家事専業。犬と猫が好きです。(・∀・)ノ ツイッターアカウントは、画面の下の方です。
  • 06«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »08
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


私の投票行動
2010年12月18日 (土) | 編集 |
選挙期間中でもないのに選挙のことを書きますが。

国会議員にしても県会議員にしても、知りたくなくても選挙の裏側など知ってしまうと嫌になる。
こんな動機で選挙に出るのか、とか。
こんな理由で候補者をきめるの?とか。

政治家が、「現場と離れている」、と感じる。

国会議員は「政治」(政局?)が現場かもしれないが、こっちは生活が現場なんだよ。
それがちっとも分かっていない。
「当選すること」に心血を注ぐ。
そりゃ、当選しなきゃ国民の代表になれないのだから、
選挙運動に一生懸命になるのは分かるが。

その結果、当選すると「釣った魚にえさをやらない」

今年の参院選の選挙では、比例代表では社民の候補、選挙区の候補は、民主・自民・共産・無所属の人がいたが、私は白票で出しました。
鳩山さんは普天間のことを自分で言い出して自分でやめた。鳩山さんを「説得」する民主党の人たち。プチ自民党みたいになってきていた。
私の選択肢はすでに、白票で出す以外になかった。



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック