家事専業。犬と猫が好きです。(・∀・)ノ ツイッターアカウントは、画面の下の方です。
  • 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


福島第一原発付近の、3月15日午前中の状況
2011年03月15日 (火) | 編集 |
こんにちは。

NHKラジオのAM放送(927ヘルツ)が正確な情報を流しているのではないか、
と私の夫が言うので、計画停電前に家事をしておこうと思い、
家事をしながら聞いていました。(私の地域ではその時刻になっても停電していません)

今回の東北・東日本大震災で、福島第一原子力発電所が被害を受けていることは、
かなり報道されてきました。
1~4号機までほとんどが深刻なトラブルになっています。

気になるのは、放射性物質が外に漏れ出しているのではないか、ということです。
そのことについて、
NHKラジオで聞いていたことをそのまま書きます。
(アナウンサーが専門家に質問して答えていました)

************************ NHKラジオ(927hz)より。

放射線検出について。

◆07:50ごろ、福島第一原発(以下、略します)正門付近で、
1941μ(マイクロ)シーベルト(Sv)(一時間あたり)を検出。

◆08:31ごろ、正門付近で、
8217μ(マイクロ)シーベルト(Sv)(一時間あたり)を検出。

◆09:00ごろ、正門付近で、
2400μ(マイクロ)シーベルト(Sv)(一時間あたり)を検出。

◎ いずれも、福島第一原発正門付近、の値なので、
「周辺の地域の放射線の値は分かっていない」ということです。

◎ <放射線値は「8217μSv」から「2400μSv」に下がったのだが、
原発正門付近での数値の上下については、詳しい原因は分からない>、と専門家が話す。<「サプレッションプール」で漏れているのが液体か、気体かによって違ってくる>、とのこと。


さらに、今日午前10時ごろの放射線測定によると、
原発3号機付近で最大400ミリSv(シーベルト)、4号機付近で最大100ミリSv、
2,3号機の間で30ミリSvの放射線を検出(いずれも一時間あたりの量)、

ということです。
(「ヨウ素131」と「セシウム137」、という放射性物質らしいです)

************************** NHKラジオから、終わり。

放射能・放射線に詳しくない私が分かりにくいのは、
放射線の単位です。

μSv(マイクロシーベルト)という単位は、危機感がない。「マイクロ」というのは、
「マイクロチップ」「マイクロバス」・・・要するに、「小さい」
という意味を連想する。
「ミリSv」も、ピンとこない。

そこで、これ重要です。とても重要なので、緑虫さん、リンクさせて頂きました。

「夕暮菜日記」より、転載。++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

福島の原子力発電 (2011年3月12日)

社会ニュースで『シーベルト(Sv)』という単位がしきりに出てくる。
人名にちなんでいるので、大文字ではじまる。
これは、人体・生体の放射線による被曝量を表す単位だ。

1Sv=1000mSv(ミリシーベルト)
1mSv=1000μSv(マイクロシーベルト)という換算。

以下、人体への影響の目安
     50μSv    原発事業所境界での年間線量
   1000μSv    一般人の一年間の被爆線量の限界
  100000μSv    放射線業務従事者が一回の緊急作業で被曝してよい限界線量

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++転載終わり。

『シーベルト (Sv) 』という単位=人体・生体の放射線による被曝量を表す単位
なのですね。
ですから、400ミリSvという数値は、かなり高い放射線量ということになります。
もちろん、一般の人が入れない原発の設備の中ではありますが、
そこを行き来する作業員が被曝したとなると、白血球が急激に減り、
人体の粘膜に影響が及び、下痢をしたり出血が止まりにくい傾向が出る、
という徴候が出るのかな、と、原発で消火作業などをする人たちの健康がまず、
心配です。
そして、原発周辺の一般市民への健康被害は、じわじわくるのではないかと、
それが気がかりです。

風向きですが、今から5時間ほど前のデータなので少し古いですが。
福島第一原発では、午前8時、北から南へ向かい、風が吹いているということです。
福島では、いわき市が北東の風4.4メートル(午前8時)だそうです。

追記:(13:08)
NHKニュース(午前9:48頃)で伝えていたのですが、茨城県東海村では(東海村のどこか、というのを聞き逃しましたが)、今日午前7:40ごろ10分間継続で、5μ(マイクロ)Sv(一時間あたり)の放射線が検出されたそうです。

では私はここで、一旦切ります。また。

原発・放射性物質・放射線について詳しい方、
もしもこのブログ記事の中で間違い又は、「おかしい」という部分を見つけたら、
ただちにコメント欄にてお教えください。


コメント
この記事へのコメント
危険な段階
 こんにちは。

 福島第一原発の現状ですが、4号機で火災騒ぎが起こるなど立て続けにトラブルが起こっていますが、正直危険な状態です。

 原因として、2号機の原子炉格納容器の損傷が上げられますが、核燃料を貯蔵するプールの温度が上昇したり、本来の循環システムが狂ったことかも知れませんが、この騒ぎで避難を強いられている住民にとっては気の毒です。放射能漏れがさらに加速しかねないですから。

 自衛隊が消火活動などに乗り出していますが、チェルノブイリの悲劇を繰り返さないために早く解決してほしいです。
2011/03/16(水) 14:37:29 | URL | アジシオ次郎 #-[ 編集]
アジシオ次郎さん、こんばんは。
☆アジシオ次郎さん、コメントありがとうございます!

>  福島第一原発の現状ですが、4号機で火災騒ぎが起こるなど立て続けにトラブルが起こっていますが、正直危険な状態です。

私は今朝知ったのですが、福島第一原発、5号機と6号機もあるのですね。
この二つも大丈夫なのだろうかと、不安です。

>  原因として、2号機の原子炉格納容器の損傷が上げられますが、核燃料を貯蔵するプールの温度が上昇したり、本来の循環システムが狂ったことかも知れませんが、この騒ぎで避難を強いられている住民にとっては気の毒です。放射能漏れがさらに加速しかねないですから。

温度が上昇したら下げるしかないようですが、そのための電源がすべて原発の敷地内というか施設内にあったようですね・・。なので、水も送れず温度を下げることができず、放射性物質が出て作業員が近づけない→温度がまた上がる・・・ネットでどこも同じような解説をしていますが、良くない状態ですね・・。
どうにかこうにか、収まって欲しいと思います。そして、
消防や東電社員、自衛隊員、作業に当たる方すべての無事を祈ることしかできません・・。

私は、今日のブログ記事にも書いたのですが、静岡の浜岡原発が心配になってきました。
はあ・・ため息です。
アジシオ次郎さん、コメントありがとうございます。
2011/03/16(水) 18:53:17 | URL | ゆうこ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック