家事専業。犬と猫が好きです。(・∀・)ノ ツイッターアカウントは、画面の下の方です。
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【「反原発」の島、エネルギー自給率100%構想 山口】
2011年01月20日 (木) | 編集 |
こんにちは。
寒いけれど天気は晴れですが、心の中が思いっきり灰色&濁濁色な私でございます。

でも、なんだか爽やかな気分になる記事を見つけました。
爽やか。
これを見てたら、家の中のものを全部捨てて世の中も自ら捨て(厭世)、
暖房も冷房も必要ないくらいの山の中の小屋でずっと一人で過ごしたい気分になりました。

(アンタどうしちゃったのよ!? と思われた方、私は疲れてしまいました)
(ってかまあ、そう言いながらブログ更新していますがね)

以下、asahi.comより、転載。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

「反原発」の島、エネルギー自給率100%構想 山口
http://www.asahi.com/eco/SEB201101190009.html

2011年1月19日15時1分

 瀬戸内海に浮かぶ人口500人弱の小さな島、山口県上関町の祝島(いわいしま)で、エネルギー自給率100%をめざす野心的なプロジェクトが始まる。約4キロ対岸で進む中国電力の上関原発建設計画に28年間ほぼ島ぐるみで反対を続けてきた島民と、東京の環境NGOが手を組んだ。実現に向けた新組織を立ち上げ、企業やアーティストらの協力で資金を広く集める考えだ。

 「祝島自然エネルギー100%プロジェクト」を進めるのは、島民の約9割が加わる「上関原発を建てさせない祝島島民の会」(山戸貞夫代表)と、東京のNGO「環境エネルギー政策研究所」(飯田哲也所長)。太陽電池などの設置や資金集めのため、「島民の会」を母体にした運営団体「祝島千年の島づくり基金」を14日に発足させた。

 手始めに、企業やアーティストから特定商品の売り上げの1%を寄付してもらうプログラム「1% for 祝島」をスタートさせる。ロゴマークはイラストレーターの黒田征太郎さんがデザイン。すでにアウトドア衣料メーカーのパタゴニアなどが参加意向を示している。

 漁業が盛んな祝島では、集落の真正面にあたる対岸に上関原発の建設計画が浮上した1982年以来、「自然とともに生きる生活を守りたい」と島民の多くが反対を貫いてきた。総額10億円を超す漁業補償金の受け取りも拒否した。

 県知事は2008年10月に予定地の海面埋め立てを許可し、中国電は09年12月に国に原子炉設置許可を申請。同10月からは海面埋め立て工事に着手したが、島民らの反対運動で中断。昨年9月から再開を試みているが、作業台船が予定地に向かうたびに漁船団が海上で抗議して、埋め立て工事は進んでいないのが現状だ。

 ただ、祝島は海底ケーブルで届く中国電の電気を使っており、反対運動への批判もある。「自然の力でエネルギーを自給できたら」との機運が島民の間で高まり、「島民の会」運営委員の山戸孝さん(33)を中心に、自然エネルギー普及の知識や経験の豊富な旧知のNGOの飯田所長らと構想を練り上げた。

 試算では、島で必要な電力は約1千キロワット。1台3~4キロワットの太陽電池を100基設置するのを当面の目標に、し尿を生かすバイオマス発電や小型の風力発電、太陽熱温水器も順次導入。送電線も強化し、10年ほどで島内のエネルギー生産が使用を上回る「自給率100%状態」をめざす。

 飯田さんによると、一定区域で「自然エネルギー100%」を目指す計画は欧州などでいくつかあるが、日本で本格的なものは初めてという。山戸さんは「持続可能なエネルギーで島が自立することが、原発計画を止めることにもなる」と意気込んでいる。(渡辺純子、安田朋起)

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::転載終わり。

祝島って、島の形がかわいいですね。
ハート形にも見えるし、犬がカーテンをかぶって走っている感じにも見えるし。(笑)

...........................................................

ついでに。ツイッターで今、発見。
『人間は疲れると余計なものを食べてしまうという研究結果 : ライフハッカー[日本版]
http://htn.to/rhwj8H
そうそう、その通り。
で、変なふうに余計疲れるというか。気をつけよう・・。


コメント
この記事へのコメント
普遍性を持つには
理想的なエネルギー構想ですね。でも、現実の社会や産業のあり方を見ると、このお話が広がっていくのは難しいかな?と思います。
太陽光や風力は、出力が小さく、自然現象に左右されるので安定性も弱点です。曇りの日や夜はどうするのか?一定以上の風が常に吹いている地域は、日本では少ない。
それでも家庭用電力はなんとか補えるとして、工場やオフィスビルのように一度に(または短時間で)大量の電力が必要な施設の需要には追い付くのは難しい。また、コンピュータなどは僅かな電圧の変化でも不具合が起きます。電気にも“品質”があるのです。それをどう確保するのか?

バイオマスはどうか?
やはり、今のところ発電規模が小さく、大規模な需要への対応が課題。
また、大々的に行うとしたら、大量のサトウキビや家畜の糞が必要ですが、どう確保するのか?
サトウキビは、バイオエタノールとの原料“争奪戦”がある上、膨大な面積のサトウキビ畑が必要。輸入するとしたら、石油と同じく為替レートの変動などで価格の乱高下に悩むことになり、自然エネルギーにした意味がない。
家畜の糞は、畜産業が縮小している中どう確保するのか?幸運にも確保できた場合、大量になると今度は衛生面、環境面(悪臭など)。人って勝手なもので、「自然エネルギーは素晴らしい」と言っていても、いざ近隣に家畜の糞を利用したバイオマス発電所ができるとなったら、「衛生に悪い」とか「悪臭がある」とかで大反対運動が起きるのは明らか。


でも、自然エネルギーの将来に悲観する必要はないです。
まず、その地域の特性や自分の生活環境に合ったものを選択することが基本。それから、他力本願的ですが、自然エネルギーの課題を解決したり補えるようなテクノロジーを開発・進歩できれば、普及が飛躍的に進むでしょう。


でも、エネルギーの問題を語る前に、自分達のライフスタイルの見直しが必要だと思います。
私たちは、まず、使わない電化製品のスイッチ・電源を切る、空調は適度な温度に…といったベーシックな事すらできていない。
更に“過度な便利さ”を求め過ぎていないでしょうか?身体が健康な間、家庭用エレベーターなどが必要?少しの手間を惜しんで車庫の電動シャッターが必要?主婦の皆様の家事のご苦労はお察しすれども、大家族でもない限り電気皿洗い機って本当にないと困る?普通の生活をしていれば、夜は寝ている人が大半だと思うけど、それでも24時間営業のコンビニってたくさん必要?
コンビニ業界さんや家電メーカーさんには怨みはないし申し訳ないですが(苦笑)、エネルギーを使う側の姿勢、以外とおざなりです。こちらの面、ぜひご一考を。
2011/01/22(土) 11:06:04 | URL | KEPCO #-[ 編集]
Re: 普遍性を持つには
☆KEPCOさま、はじめまして。
コメントありがとうございます!
(お返事がとても遅くなってしまい、
申し訳ないです。)

> 理想的なエネルギー構想ですね。でも、現実の社会や産業のあり方を見ると、このお話が広がっていくのは難しいかな?と思います。
> また、コンピュータなどは僅かな電圧の変化でも不具合が起きます。電気にも“品質”があるのです。それをどう確保するのか?

私も、そういうことは想像しました。
発想はいいのですが、「焼け石に水」というのを、どうしても感じてしまいます。

> サトウキビは、バイオエタノールとの原料“争奪戦”がある上、膨大な面積のサトウキビ畑が必要。輸入するとしたら、石油と同じく為替レートの変動などで価格の乱高下に悩むことになり、自然エネルギーにした意味がない。

分かります。
「自然から得たエネルギー」ではあるでしょうが、
バイオエタノールはどうしても、「無理してる」感がぬぐえません。

私が「これはいいなぁ」と真に感心したのは、
”廃プラスチックを石油に戻す装置”です。
今日見たテレビ番組では、「日本では、税金の関係でこの装置から得られた石油では公道を走れない」と伝えていました。
外国では、日本人が発明したこの装置を使っているところもあるそうです。

> でも、エネルギーの問題を語る前に、自分達のライフスタイルの見直しが必要だと思います。

> 更に“過度な便利さ”を求め過ぎていないでしょうか?身体が健康な間、家庭用エレベーターなどが必要?少しの手間を惜しんで車庫の電動シャッターが必要?主婦の皆様の家事のご苦労はお察しすれども、大家族でもない限り電気皿洗い機って本当にないと困る?普通の生活をしていれば、夜は寝ている人が大半だと思うけど、それでも24時間営業のコンビニってたくさん必要?
> コンビニ業界さんや家電メーカーさんには怨みはないし申し訳ないですが(苦笑)、エネルギーを使う側の姿勢、以外とおざなりです。こちらの面、ぜひご一考を。

まったくもって、仰るとおりだと思います。
私自身も、反省。ですねぇ・・。

ちなみに我が家には、電気皿洗い機はありません。
(置く場所がないのと、メンテナンスが面倒・・という理由です)
コンビニは、昔のセブンイレブンのように、「7時~夜11時まで」とまではいいませんが、
24時間営業ではなく、朝6時から夜12時くらいまででもいいと思います。
(今は、薬局も21時までとか、遅くまで開いていますねぇ・・)
開いていると頼りにしてしまうというのが人間で、開いていなければあきらめもつくし・・。
仕事帰りに寄るのに開いていないと不便、という人もいるでしょうが、
そんなに遅くまで働いているという方がおかしいのですよね、本来は。

もう一度。
> でも、エネルギーの問題を語る前に、自分達のライフスタイルの見直しが必要だと思います。

本当に、その通りですね。
自分にも言い聞かせなくては。

> でも、自然エネルギーの将来に悲観する必要はないです。

そうですねぇ。「焼け石に水」とあきらめてしまったらそこで進歩はないわけで、
まずは『エネルギー自給率100%構想』を注視していきたいです。

KEPCO様、コメントありがとうございます。
2011/01/29(土) 23:57:31 | URL | ゆうこ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック