家事専業。犬と猫が好きです。(・∀・)ノ ツイッターアカウントは、画面の下の方です。
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2011.03.09
2011年03月09日 (水) | 編集 |

こんばんは。
精神状態が良くないですよ、もう。
「ええええええええええええええ」ということを、ダンナが私に黙っていたのです。
きのう知りました。
(一応、”浮気”ではないです。そういうのは全然構わないと思う)
何で黙ってたの?と聞いたら、「え?確定してから言おうと思って」、と・・。

さっきのツイート(「qianbianwanhua」さんという方の)
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
qianbianwanhua あちらのスタンダードなコミュニケーションを、こちらはできない。こちらが採っているコミュニケーションの方法を、あちらではできない。相容れないのはどちらも対等のはず。なのに、一方だけが「非常識」「わがまま」「めんどくさいひと」とされるのはどうなんだろう。それだけは、つぶやいておこう。
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

このツイートに、同意。
「向こうのご家族」から見ると私は「めんどうでわがまま」な人と思われているかもしれない。あくまで、「思われているかもしれない」、だが。

けれどもね・・。

今、「一番身近な人」(と書きましたが誰だか分かりますね)との関係が最悪なのですが、
私はこの地域・この家にずっと昔から居る人間なので、
『卵の側』(「一番身近な人」)に付かなければいけないんでしょうね。

私の母は、夫(私の父)と姑と小姑に神経をすり減らしてしまっていた、昔から。
「彼」もそうなんだろうか。
見た目の明るさ、陽気さからは想像できないほど、彼はとても繊細だ。
見た目は暗いが鈍感な私とは違う。
(「T_akagi」さんが言っていたのと同じ。≪”心の病気”に逃げ込めない人≫の方が、≪”心の病気”を持つ人≫よりも、大変かもしれない。)
『卵の側』に付くべきか。
(しかし血縁とはこんなにも濃いものか。私は、そうは思いたくないタイプだ。
親だから子だから家族だからという、”行き過ぎた馴れ合い”は、とても苦手だ。)

ここに書けないのがもどかしくてしょうがないのだが、
「もしかして私そのうち、自分ひとりで生計を立てなきゃならなくなるの?(´・д・`) 」
とか、いろいろ考えてしまった。
そういう人がたくさんいるのに、しっかりしてよー自分。
今まで母に頼り過ぎていた私、いよいよヤバイか?
(っていうか、そんなのんきなことをブログに書いている場合ではないですがね)
偶然にもおととい日曜日、よい求人を見つけたが・・・
妹がいて良かった。本当に良かった。頼りになる。
頼れる人はたくさんいる。

とりあえず今日は

とにかく今は、家の中の不要な物を処分したくて仕方がない。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック