家事専業。犬と猫が好きです。(・∀・)ノ ツイッターアカウントは、画面の下の方です。
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


具合が悪いとは
2008年05月13日 (火) | 編集 |
おととい、きのうとあれだけ具合が悪かったのに、今日はすっかり元気になった。
やはり、よく眠ったのが良かったのかな・・。

思いつくことは・・ダンナのこと。ブログを書き始めた時は、極力書かないようにしようと思った。
書くとどうしてもグチになる。
でも、家族とのしがらみは、避けられない・・
なんだか、連休とそのすぐの後の休みで神経をすり減らしてしまったみたいだ。
今からもそういうことはある。何とかやっていかないと。

以前ひどい風邪を引いた時、何もする気力がなかった。とにかく寝るだけ。でも、当然すぐには良くならない。「う~あ~、熱が・・」などと言って寝ていて、ひたすら時間が経つのを待つだけ。夕方になって、やっと一日が終わった~、となる。

おととい、きのうは体的にはそこまでは酷くなかったけど、気持ちがそんな感じだった。

「風邪」だったら、だんだん熱が引いて体は楽になる。でも、心は。

----------

チャップリンの名言『人生に必要なものは、勇気と想像力とほんの少しのお金だ。』
というのを急に、思い出した。
私はケチくさいことを守るために汲々としているのかな。
こんな言い方やだな、と思うけど。

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・**・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*

トラックバックテーマに、「好きなパンは何?」というのがあった。
やっぱり私は・・普通の食パンにバター塗って食べるのが好きかなぁ。妹が焼いてくれるパンもおいしい。<バターは高いんだけど、マーガリンには‘トランス脂肪酸’がたくさん含まれているというのを知ってから、バターにしている。(ちまちましてるね~私)>

意外においしかったのが、「小倉マーガリンパン」。(山崎のだったかな)
「ジャム&マーガリン」や「ピーナツバター」(だっけな)は好きだけど、小倉ぁ?と思って避けてきた。
でも、‘おいしいよ’というのをどこかで見かけたので、買ってみた。
ええ~カロリーが一個400何十キロカロリー?うわ、全部食べたらすごいお腹にくる~、と思ったけど一気に食べてしまった。おいしい。

うーん・・トランス脂肪酸を気にしながらジャム&マーガリンに小倉マーガリン、すごく矛盾してるわ・・。

コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/05/13(火) 18:10:37 | | #[ 編集]
元気になったようで、嬉しい限り!

メンタル部分は、どうしても回復は難しいもの。
私も、もう大丈夫と思っても、バイオリズムとやらで、うつ的になることも。
ただ泣けてきたり、イライラしたり、何もしたくなかったり…
長い付き合いを覚悟ですよね。

“小倉マーガリンパン”、カロリーを気にしなければ、私も大好き。
一度、病み付きになった事があります。
そして同じく、一番好きなのは…
トーストですぅ!
娘がパン嫌いなので、最近はあまり食べていませんが、止まらなくなって、
一斤食べた経験があります。(苦笑
今では、恐ろしくて、そんな事できませんが。
2008/05/13(火) 23:05:31 | URL | ryoko #-[ 編集]
ryokoさん、こんにちは♪
ryokoさんありがとうございます。

そうですねぇ・・まだまだもうちょっと、長い付き合いです。自分の感情ではどうにもコントロールできないようなところがあって、周りに迷惑をかけています。でもまあ、しょうがないか。

ryokoさん、一斤ですか~。すごい。私は、今では後で後悔するので食べませんが、ポテチ一袋はよく食べていました。ポテチとコーラ、最高においしいです。
元気になりました、ありがとう(´・ェ・`)
2008/05/14(水) 14:45:39 | URL | OK #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック