家事専業。犬と猫が好きです。(・∀・)ノ ツイッターアカウントは、画面の下の方です。
  • 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


山梨の放射線量は「通常とほぼ変わらない」のだが、
2011年03月16日 (水) | 編集 |
こんにちは。「山梨 放射線量」で検索してくる人が多いので、転載します。
転載ここから。(山日新聞 みるじゃん より):::::::::::::::::::::
2011年03月16日(水) 山梨県内の放射線量

 山梨県は、福島第1原子力発電所の爆発事故について、県内で観測されている放射線量は現時点で、人体に影響はないとしている。県大気水質保全課によると、県内では甲府市内に観測器が設置され、24時間体制で空気中の放射線量を測定している。

最新の数値は、16日午後1時現在で1時間に0.045マイクロシーベルトで、通常とほぼ変わらない数値を示しているという。

この数字は、政府の指針である人体に深刻な影響が懸念される年間許容量の50ミリシーベルトを大きく下回っている。大気水質保全課では「現時点では健康に与える影響はほとんどない」としながらも、引き続き注意深く観測していくとしている。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::転載終わり。

 ↑この記事、ちょっと待って・・。
「政府の指針である人体に深刻な影響が懸念される年間許容量の50ミリシーベルト」とあるが、今、NHKの専門家も言っていたし、きのう緑虫さんのブログ記事を転載した時にも書いたが、
一般人の一年間の被爆線量の限界は、1000μSv
である。
だからもちろん今のところ「1時間に0.045マイクロシーベルト」では
0.045×24時間×365日=394.2マイクロシーベルト(1年間)で、1時間に0.045μSvが続いても問題はないだろうが、「50ミリシーベルト」という途方もない値(一般人の一年間の被爆線量の限界の50倍)と比べるような感じで書いてあるところが気になる。
そのうちに首都圏(山梨を含む)や信越地方に放射性物質がじわじわ来るかもしれないのだが、
だんだん放射線値が高くなってきたときに、その値が続いたらどうなるのだろう。
それが、気がかりである。
しかしだからといって今、被災地以外の人が「外に出られなくなる!」「モノが無くなる!」と、ヒステリックに心配して日用品を買いだめし過ぎるのは良くない。被災地以外にも、たまにしか買い物にいけない人だっているのだから。


**************************

今、NHKニュースを見ていますが、午後4時前に自衛隊のヘリコプターが上空から、
水を投下するということです。

注:追記:福島第一原発3号機上空での放射線値が高く、自衛隊による水の投下を断念したそうです。(NHKニュースより、18:15)

大事故には間違いないような気がします。
静岡沖で大きな地震が起きたら、中部電力の浜岡原発が今の福島第一みたいになったら。。
山梨にはすぐに、放射性物質が来るだろうな。
浜岡のこと考えると、怖いです。他人事ではない。


あともう一つ、気になる話を、今日の朝日新聞社会面から、全文転載

*****************************************転載ここから。

原発避難 どこまで

「測定値公表し 被曝拡大防げ」
原発事故を取材 広河隆一さんら
(2011年3月16日朝日)

 チェルノブイリ原発事故の取材を続けてきたジャーナリスト広河隆一さんが、仲間とともに福島第一原発の周辺で放射線量を調べている。15日の朝日新聞の電話取材に「政府はきちんと数値を公表し、高い値の場所があれば、住民を近づけないようにすべきだ」と語った。
 
 同原発は福島県双葉町と南隣の大熊町にまたがる。広河さんは、フリーのフォトジャーナリストでつくる「日本ビジュアル・ジャーナリスト協会」の野田雅也さんら5人とともに13日午前、同県郡山市から双葉町に入った。
 原発の周辺では11日の夜に半径3㌔以内の住民を対象として避難指示が出た。12日朝には同10㌔以内に、同日中には同20㌔以内に対象が次々と拡大した。しかし、政府が周辺の測定値を公表しなかったため、自ら確かめるために入ったという。

 広河さんによると、原発から3~4㌔の同町役場や双葉厚生病院では、持参した測定器の針が最大値の10㍉レントゲンを超えて振り切れた。東京での値は0.01~0.02㍉レントゲン。「政府は『万一を考えた避難』と説明したが、この時点ですでに20㌔圏内でも高い値の場所があった」と広河さんは説明する。
 町へ向かう幹線の国道288号では、20㌔圏内に入る検問もなく、お年寄りが自転車で通りがかったり、避難先から衣類などを取りに町内に帰る家族連れが次々ときたりした。その都度、「早く出た方がいい」と声をかけたという。
 広河さんは、「行政はモニタリング(監視測定)で濃度を把握しているはず。きちんと数値を公表し、混乱が少ないうちに住民を避難させるべきだ」と訴えている。
(延与光貞、下司佳代子)

***********************************************(転載おわり)


コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/03/16(水) 22:15:00 | | #[ 編集]
情けない!
資源のない日本にあって、原子力は必要不可欠と思っていましたが、今回の事故でその信頼は消え失せました。

関係者の記者会見を見ると、集まらない情報、わかりにくい説明、結局機能しなかった各種安全装置等々、原子力自体の危険性以上に、その取扱や管理のまずさが目立つ印象です。


一方で、現場では、身の危険を省みず懸命に事故の復旧に取り組む方々がいます。
事故の終息とその方々のご無事を願ってやみません。
2011/03/17(木) 00:40:00 | URL | KEPCO #-[ 編集]
Re: 情けない!
☆KEPCO様、コメントありがとうございます!

> 関係者の記者会見を見ると、集まらない情報、わかりにくい説明、結局機能しなかった各種安全装置等々、原子力自体の危険性以上に、その取扱や管理のまずさが目立つ印象です。

そうなんですよね・・。
あの会見を見ていると流れは分からないし、「国民を煙に巻こうとしているのかな」と思ってしまい、疑心暗鬼になります。
> 『原子力自体の危険性以上に、その取扱や管理のまずさが目立つ印象』です。
海外では、そのように報道されている国もあるようです。

> 一方で、現場では、身の危険を省みず懸命に事故の復旧に取り組む方々がいます。

現場の様子は、30キロ離れたぼやけたTV映像でしか見ることができません。
しかし自衛隊が近くで撮影した映像を見る限り、もうボロボロですね。。

> 事故の終息とその方々のご無事を願ってやみません。

KEPCOさん、私も同じ気持ちでいます。
何故こんなことになったのか・・というよりも、
とにかく作業に当たる方々がどうかご無事で、と、
祈るしかありません・・。
KEPCOさん、ありがとうございます。
2011/03/19(土) 17:04:45 | URL | ゆうこ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック