家事専業。犬と猫が好きです。(・∀・)ノ ツイッターアカウントは、画面の下の方です。
  • 06«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »08
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


母と小旅行の夢
2011年02月06日 (日) | 編集 |
夢を見ました。途中から、母が出てきました。


私はなぜか電車に乗っていて、気が付いたら見たこともない風景。
あれ・・さっき都会っぽいところだと思ったら・・

食べるものを買いに、途中下車して外に出た。
道端に、なぜか黒い大きな牛がいる。毛並みがピカピカしている。怖かった。

駅に戻って電車に乗ろうとしたら、ホームのベンチに母が座って、
私を待っている。こっちを見ている。
「お母さん?」
母は、ニコッと笑った。私も笑った。

・・ちょっと待って・・・今ここ、どこなんだろう。全然見たことがない・・
そばにいる人に、聞いてみた。「熊本だよ。」
熊本・・・たしか、阿蘇山があったっけ?なんで、そんな遠いところに・・

そこで一旦途切れて、次の場面。

どこかに泊まることになった。

母は生前いつも、私が無印良品で買ってあげた薄いピンクのチェックのパジャマを着ていた。
いつも、先に上着から着ていた。
「お母さん、ズボンはどこ?パジャマの下がないよー」
母から返事がないので私は、どこいっちゃったのズボン、とブツブツ言いながら探していた。

あっ・・・そうだ・・。
この前あのパジャマ、病院で着てた、お母さん・・・
お母さん?


そこで、目が覚めた。


母は生前、北海道の「あさひ山動物園」に行きたがっていた。
飛行機にも乗ったことないし、と笑って言った。
外国にも行きたかったのだろうな、と思う。
それが叶わぬまま・・。下の孫も、もう少しで1歳になって歩けるようになって・・
これから、だったのに。

「今」が大事なんだと思う。

分かっている。いつまでも、いつでもぐじぐじしているのは、
家事も満足にやる気にならないのは、良くない、もう日常に戻らなきゃいけないんだけど。
自分はドライな性格かと思っていたけれど、今頃になって、ゆり戻しが来たのかな・・。
やはり、母の存在は自分にとって、とても大きかったのかも。

母が自分の前に立ちはだかって身動きが取れなかったり、確執もあったけれど、
母は私のことを、一番よく分かっていた。見抜いていた。優しかった。



コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/02/06(日) 11:16:52 | | #[ 編集]
☆☆さん、コメントありがとうございます!

私は誰かに、「やさしい」だの「あたたかみがある」だの、たまに言われるとむずがゆくて、まるで高校生のようになり、逆のことを言って母に八つ当たりしたことがあったり(何でだー)、
反省しています。(笑)

☆☆さんが私にかけてくれる言葉は不思議と、
すなおに「そうか」、と思わせてくれます。

(☆☆さんがそういうお人柄なのだと思います。
もしかしたら「そそっかしい性格?」と感じる時もありますが(笑)
短い言葉の中に優しさを感じます。)

今私は、「グジグジ」の真っ最中です。
と、そう言いながら他の方のブログはしっかり見ていたりして。
☆☆さん、ありがとうございます!
2011/02/07(月) 17:51:01 | URL | ゆうこ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック