるんでしょ?その意識が問題なんだと思います。

いろいろな報道を見ていると、そのようですね・・。そしてそれは、例えば私にも言えると思います。
私はこのブログで「原発は危ない」ということを書きながらも、正直に申しますと、
ここまで危機を感じたのは大地震→大量の放射能漏れ、という、「そうはいってもチェルノブイリのような事故にはならないだろう」という思い込みがありました。
しかし、あまりにも使い込んでいる施設、「本当に日本の?」と思ってしまう、
管制室の古さ加減、”下請け孫請けひ孫請け”企業の従業員がしている手作業の部分、
そういう事実があのかわいいCMや電気事業連合会のさわやかなCMに隠されていることを知り、「これはシャレにならない」と感じました。
そして事態は未だに終息に向かっていません。

> そして、直ぐに原子力発電を停止したら、電力が足りない事は明らかなんです。

そういう説を見るといつも思うのですが、どの時期にどのくらい足りないのか、それを多くの国民が知らないと、意味がないですよね。

> 今は反対する事より、どのような安全対策と管理体制を取るのかを海外の支援を受けながら確率させる事が大切だと思います。

私は、「原発反対」という意思表明はするべきだと思います。
何もしなければ、「いいよ原発このまま使っていて」という意思表示をしているのと同じになってしまうからです。
海外の支援については、私もkatsueiさんと同じ意見で、受けるべきだと思います。
もう、東京電力や日本の政府だけではどうにもならない状況・・というか、日本人の学者で危険を指摘している人がいても東電は耳を貸さない(貸さなかった)のですから、
海外の支援も受ける気あるのかな?と、心配です。

> これから家を建てたりビルを建設する際には、必ず太陽光発電設備もしくは風力発電設備を備えるようにでも義務付けますか?現時点では現実的だとは思えません。

「義務付け」はどうでしょうか。確かに、現実的でないかもしれません。

> 自家発電設備があるから電気代が安いけど、設備維持管理のために高い管理費を払わなければならないマンションに入居したいと思う人はどれくらいいるのでしょう?
> もし、これが経済的なら、不動産屋さんはこぞって自家発電設備があるマンションを建設するでしょう。事実はそうじゃないから、そうならないんですよね。

確かに、現実はそういうところはあると思います。
山梨県の人がツイートしていたのですが、家庭用の装置で、280万円だったかな・・
太陽光発電装置はそこまで値段は高くはなく、幅があるでしょうが、
それにしても、もうすでに家があって、後から簡単に買える金額ではないですよね。

> 具体化しようとすると良い方法がないから、今は原子力発電が選択肢にあるのだし、それならリスクを減らす方法を考えるしかないですよね。

いきなり原発を全部止めたら実際どうなるかといったら、
3月11日の地震当日のように、交通機関がマヒしてどうしようもなくなる可能性はあるかもしれないですねぇ。
首都・東京に本社がある事業所も多いのだし、今の経済システムだとそうなる可能性はあると思います。交通機関がマヒしなくとも、病院など、どうしても必要なところに電力が行かないという事態は、
確かに困ります。
やはり、「徐々に脱・原発」という方向がいいのでしょうか。
あれだけの事故が福島でまだ続いているし、放射性物質汚染は代々まで被害が出てしまうし、「基盤を原発に頼る電気政策」を見直す時期ですが、
それには政府の確固としたエネルギー政策が必要なのに、菅総理大臣は方向転換をする気があるのかないのか、さっぱり分かりません。それが困ります。

katsueiさん、ありがとうございます。
2011/04/13(水) 03:09:10 | URL | ゆうこ #-[ 編集]
既出かも知れませんが、

http://www.iam-t.jp/HIRAI/pageall.html

見れば見るほど暗澹たる気持ちになります。
事の重大さに、よく日本人の気質を例える場合に使われる「問題を見ようとしなければ問題は存在しない」に自分がなってしまいそうです。
しかし、気力を奮い立たせて、今回の震災をキッカケにいうと被災者に失礼かも知れませんが、少しでも良い方向に変わっていけるように私達一人一人が努力しないといけませんね。

2011/04/15(金) 23:40:18 | URL | ゆうさく #xcxKlrDc[ 編集]
ゆうさく様、はじめまして。
☆ゆうさく様、はじめまして。
訪問・コメントどうもありがとうございます!


> 既出かも知れませんが、
>
> http://www.iam-t.jp/HIRAI/pageall.html

既出でも何でも、これは読むべきだと思います。
淡々と書かれていますが、かなり怒りを押し殺しています。
平井さんが自分の母親に相談した時、
「死ぬことほど大きいものはない」と言われて決心したという部分、
抗議の仕方にも例えば”焼身自殺”などがありますが、
がんで亡くなったということに、更に「もわもわと」怒りが沸いてきます。

> 見れば見るほど暗澹たる気持ちになります。

ゆうさく様、私もです。

> 事の重大さに、よく日本人の気質を例える場合に使われる「問題を見ようとしなければ問題は存在しない」に自分がなってしまいそうです。

きのう、新聞で見た「ベクレル」の単位が億になっていて、
もう、麻痺してしまいそうです。

きのう昼、私の姪っ子が二人、遊びにきました。
3歳8ヶ月と1歳1ヶ月で、何も知らない無邪気な天使のような笑顔に、
大人がしっかりしないでどうする、と、
自分自身に気合を入れました。
地震と津波と原発・・・あまりにも重なってしまい言葉にならないこともありますが、
原発事故の放射性物質漏れは人間が引き起こしたもので、
『後の世代のことなんて自分には関係ない』ではなくて、
私のような一市民でも、向き合って考えなければいけないと思っています。

ゆうさく様、ありがとうございます。
2011/04/17(日) 04:10:23 | URL | ゆうこ #-[ 編集]
原発がなくても大丈夫
こんにちは、ゆうこさん。

「原発なしでも電力は足りている-京都大学原子炉実験所助教・小出裕章さんの主張」
http://muranoserena.blog91.fc2.com/blog-entry-2439.html
という記事を出しましたので、「原発がなくても電力不足にはならない」と自信をもって主張していただけるとうれしいです。^^
2011/04/18(月) 22:41:03 | URL | 村野瀬玲奈 #6fyJxoAE[ 編集]
村野瀬さん、いつもありがとうございます!
☆村野瀬さん、こんばんは。v-252(もう葉桜ですが^^)

> 「原発なしでも電力は足りている-京都大学原子炉実験所助教・小出裕章さんの主張」
> http://muranoserena.blog91.fc2.com/blog-entry-2439.html
> という記事を出しましたので、

もちろん、拝見しました。
とても分かりやすくまとめられていて、考えさせられました。

しかし、敵がいるのですよ、私に強敵が!
日本中の夫婦が「原発離婚」になるのでは?と危惧してしまうほど、
原発に対する男女の認識が違うのではないか、と感じています。
(もちろん、男性でもそんな人ばかりではないですが)
私の夫は、
「じゃあ、原発反対って言う奴は、どんなに暑くてもどんなにネットやりたくても我慢しろってことだぞ!」と、居丈高に私を脅しますので(彼は性格は良い方ではありますが)、
口が巧くない私は、いつもやり込められます。悔しいです。

村野瀬さんの、小出さんの記事は、ゆっくり拝見して、紹介させていただこうと思っています。
(他にももう一つ、これはすごい...!という記事を紹介しようと思います)

> 「原発がなくても電力不足にはならない」と自信をもって主張していただけるとうれしいです。^^

村野瀬さん、ありがとうございます!
2011/04/19(火) 23:58:35 | URL | ゆうこ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック