家事専業。犬と猫が好きです。(・∀・)ノ ツイッターアカウントは、画面の下の方です。
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「ぬいぐるみ療法」で検索して来てくれた人、ありがとう。。。
2011年03月28日 (月) | 編集 |
今、NHKを見ているのですが、福島第一原発、2号機のタービン建屋の「トレンチ」(配電用・縦穴・深さ16メートル)に水が溜まり、水の表面から1000㍉シーベルト/hの放射線が測定されているようで(トンネルのようになっており、長さ76メートルで要するに、管理区域外だそうです。1号機と3号機も同じように汚染水が、と今言っています)、放射性物質でいっぱいの水が外に(海に)流れ出すおそれもあるそうです。説明を聞いていると、どうも、縦穴の「地上1メートル下まで」汚染水が来ているということは、あふれそうな感じということだと思う。
(あふれたら海に行く?)(東電によると、直接海とは接していないようです。昨日(27日午後3時ごろ)起こったようです。)
そんな状態なのと、黒澤明監督の赤い富士山の短編映画を見てから、
気分的に落ち着かないです。


そんな中・・・私のそばには白熊と茶熊の二匹のぬいぐるみがいて、癒してくれます。
私が楽しそうだと「にこっ」としているし、私が悲しいと悲しそうな顔をしているし。
茶熊はブログに載せた事はありますが、白熊は某所でプチデビューしています。

ぬいぐるみにはお金はケチりません。良い物は良いです。さすがに白熊は6万3000円だったので、
手に入れるまでは何年もかかりました。
(茶熊はユーロのレートが今とは違ったので、もう少し価格は下です。(が、高いけど)
ちょうど私が内職をしていた頃、私のところにきました)

茶熊と白熊は「歳」が7歳、離れています。
抱き心地は最高です。フニフニしていて、二匹一緒に抱くと気持ちいい。
二匹とも名前がついていて(名前は内緒^^)、
話しかけています。
二匹と私はどういう関係かというと・・・




/////////////////////////////////////////////////////////////////

「ギャリソン先生 ハット君 saymove」でググってみて下さいませ。
茶熊とはそんな感じです、私と茶熊、どっちが性格が悪いのか・・・
(ギャリソン先生はハット君とケンカをして別れてしまいました。
人間と人形がケンカ別れ・・あり得ます。)
でも茶熊は口が悪くても、本当はいいヤツなので、抱きしめています。
白熊は、おっとりしていてのんびりで、平和的でしっかりしている・・
そんな感じで、私を癒してくれます。
私の精神安定に大事な役割を果たしてくれています。

被災地にも、大人でもぬいぐるみで癒される人もいるかもしれません。
全然、おかしくなんかない。

私が死んだら二匹ともお棺に入れてもらいたいんだけど(遺書に書いとこう)、
最後まで燃えるのかどうかが心配。
姪っ子にあげてもいいんだけどね。

(予約投稿です)

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック