家事専業。犬と猫が好きです。(・∀・)ノ ツイッターアカウントは、画面の下の方です。
  • 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


月の明るさ
2011年03月18日 (金) | 編集 |
きのうは午後6時半頃~多分、10時くらいまで停電していた。
私はご飯を食べてしばらくして眠くなり、夫は消防の見回りに行き、
ひとりになり、「ちょっとだけ布団に横になろう」と思ったら・・
気がついたら朝なのかまだ夜なのか、という状況で、夫は帰ってきているようだった。

ガスは使えるが電気はダメなので、順序に苦労した。

今さっき、携帯のめざまし機能で起きたら、いつもよりもずっと寒かった。
被災地の人の寒さ、疲れは想像を絶する。温かいものすら、食べられない。

夜ご飯を食べて何もできないので、後回しになっていたことをひとつ、実行。
仏壇に置いてある、祖母が入っていた創価学会の「過去帳」に、近所の親戚のおじさん、
私の母方の伯父、母の名前と享年を、筆ペンで書き加えた。
ひとりで母に話しかけながら、よけいに寒さがこたえた。

停電中、夫が何か物を取りに外に少し出た。「月が明るい」
というので私も少し見てみた。
うぴしと散歩していた田舎道はこの世ではないみたいで、
別世界だった。
夜の昼間、みたいな。
月明かりが、確かにきれいだけど、寒くて怖くて寂しくて言葉にならず。



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック